日記にゃっきニョッキトップ > えぞりすの日日 保管庫

えぞりすの日日 保管庫

フィンランドに行ったつもりでムーミンカフェ

夏になると思い出す。
今年も北欧に行けなかったぜ(爆)。

7月末に北欧特集をBS Premiumでやっていたこともあって、
フィンランドの森に行きたい度MAX
しかたがないので? 後楽園にあるムーミンカフェに出かけてみた。

カフェがあるのは現在、博多のキャナルシティとここだけ。
キャナルシティ店は以前行った時大満足だったので、東京店にはもっと期待。
ディナー時間の店内はとってもよい雰囲気で、若い女性がとっても多い。
ううむ、でも北欧っぽさという点ではキャナルシティのほうがよかったかも。ムーミンカフェ ラクーア店 ディナー時間の様子
ディナーのメニューを見てみると、手頃な品数と値段でパンも食べ放題。期待を込めて「cafeステーキ」を頼んでみた。ムーミンカフェ ラクーア店 cafeステーキポテトがニョロニョロ型になっていてかわいい! 素材重視で味もしっかりおいしかった〜 食べ放題のパンも、どこぞのレストランと違って本当に小麦の味わいがあってヨーロッパで食べるパンみたいだ。いやいや。すっかりフィンランドに行ったハッピー気分で店を出たものの、帰りの文化的過疎地行き電車で、乗客のマナーの悪さにすっかり現実に引き戻されてしまった(泣) はやく、どっかへ移住したい...ムーミンカフェの壁画

お盆休みはネコ三昧

いっときずいぶん流行って、近ごろ落ち着きを見せているネコカフェ系。
何かと忙しくて最近は忘れていたけれど、そろそろと精神的にネコが切れたので、たまの休みなこともあって、ぷらっと出かけてみた。

まず、池袋。
東急ハンズの上にある、ねこぶくろ

飲食は不可だけれど、たくさんのネコちゃんとあそぶことができるスペースを提供していて、運営するペットショップでチケットを買って、横のドアから入る。
中に入ると。いきなり上から目線なネコが......ねこぶくろのミルクちゃん細長めのスペースは回廊のようになっていて、常時10匹以上の子が愛想を振りまいていた。
その周囲には猫用の個室があって、ガラス越しにお休み中のネコを眺めることも出来る。
さわろうとするとスルンと立ち去るなか、性格なのか相性なのか、お情けで相手をしてくれる子もいるのでネコ慣れしていなくても楽しい。たくさんの品種がいるのも、ここならではかも。ねこぶくろのラスクちゃんねこぶくろのあずきちゃん昼過ぎに行ったからか、気がついたら続々お休み中な子ばかりに。
カメラを向けると「もう、ねむいにゃ」と言われたので退散して参りました。


そして次に出かけたのは千葉の流山にある、リストランテ猫の手流山店
南流山駅から歩いて、およそ5分。
ちょっと古い居酒屋を改造したらしいたたずまいのお店。
猫の脱走防止用の二重扉を開けて入るようになっていた。
ねこのて お店の正面ネコちゃんとたわむれながら、ゆっくりと食事が出来て1500円ぐらいなので、なかなかリーズナブルかも。早速プレートランチを注文。出てきた料理は、そこいらの有名レストラン以上に本格的な味わい。ネコがいなくても都内ならまちがいなくこの値段はする内容だ。ネコがわかる人は味もわかるのだ ...きっと。ねこのて流山店 プレートランチもちろん、ネコちゃんに人間の食べるものをあげては絶対イケナイ!もしどうしても一緒にカリカリしたいなら、ネコちゃん用のえさも置いているので、聞いてみるとよい。ただ、自分が食べながらカリカリをあげるのは、ちょっと難しいだろうな。
またしても昼過ぎに行ったからか、皆さんおねむな時間。暑い夏、ひやひやとするパイプいすがお気に入りの子↓を眺めてまったり。ねこのて の にゃさん その1しばらく店内のあちこちでネコちゃんを観察していたものの、カメラを向けると「寝かせてくれ」と訴えかけられてしまったので、またまた退散して参りました。ねこのて の にゃさん その2
何だか不思議だけど、見ているだけで充分癒やされるのがニャンコの世界。
疲れた時には、また出かけてみようっと。

スピーカーをいじってみた

1998年に買ったスピーカー。
エッジ部分のウレタンがボロボロボロボロと崩壊しはじめ、当然ながらだんだんとおかしな音を奏でてくれるようになった。鳴らすたび、スピーカーの下に黒い粉が落ちる(汗)。そろそろ限界のようだ。かと言って、こんなご時世に買い換える気合いも経済的ゆとりもなし。修理はスピーカーユニットの交換になるということは知っていたけれど、すでに3年前から欠品で交換も不能。どうしようかと思っていたら、ダメになったウレタンエッジ部分を自分で張り替える人向けに、エッジのみがいろいろと売られているのよね〜。いやはや便利な世の中だ。さっそく取り寄せて工作修理に挑戦してみることにした。

まずユニットを外しにかかる。ボディーに直接木ねじ付け、外すと中のネットワーク基盤が斜めにテキトーに取り付けられているのが見える。いやいや、アメリカ製らしくてよい。スピーカーエッジ張り替え2スピーカーエッジ張り替え1外したユニットはこんな感じで、エッジ部分が劣化して崩壊穴あき中だ。しかも、コーン紙を叩くとポコポコいわずにキャリキャリと完全にボイスコイルがすれている音がする。どうも最近、弦やブラスの倍音が耳に付くと思ってたけど、このせいだったのかもなぁ。

まず、コーン紙に付いているもともとのウレタンエッジ部分(だった物質)をはがしにかかる。これが面倒な作業。ドライバーや指や綿棒で丁寧にはがしていく。とれた物質はすでにタールに近い状態で、あちこちにべたべたとへばりつく。これはIPAで拭き取るときれいにとれるようなので、はがしの最終段階に少し使って完全除去をめざした。スピーカーエッジ張り替え3スピーカーエッジ張り替え4ネットで購入したエッジを合わせてみる。すると外形寸法が全然合わんぞ! いちおう、このスピーカーに最適となっていて、これを使うと音響的に元のエッジとも比較差なしとのことだったので選んだのだけど、しかたなく実寸に一番合いそうなものに交換してもらって、貼り付け開始だ。スピーカーエッジ張り替え5コーン紙の裏とエッジに接着剤を塗りつけてエッジを貼り付ける。それが乾いたら今度はエッジと金属フレームを接着。この時にボイスコイルがすれないように、確認しながら位置を合わせ込んでいく(センター出しっていいます)。このスピーカーユニットは18cmタイプなので、まあ、それほど神経質にならなくてもよさそうだけど。きっちりと位置が決まったら、接着によい位置までコーンが下がるようにおもりをのせ、さらにエッジの各部に浮きがないように固定して乾燥させる。スピーカーエッジ張り替え6スピーカーエッジ張り替え7まる2日ほど乾燥させたら、本体に取り付けてさっそく鳴らしてみた。修理前に比べたら、まあ、まっとうな音が出る! ああ、これであと10年は戦える(たぶん)。このスピーカー、買ったころはオーディオ紙で「低音爆弾」とあだ名されたほど、低いところの出方に特徴がある機種だったけど、これがまたなんだかすっかり現代風な切れのある低音に変化した。しばらく鳴らさないことには何とも言えないものの、われながらよかったよかった...かな? 次のスピーカー買うときは、エッジが不用意に溶けないヤツにするけど。スピーカーエッジ張り替え8

今年の桜

先週辺りから、4月3日ごろが桜満開の模様と予想がついていたので、金曜日に3日と4日の天気予報を比較、丁半ばくちでお出かけを今日にしたところ、見事に朝からドンヨリ模様。出かける頃には暗雲低く垂れ込め、すでにやる気ナシとなったえぞりすは、結局予定してた見知らぬ桜探索のための遠出はやめて、家の近所を散歩してきました。10sakura.jpgこれはえぞりすお気に入りの桜。日本人大好きのソメイヨシノとちょっと違って、質素であかぬけた感じがするんだけど、なんという品種なのか分らない。誰か教えてくだされ... 光が弱いので、こんなところがいっぱいいっぱい。それ以前に、おにゅうのカメラは、なかなか手に馴染まず、一部調整方法が分らなくてオートで誤魔化すという、まったくお寒い始末。やっぱりもっともっと撮影に出ないと、こりゃ旅行に行った時にまともな写真が撮れないよね〜 と、反省中なえぞりすでござりまする。

冬の井の頭公園

朝からものすごい風だったけど、せっかくの良い天気なのでけんしょう炎の痛みを散らしに、遠路はるばる井の頭公園へ。関東生活23年で初の井の頭。最近一番人気の吉祥寺が最寄りということで、若い人もイッパイで活気に満ちている。公園内は露店やらパフォーマンスやらで寒さも忘れるほどだ。駅と公園の間には思わず寄りたくなるような店もたくさん。井の頭公園のボートペットをかかえた女の人がとっても多いのが、今まで出合ったことのない光景で、ちょっと不思議。服の色も明るいし、平均年齢は20歳ぐらい若い気がするよ。同じ都心から20分のわが文化不毛地帯とでは比べるのもバカバカしいほど違う。別の国だねぇ。ということでえぞりすはいまだ住み慣れぬ巣から逃げる準備開始。

新年の展望

あけましたおめでとうございまう。

今年もヨレヨレですが、酔っぱらってはおりません。

さて...


毎年実行力6割に終る新年のお約束。
なのでブログに恥ずかしげもなく書き連ねるのもどうかと思うものの、
書かないと実現も出来ないだろうと言うことで、
2010年の至極まとも?な年頭にあたってのお約束。

今年は北極海を越えてどこかへ行きます。

実は昨年は「どこでもいいから海外へいきます」
というのが漠然と目標だったものの、
年頭ブログに書かなかったからか、実現できませんでした。
今年はなので必ず行けるはずです。
北極海ということで目的地も絞られるかと(^.^;)。


...あ、パスポート切れてるよ(T。T)

2009年の波動砲

先日からえぞりすが「こんな滑りまくりなもん」とけなしてた、例の『波動砲ドッグ』なんですが......

波動砲ドッグ 1個348円なり買ってしまった...(汗)

だって、うちの隣がサークルKサンクスなんだもん。半分ネタにしたかったと言うのもあるんだけどね。普段コンビニでは食い物は買わない人だから、半分以上かもなあ。

さて、一つ348円。高い! で、食べてみた。...普通のコンビニのホットドッグだった。値段からしてもっと波動砲な味(どんな味や)がするかと密かに期待してたけど、こんなこともあろうかと、密かにほかの昼飯も買っておいて良かったよ。値段のほとんどが広告宣伝とキャラクター使用料に消えてるのでは?

それにしてもこの商品、販売ターゲットがまったくつかめんのだが、これ買うのって結局えぞりすのようなヤマト世代なのかしら?だったらずっしりと親父相手なんだから、もっと下世話に「男の波動砲ドッグ」とか「夜の波動砲」なんてネーミングで出したほうが売れるかもだ。所せん、2009年のヤマト復活なんて最初から滑ってるんだからさ〜。モチロン映画館には行きません。1977年と78年の映画は始発で行って並んだんだけどね。

赤い11月

えぞりすん家の前の廊下に子供が砂利を散布しておる。
傍若無人というか、教育の崩壊と言うか。まあなんでもいいけど、マンションの管理人さんお疲れさまです。

気分転換がてら、人通りがまばらな家の周りをちょっとうろうろと歩いてみる。一応都心から30分程度の住宅地なので、殺風景だけど目を楽しませてくれるものもあるのよ。ピラカンサスと11月のカマキリ近くの住宅の庭先に、それはそれは立派に赤い実だらけのピラカンサス。ここまで大きいとつい寄って眺めてしまう。で、よくみるとカマキリさんがくっついてる。彼らがこの時期にまだまだ元気に営業中なのも温暖化ならではだろう。きっとここは、周りが赤いから餌もよってくるのだな。

さらに歩いてみると、な〜にも無いと思ってたお寺の駐車場横で、もみじが真っ赤。妙に緑な広葉樹とのミックスだけど、それなりに見応えあり。じっと眺めながら安カメラを構えてると、いつの間にか後ろに一眼を下げたおっさんが。こんなところでも撮影して回る人がいるんだ(棚上げ坊や)と感心。もみじの赤「あー、ちょっときれいな写真とれたかも」と喜んで帰って見たら、見事にヒドイ写真ばかりで凹んでしまいました。こういう撮影はやっぱりファインダーで見て露光調整マニュアルでないとね... 昼間の陽射しの中では、普通のデジカメのモニター画面は無いのと同じだわ。 特に赤はぶっとんでしまってて。補正したけどやっぱりこんなもんですな〜。まあ、過ぎゆく秋の日の記憶ということで。

睡眠時無呼吸症候群を調べてみる

メニエールのや持病の元凶の可能性の高い、眠る間に息が止まってしまうという病気の有無を調べるために、先日怪しげなケースを下げて医者から帰ってきた。無呼吸測定器ケース多くの場合は1泊入院して検査するんだけど、小型化され機器の性能が上がってきた昨今では、機器をレンタルして自分で測定するってわけだ。安上がりで助かるね〜っと開けてみたら電線だらけ。。。測定器の中身一応装着の指導は受けたけど、予想以上に細かく気遣って取付ける必要がある。えぞりすごときがくっつけただけでちゃんと測れるのだろうかというのと、そもそもこんなものつけて眠れるのだろうかという気持ちで一杯。でも心配ご無用。なぜか熟睡してしまった。

そしてそれからしばらく経って今日結果が出たんだけど。まあ、やっぱり結構息が止まってる。1時間平均で10.8回。長い時は1分近く息してなかったよ。でも、これぐらいでは保険適用での治療は難しいらしい。最低1時間20回は止まらないとダメなんだとか(汗)。えぞりすは軽度の無呼吸症候群と診断。対処は寝る姿勢を矯正する指導のみ。まあ、正確には血中酸素量とか、寝る向きとか呼吸数とかの詳細データを考慮しての診断だけど、一晩のチェックだけでホントによいのかなあ?という気はする。だって珍しいほど熟睡してしまったのがちょっと心残りなもんで・・・

そろそろ夏も終わり

himawari.jpg咲き誇ったひまわりもお辞儀を始めた。そろそろ夏休みも終るようだ。...ということでしばらく滞在した神戸の実家から関東の自宅に帰還することにした。さて、飛行機か新幹線か、夜行バスにするか... ふと、手元に先日使った「青春18きっぷ」がまだ1回分だけあることに気づく。

これで普通列車を乗り継いで関東へ帰るか?
この間親に戦時中に汽車で何日もかかって九州に疎開した話を聞いた影響か?
ほお、青春18きっぷ1回分だと2,300円の計算。これは安い! 決行だ(笑)


朝、10時8分の新快速で三宮駅を出発。
米原到着が11:59分 そこから大垣まで普通で35分。oogaki.jpgここからまた新快速に乗って豊橋に14:00着。あ〜まだまだ先は長いなあ。
さらに、浜松〜熱海〜東京と乗り継いで、自宅には20:30分に到着しました。約10時間の行程。
鈍行のノンビリガタゴト旅を予想して出発したのに、空いてたのは京都〜米原だけで、あとはほとんどが激込み満員。よくよく考えたらずっと東海道本線だし、つまりずっとその土地土地の基幹線を使ってるわけだから、当然といえば当然だよな。しかも、地方の足の便宜を図った列車連絡で計算されてるために、乗換えの時間はどれもえらい短かい。なのでトイレもままならず、激混み車内では慌てて買った昼用の駅弁も食えず。特に浜松〜熱海の列車は人は多いし、シートは悪いし、雑巾臭いおっさんがいるしできつかったぁ... よれよれになって結局翌日は1日廃人になってしまいましたぜ。でも、スピーディーな移動では見逃してしまう風景や人の営み、ローカルな看板なんかを見ることが出来て、それはそれで楽しかったえぞりす。若かったら何度でもやるかもなあ〜

ハッピー メニエール

あ〜 またもや意味不明なタイトルだな。。。

耳の聞こえがどうにも改善せず、やっと耳に詳しい医者を調べあげて、出かけた。
耳が壊れるとかなりの確率でえぞりすはおまんま食い上げになるのでね。ドングリだけど。
2日間にわたる検査。
まず、聴力検査... 悪い! 予想をはるかに凌駕して悪い。はげしく聞こえてない。左が悪いとばかり思ってたんだけど、右は左とまったく逆の特性でどひゃっと悪いことが判明。若者撃退の高周波が聞こえても、4Khzとかがボロボロって意味ねえよなあ。左は4Khzとかは聞こえすぎるぐらい聞こえてるのに、完全にローカット&ハイカットフィルターが入ってるようだ。まあカマボコ特性やね。さらに平衡感覚の調査。「アンタ揺れ過ぎ」だそうな。真っすぐ立って静止できるかどうかを見るのだけどフラフラしてる。一応念のため、近々にMRIで見たほうがいいだろうとのこと。
で、今の症状と過去の状況を考慮しほぼメニエール病と考えてよいだろうとの診断となった。

えぞりす 「それって目が煮えるんですか? 」
医者「違います。」
えぞりす「ピエールさんみたいなフランス人になってしまうのですか?」
医者「随分違います」
えぞりす「根性が曲がってるからでしょうか?」
医者「たぶん無関係だと思います」
そんな会話をするわけもなく、でっかいゼリーみたいな薬をぶら下げて帰宅。

以前からときどき低音性難聴はあったし、ボコボコ鳴ったりもしてたし、これまで数軒の耳鼻科にかかってそれを訴えたけど、「何ともね〜」「耳掃除のしすぎです」「肩凝りでは」「ほい、ネブライザーかけて帰って」みたいなのばかり。めまいだって、1年以上前からこのblogにも書いてたと思うんだけど、当時は眼精疲労と乱視で気持ちが悪いと思い込んでいたんだよね。こういった状態を繰り返しながら悪化するのが典型的なメニエール病なんだって。メニエールでググったらいくらでも該当症状が出てくるやんか。「世の中の耳鼻科医は約8割の確率で役不足」これはえぞりすの経験で得た結論ですな。
薬でしばらく様子をみることになったんだけど、原因不明の病気だけに、治るのかなあ?と不安ではあるね。
でもちゃんと病名が判ってうれしいので、それなりにハッピーなえぞりすだったりもする。

IH炊飯器の15年

んにゃ。 大仰なタイトルだけど、結論から言うと、うちの炊飯器、壊れたので買い替えました。

使ってたのは94年三菱製。当時ヒンソな炊飯器を使ってたのを見かねたのか、親が、「ご飯ぐらいまともに炊ける生活を送りなさい」ということなんだろうと思うんだけど、いきなり宅急便で送り付けてきた。ちょうど時期が米騒動直後なので、タイ米もおいしく...だったのかあという気もするが。

それから15年。雨の日も風の日も? 働き続けて、ついに先日、中ぶたのゴムパッキンがとうとうパキッと割れた。最近のと違って、中ぶたを外ブタにゴムパッキンひとつで固定する方式だったので、これにより中ぶたの扱いが微妙に。サービスセンターに問い合わせたら、親切にあれこれ調べてくれたが、当然「んな古いもんの部品はない」だったので、修理はあきらめることに。それでもがんばって使ったんだけど、電磁コイルで釜自体を発熱させる構造のIHだからなんとなく不安を感じるし、外ブタを開けても中ぶたはそのままなので、炊きたてだと手で取るのが困難だったり。さすがに不便さを感じて仕方なく買い替えることにした。あれこれ悩んだ末に、かなりの妥協で買ったのが象印の製品だ。いやあ並べてみると嫌が上にも時代の流れを感じるね。ihsuihan.jpgうちは基本的に玄米食なので、早速玄米炊き。圧力がかかるからか、白米と同じぐらい柔らかく炊けるのはすごい! でも結構ボソボソ感が好きなえぞりす的には、もっと玄米らしさが残ってもいいのではという気もする。もちろん好みだけどね。
で、次に白米を炊いてみた。
...う〜ん。15年前の炊飯器の勝ち。理由は不明だけど使ってる米の問題だろうかね? あれこれ調整機能がついてるから、さらに色々挑戦してみるけど、ひょっとしたら食べ慣れた炊け方が一番美味いということなのかもしれんなあ。。。

さてこの炊飯器、買い替え需要重視のこのご時世、いったい何年間使えるのだろうかねえ。壊れた時えぞりすが生きてたら(笑)、このブログで報告します。

八王子の演奏会へ

関東平野を突っ切って、仕事のスケジュールがやばやばの中、エイッと気分転換で行ってきました八王子。中学時代に同じ釜の飯?を食った先輩と友人が出演するということで、市民オーケストラの定期演奏会を聴くのが目的。友人はしょっちゅう会ってるけど、棒振りの先輩は四半世紀ぶり。タクトを持つスタイルは当時とは違うけど、どことなく仕草が懐かしかったりで、それだけで充分満足でありました。演奏はブラ1がメイン。この曲をアマチュアメンバーでこれだけバランスよく鳴らしてしまう先輩の力量に感服いたしました。で、横つながりで、さらに中学時代の友人がもう1人来場。彼とはなんと30年ぶりの再会。長い歳月の後にこんな故郷を遠く離れた縁もゆかりもない場所で4人が再会を果たすなんて、中学生の自分には想像も出来なかったことですねえ。随分遠くまで来たんだなあと、帰りの電車で考え込んでしまいました。8phil.jpg今度飲み会楽しみにしてます。

ミンミン初鳴き

朝っぱらから窓の外で、ビィ〜ッという音。何かの非常アラームか、どっかの車がブッ壊れたかと思いながら目が覚めた。ビィ〜...ビィ〜〜〜〜ビィが突然び〜ん。。。ミーンミーンに変化。ああ、蝉だったのか(汗)。

そして昼にはアブラゼミのジーってのも車道越しに聞こえてきた。
どうやらえぞりすの住む文化的過疎地に夏本番が到来したようだ。日ごろ部屋の中にいると陽差しや気温も知らずに過ごすことが多いけど、蝉が鳴くと嫌が上にも夏を感じるねぇ。
といっても、えぞりす的には暑さを感じる蝉はミンミンではなくて、シャワシャワとうるさいクマゼミ。ミンミンゼミは山間部や信州に行った時にだけ聞いてたので、どちらかというと涼しい場所のイメージが出てきてしまう。まあ、関東にもう何十年も住んでいても今だにそう思うのだから、幼いころにすり込まれた感覚って人によって千差万別でかなり頑固なんだな。セミの条件反射はその他にもある。夏休みが始まったころに鳴いてたのがニイニイゼミ。この鳴き声聞くと頭の中が突然夏休み開始モードになる。そしてヒグラシ。かつて実家で早起きして受験勉強やら部活の早練やってた頃に、5時前の日の出と共に鳴くヒグラシにたたき起こされてたこともあって、聞くと妙になにかやらなきゃという気になる、まさにパブロフの犬状態。

今年の夏はどんな想い出とともに記憶されるんだろうかね。

耳に異常あり 障子にメアリ

最近の梅雨って、しとしと降りゃいいものを、ビュ〜 ドザァッ〜とシ〜ンの繰り返しで、静かな山の中だと夜中はおっかなくてw。日頃は、24時間車やら物音がしてるトコに住んでるから、ホトトギスの声だけの夜はなんだか不安。そこへ突然の突風と雨で家中が鳴り始めるからかなりビックリする。ホントに。えぞりすは最近、またお山の実家に暮らしてる。ここに住んでいた幼少の頃は、少なくとも梅雨の雨ってこんなじゃなかった気がするなあ。おかげさまで慢性的に寝不足だ。まあ、通常ならそれでも我慢できただろうけど、ここのところ左耳の聴力がかなり落ちてるらしく聞こえが悪い。なもんで、音の方向性やら僅かな音のディテールが判断できず、深夜の雨風来襲はなおのこと堪えるのかも。
思い返せば随分昔から時々左耳がふさがった感じがすることがあって、ゴボゴボいった時も多かった。でもあちこちの医者で「何ともございません」と追い返された。確かに聴力測定すると正常範囲なんだよなあ。500Hz〜4KHzあたりは問題なく聞こえるみたい。でもまあ、それなりに音の仕事をしてたことがあったからだろうけど、会話が聞き取れる範囲はいくら正常でも、とっても違和感爆発で厳しい。手元のマスタリングソフトで色々と実験。ヘッドフォンがへぼなので正確には判らんけど、やはり左は10Khzぐらいまででアウト。下は50Hzとか全然駄目じゃ。そんななので医者に左耳は12000Hzぐらいまでしか聞こえてませんと言ったら、人間はそんなに高い音は聞こえませんと言い返されてしまった。やはりこういう医者は願い下げだし、そういう医者だけが巣くってるトコに暮らすほうが悪いのかも。こちとらそれじゃ商売にならんのよね〜耳鼻科でも鼻専門や耳専門があるらしいので、耳に詳しいとこに行かなきゃ駄目なんだね。

某所で傍若無人な若者撃退用に高周波を出す機械を設置したらしいが、そこから出る音をテレビのニュース番組で流してた。聴きたかったけど、ウチはアナログ放送専用テレビなのでNG。でもデジタル放送見てて聞こえなかったらかなりショックを受けたと思うので、そのほうが良かったのかも...

障子にメアリさんが佇んでいる・・・ 以前父がそう言った。障子無いけどね。

さて、ブログ再開

先日一旦フィックスしたブログのデザインを、再度変更しました。
これはすっかり放置されたままのメインの地球放浪記の次期デザインと統一化するため。
統一といっても、一体どんな感じになるのかは本人自体、悩むことが多くてまだまだ五里霧中だったり。まあ、ノンビリと暇を見て進めます。一応、地球放浪記ということなので、ここのデザインを含めて「他所から見た地球」の姿をモチーフにしてはおりますが、まあ深く追求せずに下され。だって「りす」ですから、デザインセンスなんて無いもんね〜(責任放棄)。

そんなわけで、ここはえぞりすのブログとして、まあ元々の企画?のとおりに日々徒然なことを書くことに。以前ここにあった旅行記関係は、近い将来に地球放浪記のどこかにお目見えするかと思いますよ〜

それと、ブログのアドレスが
http://blog.ezorisu.jp/

http://ezorisu.jp/blog/
へと変更になりましたです。

いや、システム的にその方が楽だった方という、とっても安直な結論ではありますがね。
テストがてら写真を一枚・・・venezia1.jpg

強敵現る バッファリス

最近すっかりヒッキーなので、さほど書くネタも無いんだけど、げっ歯類系にめっぽう弱いえぞりすが久しぶりにはまったのが「バッファリス」のサイト。某巨大コミュのログイン画面に出てきたので、今度は頭痛薬にリスが借り出されてるのかあと何気にアクセスしてみたら、まあこりゃ可愛いこと。
設問に答えて日頃の悩み(頭痛のタネ)を教えると、色んな形の「頭痛のタネ」ができてきて、それを「頭痛のタネ」が大好物のバッファリスに食べさせたら、お礼とアドバイスをくれるのだな。実はえぞりすも最近ジリ貧の地球放浪記を、えぞりすのキャラが質問事項に合わせてガイドするようなインタラクティブな感じで作り替えようと思ってた矢先なので、先を越された感が強い。仕切り直しかなあ。。。でもえぞりすには3Dアニメを作る力もセンスもなく。。。どう頑張ってもこんなに可愛くて癒し系にはならんですなあ。ワタクシえぞりすはかなり毒吐きますから(笑)。web技術でここまでできる時代なんだねえ。ただ、難点はちょっと動作が重いこと。今は沢山の人がアクセスしてるからだと思うけどね。同類のえぞりすがお勧めするぐらいなので、是非一度バッファリスで遊んでみて下され。

さあ、世の中のリス達よ。トリスもコリスもモーリスもバイヤリスもヴァイタリスもアイリスオーヤマも、みんなリスキャラで立ち上がれ〜(やけくそ)。

デザイン変更してみた

ちょっと前からいじってたんだけど、とりあえず形になったので、ここのデザインを変更してみました。あまりトリッキーなことは能力とセンスが追い付かずに、出来ませんでしたが、ここのところCSSから離れてたので、何かと忘れてることも多くて、さらにここのところのボケた頭が災いしてさらに難航。サイト全体の新デザインの方向性を掴むことも目的だったりするので、お勉強を積みながら先へ進まないと。デザイン的には最近のブラウザでならほぼOK。IE6では一部画像が透過してくれませんな。これは仕方あきらめるか... きっちりした状態はIE8かfirefox2以上やOperaで観て下さいね。なんにしてもここのところ文化的な作業をサボりすぎで、まともな文書を書くのも難しい。ちなみにえぞりすは昨日から頭の痛いのがずっと取れずに、今日は某打ち合せをキャンセル。頭痛薬を飲んでも効果は薄い。一昨日の夜に神戸で夕食を食べに行った友人も昨日から頭が痛いと言ってるので、店で何かうつされたのかもな...

さて今日から5月。ぼちぼちと飛ばしてみるか♪

ちょっと休憩のケーキ屋さん

散り行く桜を眺めながら、ずっと行ってみたかった新神戸にある洋菓子屋さんG線へ出かけてみた。
むかーし、どこかからでっかい看板が見えてたのが脳裏に焼き付いてて、ずっとラブホかなんかかと思ってた。その正体がお菓子屋さんだと分かったのは結構最近。Gsen1.jpgGsen2.jpg新神戸駅からぶらぶらと桜を見ながら歩くのには丁度よい距離。夏場はオープンカフェにもなるであろう、おしゃれなつくりのお店。店の奥にはお菓子の工房も。コーヒーとおいしそうなケーキを選んでみたらサブレがおまけについてきました。もちろんどれも真っ当な作りで、とっても満足できましたよ。神戸のお土産におすすめ。新神戸駅に出店があるようです。すっかり店の宣伝ですな〜♪

今週の獲物

miffy.jpg休みの日。最近は体力低下を避けるために少しでも歩きに出ることにしてる。ありがたいことに、我が文化不毛地帯には、ちょっと行けば全てが揃ってるなんて都合の良い場所は存在しないので、若干の満足感を得るためには最低20分ほど歩かねばならぬ。それぐらい歩くとようやく、破綻してふっふーん♪の軍門に降ったオレンジ色のでかいスーパーが存在する。実はこの店、えぞりすがずっとずっとのロングロングアゴーにクマばばあや謎の生命体と壮絶な争いを繰り広げた場所なのだが、もうかつての面影は残ってない。寂しい限りだ。今この場所でありつけるのはグルタミン酸と油脂まみれの加工食品と中国の人が丹精込めて作ってくれるトップバリュー。生魚までわざわざアミノ酸につけて売ってくれる親切さ。いやいや、豊かな食生活を支援してくれる店でホントありがたい限り。
与太話はさておいて、久しぶりにかこつけて店の中をウロウロしてると、つぶらな瞳でにらみを利かせた洗面器を発見。ちょうど今使ってるお風呂セットに限界を感じてたので、おそろい3点セットで即購入。寒空ぶら下げて帰ってきた。年齢を考えろという世間の声はやはり届かず、ひっそりと風呂場にセットされた、このオランダのヒゲオヤジ製うさぎグッズたち。果たして耐久性は如何に... ちなみに廃棄される、お父さんをパイにされちまったピーター君一式は9.5年もちましたですよ。
そうそうこの間、商品70台を闇夜に持って行かれた携帯電話販売店は、この散歩の通り道の途中にあったりしますです。いつ見ても客はゼロなのに10年元気なラーメン屋とか謎の麦畑とかおいしいパン工場とか依然存在する琺瑯看板とか。素晴らしい生活環境に乾杯。

すとりーとびゅうぅぅうっ

えぞりすのお気に入りの1つがグーグルアースってアプリなんだが、それの機能の一つとしてストリートビューってのがある。ネット上のグーグルマップでも提供されてるが、道に並んだカメラをクリックするとそこの場所の地上360度画像が見られる優れもので、世界中のあちこちの街角やら路地に擬似的に立つことが出来るという、最近めっきり放浪離れしたえぞりすのフラストレーションを緩和してくれるありがたい存在だ。新年早々眺めてると、えぞりすの巣の前にもカメラマークが並んでいたので、「おー文化的過疎地が見られるぞ」とか言いながらクリック。いやあまったくもって見慣れた風景だねえってのは当然のこと。で、なにげに道沿いに続くカメラを追跡すると、あっちから見たことあるような男女が歩いて来るのが映ってる。??あれ? あの人目をはばからずにむさくるしさ丸出しなのは、えぞりすと嫁りすでは? 。。。 一時ストリートビューは、プライバシーの侵害やらなにやらで問題になってはいたが、そんなもんに映り込む確率なんて恐ろしく低いし、別に悪いことしてないから関係ねえっと思ってたんだがね。いざ映ってるとちょっと複雑ではあるな。それにしてもいつの間に激写されたんだろう?えぞりすは撮影車に全く気がついてない風で、さらに先のカメラから振り返ってみると、あほっぽい後ろ姿もちゃんと映ってた。横の家の垣根に梅と沈丁花が咲いてるから、昨年の3月中頃だろうな。顔にぼかしが入ってるとはいえ、いやいやなかなか楽しい記念写真が出来ました。ずっと更新されないよう望みますが・・・

それにしても、えぞりすってこういう「何気ないアタリ」を引くのが得意。
年末に神戸の某ラーメン屋で、紙の束が入った担々麺を引き当てたところ(^_^;)
ローマのトラッテリアではビニールの切れ端を生地に練り込んだピザを引き当てた。かつての職場の近くで歯の金属詰め物の入ったおかゆ。どこかの寮では電線の入ったバラ寿司、ムカデの張り付いたハンバーグ等々。なかなか運がいいヤツなのだ。

福岡新年散歩

そんなわけで、諸々事情により伊万里から博多へ移動。
とりあえずえぞりすに色々と縁のある櫛田神社にご挨拶・・・と思ったら、まあどえりゃあいっぱい初詣客が並んでる! 列は境内からはみ出して周辺道路をどこまでも続く。その様は万博のアメリカ館かいって感じで(表現古過ぎ・写真左)。そもそもお正月に櫛田さんまで来た事なかったので、こんなに並ぶとは知らなかったよ。まあでも、人多過ぎでぐじゃぐじゃの明治神宮や成田山に比べれば超きっちり整列だ。時間があまり無いので並び参拝はあきらめて、境内をうろうろ。今年はお化けの参拝は受付けてなかったが、とりあえず新年から寒空にむき出しでお行儀の悪い、ベルギーかぶれの像を激写(写真中央)して退散。そこから歩いてすぐのところにあるのがえぞりす家御用達のキャナルシティ。前回気に入ったムーミンカフェ(写真右)にもご挨拶。でもここも満員で入れなかったよ〜09年博多新年風景やはり九州はド平日に行くに限るなあ。ってな感じでひこーきでブーンと関東に戻ってきました。その時に見えた富士山を年始のご挨拶としてどうぞ。
2009年のお日さま
結局博多で何をしたんだ?って自問自答中・・・

新年はなぜか伊万里

あけましておめでとうございます。
今年は飛ばしたいですね〜 よろしくお願いします。

さて、えぞりす。2009年のスタートは九州は伊万里で過ごしました。何で伊万里かというのは置いといて、伊万里といえば世界的な磁器で有名ですね。それもあちこちで紹介されてるので置いといて、海と山に囲まれて6万人ほどの人口が暮らす街です。
空気が良いし、食べ物はやっぱりおいしい。
伊万里の河川初詣は伊万里神社。不思議な中国風鳥居をくぐって結構キツイ階段を登ったところに境内がありました。ここにはお菓子の神様もいらして、そのもろもろの縁から森永製菓の創始者像が建ってます。伊万里神社境内ここ10年ぐらいでダイエーをはじめ市内の多くのお店が撤退、あるいは閉店して、中心にある商店街もシャッターだらけのかなり寂しい状態に。その中で見た目元気なのが「黒澤明記念館」とその隣のお菓子屋。あちこちにある商店会の黄色い幟が必死感を漂わせて泣かせます。伊万里の商店街夜は街灯が少なくて、裏道はホントに真っ暗になります。昔の街ってこうだったなあ。駅前には新春イルミネーションがありました。駅前の夜伊万里に行くには列車だと唐津乗換えか有田から松浦鉄道。博多や天神からの高速バスもあります。

来年はよい歳に

あれやこれやという間に過ぎた2008年でしたが、まあ振り返ってみるまでもなく諸々厳しさを感じるところではありました。自分の身の回りだけでなく、世界的にどうのこうのとか、衣食住をおびやかすような話題ばかりで、我々げっ歯類としては、ため込む間もなく吐き出す一方なのが心残り。
今年の目標でもあった「えぞりすブランドを何か立ち上げる」は名前だけ決まったものの、プライオリティ選択を誤って業績はあがらなったなあ... 来年持ち越しです。

年末は実家で過ごし、1日には嫁りす実家に移動。どったんばったんでの新年スタート。さてさて、2009年はそんな感じで「どったんばったんでも、とっても楽しい年」を過ごすぞ〜というのが目標です。皆さんも、ご一緒に楽しい年をすごしましょ〜 「何をこの景気に能天気なことを」とか思う人はえぞりすが足の裏をくすぐってあげましょうぞ。ホホホ


あ、今年は年末のインフルで年賀状さぼったので、届かない人は松の内ギリギリまでお待ち下さいね〜♪

結局寝込んだ

前回のブログを書いた直後から高熱を発してダウン。
39度前後を2日間。その後熱が下がってもなんやらかんやらで動けずに
結局丸1週間パーにしてしまいましたがな。

教訓としては、
-たとえ熱低めでも、
-タミフル早めに飲み始めても
-飲み始めて2日目でも
安心は禁物!と言う事。

まあ、それ以前からかなり詰めてたから、その反動もあったのでしょうが。
昨日からようやく復活です。

A型はトレンディだぜ

tamiflu75.jpgここんところ、ずーっと諸々の作業に忙殺されて、出口が見えかけた瞬間に、拾い食いの癖がある嫁りすがどこぞでウイルスを収穫してきたらしく、高熱を発してダウン。それを横目で見てたえぞりす、ヤバいなあと恐れてたら、やっぱい土曜の夜からおかしな具合。熱は無いとはいえ、喉と体が痛い。だるい、咳が止まらん。ウイルスちゃんはえぞりすのフレッシュな肉体を見逃さなかったのねぇ。あきらめて嫌いな医者に行ったら、さっそく試薬検査されてインフルちゃん認定いただきましたよ〜。 医者の待合でゲホゲホしながら会計を待ってると、その横に「インフルエンザの予防接種お願いしまーす」と何人もやってくる。君たちは予防しに来たつもりで本物のインフルちゃんをオミヤにして帰るのだよ〜とか思ってしまったえぞりすは悪魔です。ちゃんとマスクはしてるよん。タミフルは発熱後48時間以内に飲み始めてこそ効き目が期待できるらしい。また、一時騒がれたこともあって、「飲み始めて48時間は異常行動に注意して下さい」と調剤薬局のお兄ちゃん。そんなこと言われても、そもそも異常行動に陥る人が自分で異常行動だって気付くのか? あ、それ以前にえぞりすは年がら年中異常行動してるから心配いらずだ(爆)。面白いのは同じウイルスであろうはずなのに、嫁りすとえぞりすではかなり発症のパターンが違うこと。そんなに高熱にならないので、えぞりす、よれよれながらも安心して仕事を続けてたら、今日の夕方ぐらいからどんどん悪化中。そろそろ限界... でもせっかくなので、タミフルが残ってるうちにとスキャンしたものを晒しておきましょう(飲みさしでスマン)。ホントは今日の夜行で神戸に戻るつもりだったのに...それで、安いところでインフルの予防注射打つつもりだったのに〜のにのにのに〜 それ以前にかなりいっぱい予定をキャンセル中のえぞりすは、来年に大きなツケを回してしまいそうな予感がしておりますです。
アディオス・アミーゴ!

炎と蛋白質の競演

以前から懸案になってたのです。肉、狂うほど食えて、生ビール狂うほど飲んで、しかも支払いの段でここは日本かと叫びたくなる料金の店に行こう! そして本日、お誘いがかかり行って参りました。一番乗りで入店。炭火のしちりんを前にして、ひたすら焼くなり。燃えろよ燃えろよ炎よ燃えろっとキャンプファイヤーノリ&燃え上がれ〜ガンダム♪のコラボです(また意味不明)。
安くてもうまい焼肉.jpg日頃草食なえぞりすは巻き上がる炎と蛋白質の燃える匂いに気が動転し、気が付いたら山のようにヤングカルビと鳥モモ食っちまいました。ははは。でもうまかったです。ビールも値段から考えると発泡酒かと思ってましたが、ちゃんとスーパードライでした。いや、外食産業の経営努力に感謝。。。ちなみに誘ってくれたお方とは、年度末までのダイエット戦争を激しく繰り広げる間柄。 ...こんな調子じゃ、ふたりとも駄目ダイエット一直線。

カレーの市民

先日ネットでインドのムンバイのことを調べてたら、やたら検索に引っ掛かってきたカレー屋さんがあった。これがまた嫁リスの職場の近くという事が分かって、さらにどうしても気になるので、Google餌食覚悟で電車に乗り、ゴトゴトと行ってみた。
ちょっと鰻の寝床みたいな店だったが、学生がターゲットらしい価格設定で味も並の上。数店舗あるチェーン店だからか、ファミレスチックなメニューが安っぽくて今一つ、まあ満足いくレベルではあったなあ。
mucurry.jpgで今日、グルメ砂漠の家の近所を散歩してると、な、なんと奥まったところにいつの間にやら南インド料理の店が... 仕方なく入った(笑)。正直かなり怪しい店構えなので不安だったが。店員はチェンナイ出身の方。南の方の料理をベースにして、ナンをはじめとした日本のインド料理屋さんではポピュラーなアイテムも出してるとか。とりあえずランチメニューを注文。タンドリーチキン(写真は2人分)とドリンク付で880円は、都内では難しいだろうな。
macurry1.jpgmacurry2.jpgカレーは幾つかの中から選べて、これはマトンとヒヨコまめのカレーだ。ナンはモチモチでおいしいしラッシーは濃厚で甘味控え目なのが嬉しい。サラダは... まあどこでもある内容だ。これまでネイティブ系のインド料理は電車に乗らねばありつけなかったが、とりあえずいつでも食える環境になったわけで、久々嬉しい発見。問題は「おいしい店は潰れる」が、この町では当然である事。なんとか頑張ってほしいなあ。
こうしてインドの夢を連チャンで楽しむことが出来た休日でした。カロリー摂り過ぎかもにゃ。あーカレー食いにインドへ飛んでいける身分になりたいもんだわあ。。。。

辛抱しきれず

ついに、本日石油ストーブを出しました。早速点火。あ〜 あたたかい。ほっとひと息。
「寒いといっても所詮関西」と思って迂闊に冬支度を怠ると、えぞりす@実家では遭難してしまいますよ。はい。真剣関東のおうちから冬の衣装一式送らんとまずいです。それしても、幼少の頃はこんな環境でよくぞ育ったもんだ。だから適応するためにえぞりす化したのかあ。。。と今更納得ですなあ。ついでにというか、必要に迫られて遠赤のヒーターも購入してしまいました。明日配送されてきます。こんな日には暖い南の島の写真でも。退色にめげずスキャナでデータ化したパラオの夕日です。
palao070.jpgちなみに、いろいろと問題のあるコメント書き込みですが、画像認証を思いきって外しました。これで安心して?コメント可能かと思います。来たれスパム達よ!って、いばってどうする?

動いてます

ずっといい天気だったのに、昨日昼頃からザーザーと雨が降ってる。こうやってどんどん季節が移ろうんだよね。神戸のお山もボチボチ枯れ葉が舞い始めるだろうな。ベランダについてるトタン屋根に雨が当たって、お陰で聴いてる音楽が聞こえませんな。結構... いや、かなり降ってるな。

コメント投稿機能がダメな件は、それはそれは悩み抜き、調べまくり、あちこちの副次的な問題を解決する事でクリアしました。これで先に進めるかと思いますので、とりあえずは次の目標のサイト本体の更新をお楽しみに。フィルムスキャナが壊れて1か月、素材写真の取り込み作業が止まってたのを、ようやく再開。でも、古いフィルムの退色が予想より急激でがく然としております。保存には気をつけてたのになあ。。。補正すると荒れるしなあ。。。ま、なにやかにやと5年以上サボってたのでねぇ、年内にはなんとか(笑)。

今日の写真はフィジーのナンディ、メインストリートで見た服のお店。たおやかな日本語の呼び込み看板が何とも言えず趣がありますね。
PICT0173.jpg手前は挨拶でしょう。さりげない省略にフィジーらしさが伝わります。あちら側の内容に至ってはすでに言葉を通り越し、フィジーの人のスピリットをダイレクトに感じさせるモノとなってますね。

放りっぱなしのフィジー滞在記を近々書こうかなあと思ったりもしております。色々と思うことはありながら、全然進まないのはえぞりすの特性ですので、ご容赦下さい。ぼちぼちドングリの季節ですし、餌集めに忙しいんですよ、実は。

なんとか予定通り稼働開始

この新しいブログもなんとか、公開に踏み切ることができました。
りすの頭脳では、ブログを動かす諸々の呪文が理解しきれずに、コメント投稿機能がなぜか動かないという問題がありながらのスタートです。まあ、そもそもやりたいことの半分ぐらいはなんとかなったかなあといったところではありますが。ちなみに上の写真は秋っぽいものを探したらこれになったという、スコットランドにあるスクーン宮殿といういろんな逸話があるお城。まあ、この写真を含めてデザインがありがちでえぞりすらしくないという声が聞こえそうなのが、ちと本意ではないのですけど。
現状、以前の「月日は〜」ブログからそのままデータを移動したので、4月から始めた旅行記もこちらで公開されていますが、もうちょっとえぞりすの頭が賢くなったら、それらは本家「地球放浪記」内へ移動する予定です。なもんで、こちらはあくまでもえぞりすの日記+アルファを目指しているということでご理解下さいませ。
ジャイプール近郊のホテルにて
インド、ジャイプールの近郊で咲いていたブーゲンビリア(たぶん)の花。この大きさで貼れるとまあ、そこそこ見られるかなあ〜 容量でかくていい迷惑という話もあるけど。。。

あ、重ね重ねブログタイトルに関する苦情は受け付けておりませんので(笑)。

ブログのお引越

なんとか以前のブログデータも引き継げて、
とりあえずの入れ物も動いたのでこちらで、再びブログを再開します〜
これからデザインとかプラグインを追加してと、内容と共にブログ自体も
どんどん成長させる事が出来ればいいなあと思ってますです。

なお、このブログタイトルについての苦情は一切受け付けません(爆)

ぼひぼひと秋

全国的に急激に温度が下がったからか、朝起きられなくて、布団の中でぬくぬくしてしまったえぞりす。関西のチベットといわれる神戸のお山で過ごす生活に最近ようやく慣れてきたところだけど、9月でこんな温度だと、来月頃は永遠に目が覚めないんじゃないだろかと思うことしきり。若い頃はこれで気にならなかったんだろうけど、関東で甘ったるい生活をしたからだろうか・・・
 かつてここは冬の朝、風呂の水が凍ってたこともあるし、雪の積もった日にはかまくらだって作れたのさ。

風邪の季節だねえ。皆さん気をつけてくださいね〜

あつくるしい・・・

高校野球も始まって、いよいよ夏真っ盛り。
高校野球なんて長い間見もしなかったけど、テレビ中毒なお年寄りにとっては、やっぱりこの時期の風物詩なんだろうかね。無理矢理絶叫アナウンスに乗せ、なんとなく例の熱気だけが流れてくる。えぞりすはどこが勝ったかも知らないけど。
それとクマゼミ。間近でシャワシャワいいだすとやっぱり暑いなあ。関東に住まいしてると完全に無縁なもの。というか、えぞりすの実家は神戸のお山だから、かつては関西でもクマゼミなんて鳴かなかった場所。くそ暑い三宮とか大阪でわめいている暑苦しい奴というイメージが強かったんだけどねえ。年々勢力圏を拡大しているクマゼミ。気候変動恐るべしだ。
さらに不快指数をあげているのが、7月にできたガソリンスタンド。幹線道と線路のある谷を挟んで直線で300mぐらいの距離。さえぎるものがないので、日がな一日そこから「オウエェ〜」「ハエエエッ」とわけのわからない兄ちゃんの客呼び込みの叫びだけが聞こえてくる。セルフスタンドらしいので恐らく開店キャンペーンの間だけの絶叫だろうけど、セミとキリギリスと鳥の声しか聞こえないお山では大変な騒音公害だったりする。

暑い中えぞりす諸々苦戦中。旅行記もままならないけど、明日ぐらいから再開の予定だよお。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

技術の進歩?

実家に帰っている。
子供の頃から住んでいた町には、ずいぶん変わったとはいえ、あいかわらず山があり、家が並び、同じ道がある。
駅からせかせか歩いていると、途中にある結構なアップダウン。過疎化した平均年齢の高い町にはあまりありがたくないものだし、足腰が弱っているえぞりすにも結構きつい難所。ここの横にはかつて森があり、お化け屋敷と言われていたでかい廃屋があったんだよなあ。一息ついて替わりに建っているマンションを見上げる。すると後ろからするーっとおばあちゃんが電動アシスト付き自転車でやってきた。「自転車かあ...そういやこの坂、少年えぞりすはいつも愛用のサイクリング車をゼイゼイしながら漕いで、気合いで登っていたなあ。おばあちゃんどこまで上がれるかなあ?」 ...ところがおばあちゃん、楽々とその坂を漕いで登り切り、坂の存在すら意識していない感じでさっそうと走り去っていった。むーん、かつてのえぞりすの苦労を話してもこの技術進歩を乗りこなす老人には通用しなさそうだ。決して短くない月日がこの空間に流れた。

それでも山があり、家が並び、同じ道がある。
一緒に騒いだ友達はみんな去り、買い食いした店もないけれど。
初夏の鶯も啼いているよ。

プリンター壊れたの…

大事に大事に使っていたプリンター。発売から約7年。お気に入りだったんだけどねえ…インクを交換しようとしたら、インクカートリッジを止めるプラスチックがバキっっと。はあ。。。ここいらの悪い空気で劣化してたみたいだ。ヘッド交換になってしまうので軽く15000円はかかるとのことだし、いかんせん古いから最近のパソコンでは諸々不具合もあるっちゃあるので、しかたなく思い切る事に。それにしても最近のプリンターはごたごた付いているか、箸にも棒にもかのどちらかで、えぞりす的に使えるものが無いのだよなあ。ずっと買い替えなかった理由もそこにあるんだけどさ。で、結局ごたごた付は我慢して画質とコストパフォーマンスがもっともよいこと優先で買いました。何を買ったかは内緒にしときます。自慢できるほどのものじゃないのでね。まあそれにしても、これだけのものが7年前のプリンターオンリーのものと同じ値段とは。いったい何がはいっているのやら(笑)。それにしてもえぞりすは焼きが回りぎみ。無線接続がどうしてもうまくいかずに悩み続け…結局パスワードが大文字と小文字違いだったというお粗末さでしたわ。

4月からは・・・

最近更新無いなあ。。。と言う声が聞こえます。誰かがどこかで言ってるようです。はっきり言ってえぞりすの妄想ですが(笑)。
恐らくは春風と有毒黄砂の誘いであろうウズウズにのって、ぼちぼちと地球放浪記は再始動。でも、まだまだ時間をかけられない諸事情から、お手軽にもこのブログを使いながら旅行記事を増やしていこうと思ったりしてますです。で、記事がまとまったら本ページに移動でもという魂胆だったり。えぞりすの手元にはまだまだ未発表の写真がワンサカ。そんな一枚一枚の小さな記憶をたぐり寄せながら、このブログは進んでいく事になるでしょう。もちろん日々の記録も織り交ぜながら。
unionjack.jpgしばらくは、某氏からの「えげれす・・・」という要望により、イギリス関連の記事を。さらにチェコやら夏頃にはフィジーなんかの涼しげな写真も。あと、更新途中になっている本ページの未掲載都市もね〜 一枚ものの写真はでっかいので、「リンク先を保存」で、その後ディスクトップの壁紙にすることもできますよー

では今後とも地球放浪記とえぞりすをよろしくです〜

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

猫の館へようこそ

桜便りに誘われて、まあ最近ようやく身辺が落ち着きつつあることもあり、ぶらっと散歩に出てみた。
都内は満開みたいなんだけど、この辺りはまだ7部咲き。さらに北に電車で10分ほど行くと・・・ううむ、5分咲きかなあというところ。そんなわけで2年前と同じコースをたどって歩いてみた。ここでサクラの写真が見たい方は、2年前の放浪の掲示板(過去ログ)を見てください(笑)。

さて、ここんところ日本のある程度メジャーな街には「にゃんこカフェ」とかいう麗しきものがぼつぼつと出来ているということで羨ましがっていたんだけど、我が文化的過疎県にもどうやらようやく初のお目見えとかいうことだったので・・・ついでに行って見た(目的はサクラでなくてこちらがメインだったという話もある)。猫カフェの様子駅裏のちょっとばかり怪しいビルの5階にそれはあったよ。時間制で1人1時間1000円。飲み物等は別。気の小さいえぞりす、かなり恐る恐る入ってみた。ロッカーで荷物を預けて、手もきっちり洗う。中はカウンタ中心の飲食スペース。そして奥に別にソファやら棚やらがある広い部屋。スタッフ猫と共にくつろぐ時はそこに入るシステムだ。カフェによってはお気に入りの子を指名して個室で楽しむことが出来るところもあるとかいう話。猫カフェケーキ食品衛生法の関係かも知れんけど、飲食する部屋と猫がいる部屋が分かれてなきゃもっといいけど。。。でもそうなると、まあ不健康なオッサンが夜な夜な活躍する暗い盛り場の店と何も変わらんのだね。ここではうかつにお触りすると結構露骨に嫌がられるけどね。あれこれと猫と遊んで慣れてきた頃に頼んでいたメニューが出てきた。コーヒーや手作りケーキはこだわりの味でなかなかのもの。見た目も猫づくしになっていて可愛い。その他、スペースには猫グッズや猫に関する本がいっぱいで、販売しているものもあるよ。
スタッフ猫も、客慣れしているのかいないのか、意外なほどそっけないけど、じっと観察しているといろいろわかってくる。猫スタッフ同士のコミュニケーションも活発だ。喧嘩するなよぉ〜 で、向こうの緊張が解けるとこんな写真も取れたりするんだな。あいそ猫眠り猫休みの日だけあってどんどんとお客さんがやってきては入れ替わる。スタッフ猫は果たして精神的に大丈夫なんだろうかと、ちと心配にはなるけれど、まあ、動物愛護とか難しい事は置いといて、本人達はいたって我が道を行ってるし、猫に触れ合いに来る人を見ているのもまた一興。なんにせよ面白い経験にはなりましたです。また行くかもだニャ・・・

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

ふと気がつけば

春。

夜中に体がかゆくて、朝は体がパンパンになって怠すぎて起きられない季。今年もやっぱりやってきた。布団の上で毎朝1時間はもがいているんだけど、家から出てしばらくすると、これがけろっと治ってしまって… アレルギー反応ではあるのだろうけど、調べても何も出ないしなあ。昨年は4月、5月にますますひどくなって動けなくなったので、今からちと怖い。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

齧歯目の年

あけましておめでとうございます。

ねづみどしなので、拡大解釈で齧歯目リス科の年でもある。
なもんで、今年はなんといってもえぞりすは世界へ羽ばたくのだ(無理)

昨年の謙虚な目標
1 5キロ以上痩せます。
2 地球放浪記を全面改訂します。
3 このブログも4月までに軌道へ再投入後正式運用します。
は…
1は達成、2は心の中でのみ進行するも挫折。3は正式運用まで行ったものの、すぐ元の木阿弥。だめだめなのも齧歯目らしいですがね。おまけになんだか広告ついたしなあ(笑)。

さて、今年の目標ですが、
「えぞりすブランドを何か立ち上げる」です。
えぞりすを名乗らずとも、どこかでこのえぞりすならではの社会活動をやってみようかと。まあ、商売ベタなので金もうけは無理だろうけどね。それ以前にやっていけるんやろか…さてさて

そんなわけで今年もテキトーによろしくお願いいたしまする。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

異常に多い電車の人身事故

12月の声を聞くと同時に、あっちでもこっちでも飛び込んでくれるので、毎日毎日移動の度に足止め食らって遅れちまうよ。ああ、関東も師走だねえ(T。T)。
今年は例年になく。。。というか、えぞりすが関東に定住してからこれほどドカッと人身事故の多いのは始めてだ。いやはや予想以上に庶民の生活は荒んでいる模様。右を見ても左を見てもろくな話題が見つからない。マスコミがヒステリーのようにどうでもいいようなことを見つけてきては良くないことだと勝ち誇ったように論うので、それを鵜呑みにする一般人は暗くなるばかりだよなあ。ただでさえ思考停止している国なのに、くだらないことでがんじがらめにしてますます考えられなくしているような気がする。そんなもやもや不安爆弾から身を守って、電車を止めずに明るく生きる方法は只一つ。テレビ見ないこと。どうせろくなものやってないし、電気代無駄だ。温暖化防止にも繋がるね。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

依然寝込み中

夫婦二人モンで両方がくたばると結構悲惨ですな。
食べるのもままならず。。。 なんとか食い繋いでいるレベル。

医者の薬は効かず、熱は下がらず、嫁りすにいたっては丸6日熱出たまま。
咳が酷くて息も絶え絶え。さらに悪化中。いやはや凶悪なもんもらってきたようです。
これはもしかしてインフル?インフルちゃんが来たのか?
えぞりすは幸いほとんど熱だけなので、こうやって煮えた頭でぼきゃらあとなんとか短時間パソコンに向かうことも可能だけど、ずっと寝ているのでどんどん体力が落ちていくような気が。はあ、まったく。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

風邪引きさん

プラハ黄金小路の骸骨嫁りすが木曜から発熱し、止せばいいのに金曜日に無理して出かけたら、土曜にゃ高熱と呼吸困難に陥って寝込んでおります。横目で眺めながら、フフフと思っていると、えぞりすにも飛び火。ヨレヨレ状態で本日枕並べて討ち死。。。。
いやあ、この家の毒気をふんだんに吸い込んだ結果ですな。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

ひまぢゃないよ

label.jpg見つけたのでなんとなく作ってみた。

えぞりすを売っていたらこんなもんかいなあ。ここんところアレルギーやらぼちぼちやることやらで、結構時間がなくなってばかり。うーん、年初に誓った地球放浪記の更新は果たしてありえるのだろうか?それ以前にのたれるかもなあ。

能力の限界

日々ブログを更新する時間が無いので、電車の中で携帯から書き込むようにと、思って設定してたんだけどね。あの小さなボタンで文字をひねり出すのは、不器用な私にとっては至難。電車の移動時間だけでは文章になる前に目的地到着。

なので、携帯更新はやめました(笑)
PCならこのぐらい2分もあればOKだしね。だったら更新しろという声は、残念ながら聞こえません。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

不都合な真実

ようやく見た。

ゴアさん、大統領にならなくてよかったな。
ちょっとゴア氏の宣伝くさいところもあるけど、
とってもわかりやすく温暖化について語っています。
というか、こんなこともアメリカ人は知らんのか?と
思ってしまう部分もありますがね。
日本も必死にやらないとねえ。せっかく技術持っているんだし。
そんな今日、すごい雷と雨。 
おへそ盗られないように寝ます。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

えぞりすの脳内

一昨日の昼2時を最初に、設定してから8年間、スパムなど1回も来たことがなかったえぞりすプライベートアドレスに、突然山のようにスパム来襲。どこかで情報が出てしまったようだなあ。えぞりすの知り合いの誰かがパソコンでウイルスを飼っちまったんだろう。というわけで、近々お世話になったプライベートアドレスを変更する予定ですわ。。。。

暇人と思われるでしょうが・・・・
↓のTシャツつくりサイトのコンテンツの数々です。

能力メーカー

まったり戦隊えぞりすジャー

えぞりすの今日の確率 [確率占い]

nouryoku.gif
nounai.gif

実はえぞりすは嘘つきのようです。しかも態度悪いし。
ええ、りすですからこんなもんでしょう。。。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

紫陽花の寺

本土寺の紫陽花1さて、夏だ。
梅雨はどこへ行ったのやら。

気候的に、えぞりすがその昔捕虫網を持って遊び歩いた夏休みはじめの感覚。あの頃は暑いといっても日陰に入ってかき氷でも食べれば充分涼しくて、エアコンなんて代物は必要なかったんだよ(間違いなく20世紀の話)。


さて、そんな夏日和なもんで、前からちょっと気になってた、近くの通称紫陽花寺と呼ばれるところへ行ってきた。全国各地に紫陽花寺はあるけれども、ここはそこそこ名が通ってるとか。


いや、結構な人人人。ここいら辺りは何も無いところで、普通は人っ子一人歩いてないのに、今日はぞろぞろぞろぞろだ。
それめがけて商魂たくましい怪しい土産物屋も幾つかオープン中。店の店員のセリフは、「お客さん、見るだけ見るだけ」...またどこかで聞いたようなセリフ。一瞬インドでの苦行がフラッシュバックした。でもねえ、扱ってる漬け物類は見るからにとてもえぞりすが食えるモノではなさそうだった、やっぱり(^_^;)


あちこちの駐車場はすべて「満車」の文字。あるところでは、その横に「満車ですのでお車でのお出かけはご遠慮下さい」と書かれた札があった。そんな事ここで言われても困るだろうに(笑)まあ、近郊なら電車を使うべしだな。

お寺に入ると入場料が一人500円でちょっとびっくり。どうやら商魂たくましいのは寺自体も同じのようだ。

なにやら都内からのハトバスとかも出入りしているらしく、旗に従って歩くおばちゃんたちも沢山いたな。

本土寺の紫陽花2さて肝心の紫陽花。確かに数は多いし見応え充分。この値段なら妥当かなというところ。珍しいのもあるにはあるが、ひょっとしたら最近の花屋と比べれば、そういった品種は少なめかも。
本土寺の紫陽花3お寺の奥の一段下がったところは池になっており、そこにはアヤメがいっぱい。これはこれで綺麗だった。水面をじっと見ると、ちょろちょろと何か動く。おたまじゃくしだ。もうちょっとしたらカエルの大合唱が聞けそうな雰囲気。苔の参道やら滝やらもあって、夏の日訪れるには涼しげな場所。まあ作り物とは言え、自然が残ってることに感謝かなあ。
本土寺の紫陽花4

家に帰ってきてから、余勢を駆って近くのペットショップにワンニャンを覗きに。りすとハムを見て和んで帰ってきました。というわけで、梅雨空になる前の穏やかな休日でござりました。はい。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

久しぶり福岡

結婚式へ参列するために福岡へ。
九州は3年ぶり、福岡は5年ぶりだった。
以前は毎月のように往復してた頃もあり、懐かしい半面、街の変化にも驚き。

宿泊ホテルのラーメンサービス券で出かけたのは一蘭。何だかそれなりに名が売れたところではあるらしくて、関東にもある博多ラーメンのチェーン店。ラーメンだけに集中するために店員は姿を隠してるし、食べるカウンターも1人ごとに仕切りが。アイデアとかはおもしろい部分もあるものの、この環境で集中すればするほど、首を傾げることも多くて、まあこんなもんかいなあといったところ。こちらでお気に入りの九州ラーメンの店に軍配でした。ラーメン一蘭

次に行ったのは博多の守神、櫛田神社。山笠でも有名なところだね。えぞりすは実はここで神前結婚式を挙げた。それっきりお礼にも行ってなかったので、今回は相変わらず雨に降られながらのお参り。格式ある神社なので特に大きく変わった様子もなく、今回は改めてジックリ見て新しい発見もあったり。櫛田神社の風景その櫛田神社の裏にある焼き餅屋さん。随分前にテレビで見て以降気掛かりだったので、さっそく立ち食いしてみた。うーん素朴な味。少し油に気を遣って欲しいなあ。軽くつまむにはちょうどだね。

moomincafe.jpgそのまま近くのキャナルシティーへ。ここもできた頃はすごい混雑で踏みつけられそうになったところ。最近はちょいと盛り下がり気味なのかな。以前はオシャレな店も多くて、ブラブラするだけで楽しさ一杯だったのに、今回行って見たらなんとまあテナントの様子が変わったこと。目立つところはどうでもいいようなファストフード系の安看板が並んで、全体的な統一感も消滅。でも、その中でみつけたのがムーミンカフェ。ついフラフラと入ってしまいました。歩き疲れたので結構な時間居ついてしまい。。。そこはかとなくフィンランドっぽくてすっかりくつろぐことが出来たのはうれしい。東京にもあるみたいだから行ってみよう。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

Tシャツ

名前やらを書き込むと自動的にTシャツを作ってくれるサイトがある。
もちろんリアルではなくてバーチャルでのお話。

えぞりすの場合↓
えぞりすTシャツ

まあ、なんとも安いもんができてしまったわ。
人によっては1万円ぐらいのお値打ち品になるんだよ〜。
それにしても納豆菌って...

つくってみたい人は画像をクリックしてね。

最近

ブログを書こうと思うんだが、いつも気が付くと就寝時間。そんなもんでパスした日が最近多い。文書をひねり出し続けなければ頭は衰える。とはいえ書いたとて衰えが止まらぬ現状で、果たして労力がどのぐらい報われてるのかとしばし考えるのであった。
報われるといえば、久々に出品したオークションの落札日。いやねえ、出品から発送までのさまざまな労力を売れた金額で時間給に換算すると泣きたくなるぜぃ。なんだか連絡方法も非効率的になるようだし。儲かるのはYahoo!だけだな。とはいえ、貧乏人えぞりすはわずかな商材と時間を切り売りして生活するのであった。ここんところコレクション欲がなくなったので、どんどん売り飛ばし中だったりする。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

今週も臭い

打ち合わせで赤坂へ。
突風で電車が遅延中だというので早めに行ったら、風に吹かれてホームで40分。2本も間引き。これは遅延ではなくて運休だと思うんだがね。そうこうしながらもなんとかやって来た電車に乗ったら、混んでいるのに突然目の前の席が空いたので座った。同じパターンでこの間ニンニク攻撃にあったのでちょっと躊躇はしたんだが... その躊躇はやはり本能的なもんだったらしく、お隣から異臭が... あ〜、これは最近話題の加齢臭ってやつだねえ。お年寄り夫婦がしきりに話をしてる傍から、なんとも辛い臭いが降り注いでまたまた頭から黒煙が。。。。えぞりす家も揃って高齢にさしかかりぎみなので、気付かぬうちに周りに加齢臭を振り撒いてるのではという懸念を持って、実はここのところ気にし始めてたところ。それを身をもって体験することになったこんな今日の良き日に、さっきジャンクメールがやってきた。なんと「加齢臭を防ぐ石鹸」だそうだ。「柿の渋やらなにやらが入ってどうのこうの」と100%怪しいのに、値付けが1個2,100円ってのはいったい何を考えてるんだろう?こんなのに騙される人いるのかなあ??いるんだろうなあ〜 多分同じ会社だと思うが、ナバホ族のシャンプーってのも一時露出してたよねぇ。堂々とこうした詐欺まがいの商品が売られて売れてしまうのが現実。「加齢臭」ってのについつい敏感になるのも、そういった企業が広告代理店とかと共謀してテレビやネットでつくり出す戦略の「標的」になったからこそなんだよな。よくよく考えれば、ちゃんと生活して正しい身体のケアを継続すれば、怯える必要も変なモノを買う必要も全くなくなるんだよ。

なので今後カレー臭はインド人だけと言うことで。     おそまつ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

お花

先日無くなったもこちゃんが通ってた動物病院からお花が届いた。

それをじっとながめて、改めて実感。

今日はもこちゃんがうちへやってきた時のように
夏の始まりらしい暑い一日だった。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

2.0

webの進化系を2.0と最初に表現した人はなかなか凄いと思う。
でもね〜今時期になってそれにつられてるのはどうかと思うんだが。

音楽2.0
キーホルダー2.0
おたく2.0
弱者2.0
脱税2.0
農業2.0
味噌汁2.0

揚げ句の果てには
仏教2.0

・・・やめれ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

傍の蕎麦屋

昨年末に開店して、数回通った蕎麦屋がある。
今日も散歩がてら行ってみた。
そば切り梅吉 2007年初頭
小さいけどこのあたりにしては久々まともなお店。値段もお手頃。天ぷらの揚げ方がうまいともっといいんだけどね。つゆも最初の頃よりずいぶん蕎麦つゆらしくなったしなあ。
問題はここいらではまともな商品を出すと、確率100%で潰れるということ。長く残って欲しいけど、どうだろう。散歩の途中にある回転寿司屋も無くなったし、美味しいケーキ屋も消滅。でも人の入ってるところを見たことないラーメン屋や邪悪な味のファミレスは潰れんのだよなあ。同じ場所に同じ条件で邪悪な蕎麦屋とまともな蕎麦屋を同時オープンして実験してみたいもんだ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

ちょっと早い端午の節句

散歩に出かけたついでについついお菓子をゲット。
何年ぶりに喰うんだろうかという感じでチマキ。柏餅は「みそあん」と書かれてたのでついつい。。。
chimaki.jpgで、5月5日には1日早いけど、とっておきのお抹茶と共にくいしんぼうしてしまったのだけどね・・・。みそあん柏餅って関東だけにあるのかな? それとも最近の流行りかな。関西にいた頃は無かったように思うんだが。スーパーの特売品だし予想通りのチープな味だったのは致し方なし。本物のみそあんは美味しいのかもしれんな。チマキは自分ところでつくってるっぽい和菓子の店で買ったんだけど、これ、絶対冷凍品やね。自家製とはほど遠い...
このあたりでまともなモノ買えると思っちゃいけませんな。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

憲法記念日

護憲改憲いろいろな思惑が見え隠れする1日だったな。
アメリカ帝国のために尽くし、いざとなったら死ねる国になれという命令に、そのご褒美目当てに動かされる人。今の憲法が変わるとそれでご飯が食べられなくなるので嫌だという人。ナショナリズムをあおってみたり、悪事を繰り返す国を批判して国の危機を叫ぶマスコミの大合唱。酷い雑音ばかりで何も見えなくなった国民。
騙されてはいけません。
憲法とはその国と国民がどういう理想を掲げ、何を目的にどう生きるのかを示すもの。これほど価値観もモラルも権利も、そして民族としての文化まで崩壊した状態で、柱である憲法を再構築などできるはずもないわな。瀕死の重傷の時にドサクサまぎれに押しつけられたからと、それを肺炎でウンウンうなってるような時に自分で作り替えようってのはどうかと思うんだけどねえ。それでも俺には都合悪いんだから変えろって注射器振り回す奴や、変えたらきっといいぞ〜って枕元でそそのかす奴がいたら、普通そっちの方が悪い奴では?

どんなことでも時代に合わせての軌道修正は必要だよ。でもねえ、もっと先に時代に合わせるべき事柄がすごく沢山あると思うんだけど。。。。病気を先に治そうよ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

のたうちまわる

原因不明の痛みで苦しみました。どこが痛いってあなた・・・カツヤキ君、もといお尻の括約筋がそれはそれは。のたうち回りたいけどのたうったところで痛みが楽になるわけでもなく。
こんなとこ痛くなってもらってもまったく困るんだが、痙攣なんかに効く痛み止めを飲んでようやく治まりました。何に対する信号だったんだろ?歳取るといろんなところが壊れてくるんかねえ。。。とほほ。
ふと思ったのが子供を産む時ってこんな感じなのだろうか??ということ。
いや、虫は湧いてないと思うよ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

85キロから100キロ越えの体重になって早2年。
仕事柄、また現在置かれた状況のために、ほとんど着る服に関しては、テキトーでOKだったんだけど、そんな騙しも通用しなくなった。5月半ばに嫁りすの弟が結婚することになったから、フォーマルな格好が必要になったんだわさ。年貢の納め時とでもいおうか、その時までに痩せておけば前からあるのを着られるなんて思っていたんだけどね。そんなわけで馬喰町にある某大きいサイズ専門の店へ出かけた。店の地図が東西南北逆さになっていて、駅を降りてから反対方向に向かってしまい、お陰で江戸下町の古い町並みの中を探し回ったなんてのは置いといて・・・
さすがに大きいサイズがいっぱいの店だけあって、お相撲さんもウロウロしている店内。お陰様でなんとか満足いくつるしモノをゲットすることが出来た。ポイントが溜まったこともあって、店の抽選会場へ。2回引いたうち1回が4等だった。景品は「そーめん太郎」・・・家で気軽に流しソーメンなおもちゃなのか器なのかという代物をもらった。子供がいるうちなら喜ばれるかもね。でもそれ以前にえぞりすは「ソーメンが駄目」怜。ああ、しかたないのでこれはオークションにでも出すかなあ。何だかいらない運を使ったようで。ちょっと悲しい。

毒ガス攻撃

地下鉄に乗った。
昼間だったので比較的空いていて、運良く座ることが出来たのだが、ウトウトとしたらいきなり異臭が・・・隣のおっさんがいつのまにか若いカップルに変わっていて、そいつらが、もう猛烈にニンニク臭い。黙っていればいいのだが二人しゃべりまくってくれるので、異臭がどんどんと立ちこめて・・・えぞりすの脳みそは黒煙をあげて沈没。それより本日は使い物にならず。。。。

あいつらいったい何喰った??

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

今日はおやすみ

ネタが無いよー

なんだか知らんが恐怖の一発デュオ「狩人」が解散するんだと。
解散を発表するほど活躍していたのかといえば疑問だけど、
ああ、また一つ昭和が消えていくという気持ちにはなりますな。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

パッパラパー度

その昔くだらな〜い作品をいっぱい作っていた時期がある。今考えてもよくあれだけお馬鹿な思考が出来ていたなあと感心するばかり。最近は分析はそれなりにできても創造の根幹を成す感性の一発というやつがほとんど出なくなったね。今日いろいろな場面に遭遇して、魂の叫びみたいなくだらなさがいかに無くなっているかというのがかなりショックだった。まだまだ今の自分に必要な部分だけに、今後どうやって再起させるかというのが結構なところ重要だと思うんだ。もともと直感の人だっただけに、それをただただ知識で汚しているような現状では、判断力にも自身が持てなくなってくるよなあ。まあ直感という無意識は、実は無意識のうちに深層記憶からあがってくる自分の経験に基づく演算の結果。だから当たるんだよ。歳をとるほど常識的思考が覆い隠していく深層記憶に、自由にアクセスできる方法が絶対必要だね。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

検査

朝一番からMRI。ゴンゴンいう中に入るといつものことながら眠くなる。知り合いに話すと「あの騒音の中信じられない」そうだ。でも友人はやはり眠くなるといっていたから、音に関する耐性が違うんだろうか?
それはさておき、とりあえず脳みそは正常なのが判明。頭痛の元はやはり他の原因らしい。脳外科から「痛み専門」の医者にバトンタッチ。1時間以上に及ぶ尋問の後、一つずつ痛みの元を取り除く作業をすることとなった。先生の見立ては首筋の筋の極端な緊張が原因ではないかということなんだが。。。そのあとに口腔専門の医者に回された。額関節に問題ありとのことで、さらに普段いつも口や舌緊張している状態なので、そういったものが総合的に痛みとなっているのだと、断言された。歯が痛いんだけどといえば、そういう場合はたいてい浮くような痛みの歯痛が起こるんだそうな。一人をこんな物凄い時間かけて診療して採算とれるんかいと、こっちが心配になるほどいろいろと聞いてもらったので不満は全くないのだが、意外な原因を聞かされてにわかには信じられない。取りあえず首ストレッチを確実に実施せよとの指令に従うしかないな。あと口の基本セットポジションを心掛けること。。。次は2週後だ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

新兵器出動

役所やら銀行まわりで出かけた。
年金やら固定資産税の山は堪える。来年同じ状態で来たら首つりだね。
な、もんでつまらんことを楽しくするために先月買ったレコーダーを持って出た。役所やら銀行のノイズを収録するのが目的。マイクはノイズ発生器状態のSONY ECM-989だ。こういった雑踏系の定量ノイズ収録ならいわゆるヒスノイズはあまり気にならないかと思ってね。まず役所の各部署でまわりの客に変な顔をされながらマイクを出してしばし。後ろから肩でもたたかれたらどうしようと怯えていたが、最後までまあ知って知らんふりをしてくれた。さすがお役所だ(笑)。続いて銀行。セキュリティの面もあってガードは堅い。支払いの用事を済ましてから休憩するようにしばしレコーディングタイム。なんとか乗り切ったよ。
帰宅して確認。うーん。まあなんとか使えるレベルではあるが・・・それでも主張するヒスノイズ。それ以前に情報量の少ないのっぺりした音。ステレオではあるが音に囲まれるというだけで立体感とか空気感がまるでない。おまけに途中でハム出てるし。デンスケで録音していた頃と変わらん内容の低さ(^_^;)。予想はしていたが今の時代に使えるマイクではないな。ひとえにマイクの酷さが痛いほど身にしみた今回の外録第1弾。こいつのためにウインドジャマーを自作するのはやめようっと。

ああ三研のマイク・・・・50万仕事だ・・・

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

何のためのセキュリティ?

とある人に火急の用事でメールを送る。あて先アドレスは消すわ漏らすわ着かないわトボケルわとロクな話を聞かない悪名高いhotmailだ。ふう、知らん人にちゃんとしたメールアドレスを教えたくないのだろう。いやな予感してたんだけど、そういう時に限って漫画みたいにやっぱり戻ってくる。エラーメッセージには「変な言葉が含まれている」と。こんな事務的な内容のものが引っ掛かるって、いったいどんなフィルタ使ってるのか知らないけど、これって物凄く不愉快。自分の安全を優先するあまり人に多大な迷惑をかけているわけだ。あるいは予想以上にHotmailが腐っているか。どっちでも大迷惑には変わりないな。だいたいwebメールを使うこと自体セキュリティ感覚ゼロなんだから、大事な用事をそんなので受けるなよと思うんだ。こういう人は大事な普通のアドレスを使うとそこにスパムが来るかも知れないと、すぐ殺せるアドレスをこうやって用意しているのだろうけど、おまえはスパムと一緒と言ってるようなもので相手にすごく失礼だよ。そもそもは迷惑メールを送る輩が多いというところに端はあるのだけど、実際はこういう防御のやりかたが逆にスパムの数を増やしているんだよな。hotmailやyahooのアドレスは@以降が同じで物凄い数あるから、@以前を類推して送り付けるには持ってこい。わざわざスパムを受けるためにアドレス作っているようなもん。大手プロバイダアドレスも然り。わざわざ仕事増やしてるのに気付かないのかなあ?所詮ネットのメールなんて監視しようと思えばいくらでも見ることが出来る程度の安全度。ちょっと調べれば本でもネットでもいくらでも知識は得られる。大企業が自分とこのユーザーを増やしたいためにセキュリティを看板にこういうアドレスを勧めるのなど笑止。簡単で間違いないのは@の前も後ろもいかにユニークなアドレスにするかなんだ。長い必要はない。スパム送る方も効率の良いところしか狙わないからね。そして、掲示板やら変な送信フォームなどにメールアドレスを記載してネット上に晒さないこと。それだけで充分。

さてここで愚痴っていても仕方がない。どうやって連絡つけようか・・・・

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

何もしない日

えぞりすも友人に誘われてmixi(なんでいつまでもベータバージョンなのだろう)内を1年ばかりうろうろしているけど、えぞりす的にはこういう閉鎖空間村社会は(もっとも会員800万では村とは言わんが)性に合わんのだなあ。mixiにハマった人の中には楽だからかmixi内でネット活動を完結してしまうなんてのもあるらしいが、それこそ運営企業の思うつぼだし、考えただけで息が詰まる。そんなもんで日記はこちらだけにさせてもらってます。ごめんなさいねえ。それととある事情からmixi内では別名を名乗ってますので「えぞりす」で検索されたメンバ-は間違いなく別人ですよ〜。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

ぐぎぎ

ううむ、最近擬音タイトルが多い。

左側の痛みがひどく、よたよたの1日。
考えがまとまらないと言うか思考力ゼロと言うか、そんななのでいろいろと考えて実行したいことは非常にキビシイ状態で自爆。今日Amazonで頼んでいたCDが到着。海外版なので予想はしていたが、開けてビックリ外装無し。ケース裸でそのまま。しかも割れてるし。いやあ外人はアバウトだねえ。新品だと言ってもこれは日本じゃ通用しないよ〜。あ、盤にも傷が・・・いいのか?これでお金とる商売。まあ国内盤があるようなメジャーなもんじゃなし。しかたないけどね。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

ほへー

あちこちで人が撃ち殺されているが、イラクではそんなもんと比較にならない人が殺されているし、北朝鮮では死んでいても話題にすらならない。マスコミってまったく視聴率が取れそうな目先のモノしか追わないので、それに合わせて大衆も右往左往。ため息が出るばかりだわさ。とはいえ、そんな報道を見ていて思うのは、生まれた国で人間の一生にこれだけ差があるというのは不条理以外の何ものでもないなということ。そして日本が銃社会でなかったことを感謝しよう。日本の犯罪が凶悪化したと聞いても、情けなくもお手本にしているアメリカの犯罪状況を見て多くの人が意味もなくまだ大丈夫と納得している気がするんだ。でも銃が無いってだけで、誘惑を律する精神も道徳も目的もない人の多さでは日本が勝ちだよ。

合掌・・・

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

もこちゃん

mokokiji.jpg今朝8時頃、えぞりす家のもこちゃんはハムスターランドに帰って行きました。2歳と10ヶ月。大往生でした。

最後まで尊敬すべき物凄い根性野郎で、結果長く苦しんだのではないかと複雑ではありますが、昨晩は殆ど立てないくせに、苦しいくせに部屋のお散歩を決め込む始末。それは壮絶でした。。。広い野原を駆け回る夢を見ていたのかもしれません。
1歳を過ぎた頃から歯が悪くなって思うように食べることが出来なくなりながらも、開き直って?グルメぶりを発揮しておりました。体調が悪い時も信じられない気力で乗り切ってくれました。

自己中ネヅミで、とってもおしゃれさんで、飼い主をいじめるのが大好きで、好奇心旺盛で、そしてえぞりす家で一番精神力のある奴でした。
今頃あっちで好物の春キャベツをかじりながら、仲間と飼い主談義でもしているのでしょう。生後1年まで女の子として育てられたって、変なりす夫婦の話ししてくれてるかな。

画像は、お世話になったかかりつけの獣医さんに昨年預けた時に、たまたま業界紙の取材があって、モデルになってしまったもこちゃん。そして、下はうちへ来て半年ぐらいの何の悩みもない頃。
mokoninjin.jpg
もこちゃん、いろんなことを教えてくれてありがとね。また会えればいいね。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

AM5:30の怪

ずっと前から早朝に寝室にある空気清浄機の爆音で目が覚めていた。
最近リビングに置いてある別のメーカー製も朝方同じく動いているのを発見。なんでだろなあと思ってはいたけど、静かな室内で花粉の粒子なんかが空気清浄機がある床面まで降りてくるのが朝方になるのかなあと漠然と自己解釈。けど最近になって、頭痛で5時ごろ目が覚めることが続き、ベッドの中でモワーとしていると、突然爆音を立てる空気清浄機にビクッ。それが毎日ほぼきっちり5時半であることを発見した。その時間にうちのマンションまわりをぐるっと偵察したけど何も発見できず。前の道路もその時間は車は殆ど走っていないしなあ。家人は喘息状態だし、やはりなにかしら問題ありかも知れん。近隣の工場が決まった時間に謎の物質を排出しているのではと勘ぐってしまう。それとも空気清浄機ってその時間に動くようにできているのかしらねえ?

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

はやいもんで

4月も真ん中。
とはいえ、昨年から季節感覚壊滅状態なので、ここ2日間気温が高いこともあって、なんだか6月ぐらいの感覚になってしまうわ。アイスが食べたい・・・それとドクターペッパー。学生時代、初夏にサークル活動をしながらよく飲んだのが焼き付いたのか、季節がそこへくると無性に飲みたくなるんだよなあ。この時ばかりは今でも自由に手に入る関東にいることに感謝。食物にうるさいくせにこんなジャンクな飲み物をと。。。でもねえ、コーラやドクターペッパーのルーツはルートビアという薬草のジュースみたいなもの。あちら版養命酒だね。だから身体にいいはずと無茶苦茶な理論でスマン。

今日ハムスターのもこちゃんを病院へ。数カ月前からちゃんと物を食べなくなって痩せる一方。移動のストレスもあってか病院についた時には痛々しいほど衰弱。心臓が弱っているとのことで、元来歯切りのための医者だったんだけど、いつもの麻酔は負担が大きすぎるということでかけず。帰宅以降ずっとじっとしている姿を見ていると、何とかしてあげたいけど、やはり寄る年波には勝てないところまで来たのかなあ。。。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

少子化は予想以上に深刻

隣駅までウォーキングのついでにダイエーで買い物。
要介護ハムスターのもこちゃんが食べられる流動食候補に人間用ベビーフードを思いついたから。10年前はこの店に結構な量置いてあった記憶があるので、期待して出かけた。食料品フロアで探したけどどこにも見つからない。動物の食い物はどかーっとあるのに。店員に聞くと誰も知らないのでビックリ。どのフロアに何があるぐらい把握するよう教育してないんかい?ダイエー未だに再建は遠い。ようやく3階にあるという情報でむかったら、端のほうに小さなスペースが。。。ベビーフードなんて選べないぐらい種類があるという認識だったのに、その種類は数えるほどだ。ここまで縮小しないと採算とれないの?だいたいここいらはわが市でもっとも若いファミリー層が多い街なのに...子供を育てるのに必要な売り場が忘れ去られて、ペットフード売場がきらびやかに幅を利かす。未来に希望が無く代替の癒しに走る人ばかりなのだろう。些細なことで現実を知ってしまったわ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

マクド

えぞりすは関西生まれなので当然ながらハンバーガー屋「マクドナルド」のことは「マクド」という。マックなんてパソコンと一緒の気取った呼び方は嫌い。もっと言えば、「マクド」と呼ぶと「いかにも屠殺した肉が入っているぞ」という俗っぽい感じで、常に現状を正しく認識できるのでね。はい、えぞりすはマクドナルドが嫌いですが何か?

 まあ個人の好みはさておき、今日赤坂のマクドナルドを久しぶりに見たら看板が真っ黒。
えぞりすの巣の隣駅のマクドも看板が真っ黒で何でかなあと思っていたんだけど、あちこち黒に変えているというあれは、己の腹黒さを自己反省を込めて外界にさらけ出すというネガティブキャンペーンなのかしら。映画「スーパーサイズミー」なんてのがヒットしても、依然庶民や子供の味方面している神経は大したもんだけど、いまの時代に牛肉を何事もなかったように売る企業だから、そのあたりが堪えるわけもないのだろうね。黒は精悍とかカッコ良さを強調したかったら安直でもっとも効果があるからなあ。

ああ、頭が限界越えて痛いので今日も毒舌全開だ。
マクドが好きな方には申し訳ない。好きな人は自己判断で食べ続ければいいし、えぞりすはそれを否定するつもりはない。でも、あなたの感じている美味しい、なんとなく食べたくなるなんて感覚。よーく自己分析した方が良いとは思うよ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

頭痛は続く

朝から夜まで日がな一日ズキズキ。
思考力を奪われるんだよなあ。全く困ったもんだ。
ぼーっとしていればいいんだろうけど、貧乏性なのでなかなかねえ。

さて、今日も早寝だ(泣)。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

病院再挑戦

このあいだは、手近な病院でお金をドブに捨てたので、今日は昨年夏にかかっていたちょっと遠いところの病院に、フラフラとしながら行ってみた。
先ずここは設備が最新。すべてが電子化されていて、レントゲンすら画像データだ。去年はCTとMRIで脳みそを精査。脳内の血管がかなり特殊というのが判った。脳の後頭部真ん中にある大きな血管が、えぞりすはなぜか右に大きく迂回しており、左脳への血流状態がいささか悪い可能性ありだとか。それが現在の左側の頭痛に繋がるとは考えにくいらしいけどね。変わった脳みそなのね。りすだからしようがないか。
さて驚いたのは、同症状だからとはいえ、9ヶ月すぎての再診。普通は初診料を取るけど、この病院はとらないんだよなあ、良心的! ますます先週の病院行きがモッタイナくなるばかり。しかも偉い先生が30分近くもいろいろ問診してくれて、検査までの2週間我慢させて申し訳ないみたいなことを(普通ここいらの医者はこんなこと言わない)言いながらいろいろと薬を処方してくれた。それも一つ一つ説明しながらたくさんの組み合わせを考え、体調やらを聞き取りしながら、細かく調整して最終的に4つの薬に決定。たとえ原因が特定できなくても、こういう風にあらゆる条件を聞き出して、最善を尽くしてくれる。医者というものはまさにこうあるべきで、うれしくなってしまったし、症状が緩和はしていないものの、とっても安心できるわけだ。
とりあえず再MRI検査。一応めまいやらがあるので、脳腫瘍なんかの危険性も考慮に入れているみたい。耳の奥が原因のようにえぞりす自身は思っているんだけど、さてさて、今度こそ原因究明となるかなあ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

ひたすら頭痛

一日頭が痛くて気持ちが悪い。

みょーーーーん(意味不明)

ふと買った「ヘルシアウォーター」を飲みました。

ゲロマズ。

作った人、味覚おかしいよ。
許可した人、神経おかしいよ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

バベルの塔

打ち合わせで赤坂に行った。

囲むように馬鹿高いビルが次々できているんだわ。全く居心地の悪い街になったよ、赤坂は。
で、出来上がると、セレブ向けだかおのぼりさん向けだか何だか知らないけど、そのどれもに申し合わせたように「高級」と名前のつく店やらホテルやらばかりが入ることになる。これで街やらエリアの活性化だ再開発だといっているのだから呆れるばかり。金でツラをはたかんばかりの店を並べて悦に入ったり、人を見下げたりするだけで周りとの調和を考えない街のどこに未来があるというんだろう?えぞりすには中身の無くして沈んで行く、この国の最後の虚勢としか映らない。
財界とか役人とか、二千年も続いてきた一つの文明を今まさに食い潰そうとしているシロアリのような有象無象達には、やっていることの無意味さや空しさが分からないのだろう。それにシロアリどもにはでかいアリ塚がいるからね。自分たちが勝手に沈没するのは良いけど、この国の未来ある子供達や有能な人材を道連れにするのはやめてくれ。その小さな懐を狙うのも。

えぞりすはキリスト教徒ではないけど、聖書にバベルの塔の話がある。
今、目の前でそのままのことが起きているんだよ。そう言えば、もうすぐそんなタイトルの映画も始まるしねえ。

さて・・・

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

今日もゴロゴロ

病院で異常なしと言われたものの、やっぱりおかしいものはおかしい。だんだん耳が聞こえなくなっている気がするんだがね。しかもひたすら怠い。そんなもんで、今日も結局一日、うたた寝を繰り返すばかりで何もできずに終わってしまったよ。
ソファでウトウトしていると、夕方ハムスターのもこちゃんがケイジをカタカタいわせて「おきろ!」と呼んだので目が覚めた。最近彼は、餌をあげても激しく好き嫌いを主張して、気に入らないとガブッと指を齧って「他のを出せ」なので、恐る恐るクッキーのカケラをあげると、やっぱりガブッ。うむむ。そのあと家中を徘徊して「何か」を探している。いったい何をあげれば満足するのかなぁ・・・

さてさて、収穫なしの日はさっさと寝るに限る(まだ寝るのか?)。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

病院送致

いってきやした。体調悪いのをがまんして。
体調悪いから病院行くんだろうが。

症状からして耳鼻咽喉科ということで、隣の駅前にあるとある病院の門を叩いたんだけどね。
耳鼻咽喉科ってどこ行ってもヘタレ医者ばかり(理由はあるんだけどここでは書かない)なので、嫌な予感はしていたんだけど、はっきり言ってここも案の定時間とお金の無駄!だった。
耳の奥から喉が痛くて肩まで凝った感じ→それは整形外科だね。
喉からひりひりして気管まで焼けた感じで喘息のような咳も出る。→それは内科行って。
ばかばかしくなって症状を訴える気もなくなったよ。
耳の聞こえが悪くなっているという訴えに聴力検査をするでもなく、アレルギーの検査をするでも無く。口と耳を覗いて「問題なし」ってなあ。じゃあえぞりすが訴えている症状の説明はどうつけるんじゃ?こんなんでいいのなら、素人のえぞりすでも医者になれると思うがね。患者の訴えに耳を貸そうとせず、自分が何か原因を見つけてやろうとかいう気構えもない。ただの治療費泥棒。
この怒りは、地元民しか知らない「夢組のプリン」で紛らわしましたわ。
いつの間にかここの駅前にできていたのね。

まともな耳鼻科。。。探さないと。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

マイク

諸事情諸々あって、先般高性能なポータブル録音機を買いました。DSDの5.6448Mhzで記録できるといえば、分かる人は分かるので以下省略。
もちろんこんなもんでCDダビングしたりしてもまったくオーバースペックなわけで、ターゲットは生の音。そのために何はともあれマイクロフォンが必要なので、我が家の現役引退選手どもを引っ張り出してきた。1980年と81年購入のエレコンだから、まともに使用に耐え得ると期待していけないのだがね。あの頃は海外製のマイクロフォンは高嶺の花。今1万で買えるものが当時は5万ぐらいしてたからなあ。よって当然引きずり出されたのは国産SONYの製品ばかりだ。先ずECM-56といって直立タイプの楽器収録用が2本。今から9年ほど前に蒸気機関車の運転台に2本とも設置という廃棄覚悟の特攻作戦に借り出されながらも帰還。以後オブジェ化してたんだけどね。蒸気機関車の運転台って、石炭を放り込むため釜開ける度に高熱が吹き出して上へと登る。ビックリドッキリな温度に丸1日晒されていたはず。あの時は設置だけで脱水症状起こしたよ、わたしゃ。でもこれ、音出たねえ。高音の抜けは悪いし感度もかなり低下しているけど、根性はあるな。使えるかといえば否だがね。次にECM-989という、ステレオワンポイントマイク。これまた80年代にあちこちで使い倒したもの。オバケマイクとか首チョンパとか呼んでいたけど、オケの一発録りからインタビュー、自然音まで。旅行に一本、海水浴に一本という寝食共にと言っても良い使い方だった。実はこれカプセル部が分離して100M延ばせるというロクロ首。妙な芸は沢山持っている割に安っぽい音だったりするw。とはいえ、今売っているステレオワンポイントマイクはロクなものがなくて、きっと対抗できるかと思ったものの、う〜ん。いまふたつかなあ。先ずすこぶるSNの悪いのがキビシイ。ポータブルヒスノイズ発生器状態だ。困ったわぁ。。。「新しいの買うか・・・」とつぶやけばご老体ども気合いが入るかと思ったけど。。。んなわけないか。

しばし、熟考。

よたよた

あまりに体調が悪いので、ほとんど寝て過ごした。左肩から喉に何か取り憑いているような怠さ。喉の奥から耳の奥にとっても不快感。熱っぽくて頭がクラクラするんだが、熱はない。ときおり喘息のような咳が出て余計に苦しい。記憶もおぼろだし、注意力ゼロなので、やることなすことうまくいかない。だんだんいらついてきたのであきらめて寝る。そんな繰り返しだなあ。

異常な怠さから4週間。フラフラし出して2週間。医者へいってもこれまた異常なしになるんだろうなあ。なんにしても、何にもできないというのは精神衛生上良くないので、打開策を考えないと。

というわけで今日も店じまい。そもそも店開いてないやん。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

新年度

早いもので4月。
新年の誓いでもあったので、
このブログも再開の運びとなりました。

丸一年、定期的にはブログを書かなかったわけだけど、この一年って「予想通り」最悪を指し示す方向性だけを感じて嘆かわしくなるばかり。これはえぞりす自身もだけど、社会や世界全体の流れだからね。そして誰も流れを止められないというか、止めるのをあきらめている風潮が恐い。

さてさて。桜と共に嫌な黄砂が吹き荒れて憂鬱なえぞりすはここまで書いて今日はダウン。
ヘタレなブログですが何もすることが無い時は覗いてみて下されや。
よろしくです。

なぞの回復

この1ヶ月ぐらい、このブログにコメントを書込めなくなっていて、散々色々やってみたけど変化なし。やむをえず、この間サポートに連絡。で、その次の日にTAC氏のコメント書込みがあったので、何かサポートサイドで手を入れてくれたんだと思っていたんだけど、今日サポートからメールが来て「状況再現せず」。あれえ、何か手を加えたわけでもないのに問題ないのかあと、また書込むとちゃんと反映される。。。ううむ、何だったんだろう?
サポートの方お騒がせしました。なぜか復旧しています。

ポチッとな

LX2arrival.jpg5月に義理の弟の結婚式が執り行われることになった。えぞりすは何気に写真係を買って出たが、あちらも何気に期待しているようで、それでは如何にと考えてみた。実は4年前に甥の結婚式で、買ったばかりのフィルム一眼を使ったがために色々と悔しい思いをしていたので、機材を見直すことにした。・・・結論。ウチのカメラはどれもキビシイ。メインはフィルム一眼で行くのだが、感度の面と機動性から、強力なサブカメラはどうしても必要。かといって、現状のポケットデジカメを使うには2機とも性能不足。考えあぐねること1週間。購入を決意したのはLumixのLX2だった。ところが、これが入手不能! どこも品物がなく、生産中止とのこと。しかも同等の後継機はどう考えても夏までは......。探し探して某所でようやくポッチッとな。昨年秋の相場に比べるとちょっと高めになったけど、現状オークションの中古で同価格だからいいとしよう。
それにしてもナショナルの製品を買ったのは1982年のdbxユニット(分かる人は分かる)以来だな。パッケージを開けて感動。なんだかモノを買って感動したのは久しぶりのような気がする。さて、さっそく写真をとゴソゴソしてバッテリーの充電開始。・・・待てよ、被写体がこのカメラなんだからそのバッテリーを充電してどうする(^_^;)
てわけで、役不足の他のカメラで記念写真。使用した感想は後日ね。

梅見物

春らしい陽射しに誘われて、ふらっと梅を見に出かけてみました。
まあ、時間があれば水戸まで行くんだけど、今回は都内の湯島天神。
やっぱ天神様といえば梅なんだなあ・・・うん。

07yushimaume1.jpg暖冬のために、この時期では既に遅かったらしく、大半の梅はすでに花を落としていましたね。けどまだまだ頑張ってる木も多かったので、そこそこ満足いく花の数ではあったけどね。けど、久しぶりにコンパクトデジカメを使ったので、いい梅の写真とはいかなかったなあ。まあ、なんだか梅らしきものには見えるかな・・・07yushimaume2.jpg

天気が良かったからか凄い人。境内には絵馬がつり下げられていたけど、これまた凄い数で迫る煩悩の固まりオンパレード。なにせ「梅祭」期間中なので、沢山の出店と催し物の特設ステージ、庭には平家物語を語る琵琶法師?もいましたね。えぞりすと同じく、にわかカメラマンも多くて、良い写真スポットは奪いあい。一眼レフ持ってくれば良かったと少し後悔。でもフィルムで撮っていい写真無ければさらに後悔は深いかもね。07yushimaume3.jpg異常気象ならではの写真が左端。広葉樹の鮮やかな緑をバックで梅の花なんて、とっても変だわね。半月と梅とか、言うこと聞かないデジカメを騙してのマクロ撮影とかもやってみました。この後、歩いて秋葉原のヨドバシカメラへ行ったんだけど、無性に新しいカメラが欲しくなってしまいましたわ(笑)。昼からは強風が吹いてどんどん寒くなってしまったので、春って雰囲気じゃなくなったけど、まあ良い目の保養になりました。

次は桜だね。どこに行こうかな〜♪

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

むぎ

mugi.jpgちょっと前だが、天気が良いのでブラブラと散歩にでかけた。すると日頃は気にならなかったのだが、大通りに面しながらも、ぽっかりと空が見える空間が... こ、これはビックリ麦畑。えぞりすが住んでいる所は文化的過疎地だが、物理的な過疎地とは違うはず。むむ。何でこんな所にというのも驚きだが、何でこの季節にこんなに穂が出てる?
 この写真の一週間後、さらにビックリなことに麦はすべて刈り取られてた。穂は出てたものの収穫には早すぎるはず。一体何に使うための栽培だったのだろう??しかも土地の高いこんな所に植えて、何のメリットがあるんだろう?謎だわ〜

想像力とモラルの喪失

 今朝の新聞を見たら社会面の下に各企業の謝罪広告がどかっと並んでいる。思わず「なんじゃこいつら!」だ。不二家や関西テレビのでっかい不祥事の陰に、「こっそり出すなら今のうち」の懺悔。見るだけでむかつく。経営拡大による大量生産が続くと、繰り返しの業務に流されて、いつのまにか食品製造に携わる人たちは食品を届けるという自覚を無くす。その時彼らの目には1個1個の製品は単なる「もの」なわけで、きっと自社製品を誇ることも食べることも無縁なんだろう。自分達が送り出した製品が、その先でどうなって、どういう評価を受けるのか。売れることが評価だと勘違いして、目先の現象を分析するだけの企業人は、そんなことを考える想像力が無いようだ。もし彼らが「想像力ぐらいある」と言うなら「モラルが無い」のだ。まあ両方無いけどね。それを食べる人たちにも「想像力が無い」と言おう。もしあるなら、ほとんどの加工食品は原材料名を見たら口に入れるのをためらうはず。原材料に書かれたものが理解不能と逃げる人は恥の上塗りなだけ。調べればすぐ判る。もし製品に表示が無いなら最初から購入拒否が基本。手に入るのがそれだけだからと諦めたり、テレビでやってたからと自分に都合の良い部分だけ見ては飛びつく。それが口八丁手八丁に長けた中身の醜い企業をますます増長させる。不二家の問題で「賞味期限ぐらいでなぜ騒ぐ」という消費者がいるのにはただただ呆れるばかり。

 食べ物はそれが人を生かす。自分を構成する原料。そのもっとも基本的なことを平気で疎かにできる日本人の間で、食より遥かに優先度の低い「モラル」が疎かにされるのは当然だろう。そして衰退に向かう現実も、当然の成り行きだ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

不祥事の反応

大騒ぎになった「あるある」のでっちあげ事件。
なんとも問題の重大性を認識出来てるとは思えぬ関西テレビの経営陣を始めとして、フジテレビの責任逃れ発言やら番組制作会社の質、鬼の首をとったようなテレビ朝日の報道を見るにつけ、やっぱりテレビ屋も地に落ちたなあと思えてしまう。
 これまでにマスコミがどんな力を持ちどういう動きをしてきたか。先の大戦、オウム事件、イラク。ちょっと引いて見ればマスコミ、そしてテレビというメディアの実態は明らかだ。なのにテレビは庶民の味方だとか、カルチャーだと口にする人があまりに多いのにはただただ驚くばかり。うちの親も私の言うことより「テレビで言ってた」と、そちらを信じる。そんな親に「戦争の時、新聞やラジオの言うことにどれだけ騙された?」と聞いてみると、「それはよく判ってる」と言う。この学習能力の欠如した国で、昔と今のマスコミは全然違うと根拠もなく思ってる人。多分ほとんどそうなんだろう。
 NHKを除いて、テレビ局経営のほとんどが広告収入で成り立つ。つまり広告主がお客さま。視聴者がお客さまだと考えるのは視聴者だけ。彼らにとって視聴者は、お客さまを繋ぎ止めるための数字なわけだ。今回の騒動でその力関係がよく判る。独占スポンサーだった花王は「広告主として日ごろから信頼性のある番組であることを要望しており、今回のことは極めて遺憾。その後の後継番組に関しては何とも申し上げられません」と被害者であることを強調するコメントを出して早々に撤退。だがここで考えて欲しい。「広告主として日ごろから信頼性のある番組であることを要望して」いたはずの彼らから、なぜ被害にあった視聴者に対して一言無いのだろう?どういう経過であれ、そういう番組に資金を流してたのは花王だ。さらにテレビ局と広告主の間に吸い付いて利益を得ながら視聴率を武器に制作サイドを煽った広告代理店。私には、どうしても彼らに同様の社会的責任があるはずだと思えるのだが。そしてその部分をマスコミが問題として取り上げないのは何故なのかは、ちょっと考えればお判りいただけると思う。その先にもさらに色々な疑問点を見い出すことが出来る。まあそれはいずれの機会に。

 マスコミが向く方向はあくまで「お金をくれる人」。そして「お金をくれる人」を世間に告知するのが仕事。「お金をくれる人」が、直接お客さんにしてる人たちのほとんどは、そういったマスコミが自分の役に立つ存在だと妄信的に思い込んでいる。マスコミ役立ちの尺度はほぼ視聴率や聴取率だけ。さて、この中で誰が賢くなれば現状を変えられるでしょうか?
 番組の内容が何であれ、テレビはあくまでもテレビ。万能の知恵を授けてくれる神様とは違う。そして彼らは、常に人の不幸を食い物にし、いざとなれば平気で人を騙すことを我々は頭に入れておかねばならんのだな。

12年

あれからもうそんなに経ったのかぁ・・・
炎上する神戸の街をテレビで見ながら、でも関東にいる自分は何も出来なかった。両親の無事が確認出来るまで3日かかったし、救援に行くにも交通手段の確保不能。大規模災害に直面した時の個人は、あまりに無力なのだ。小さな頃は先の戦争での大空襲の話しをよく聞かせてくれた親が、いまでは震災の話ばかり。さしたる被害がなかったわが実家でさえこれだから、崩れる家の中にいた人はどんなに恐ろしかっただろうか。あれからいくつも大災害を経験しながらも、いまだ政に活かせぬ国。騒がれた耐震偽装問題も結局うやむやのままにされ、関係者は全員万死に値する重い罪のはずだが、これまたトカゲの尻尾切りで終わる神経が信じがたい。だからまた同じことが起きるわけだ。日本は世界で有数の自然災害発生地域。国家や改憲を声高に論じるのなら、外国の脅威で民衆を煽る前に、遥かに起こる確率が高く、起これば間違いなく戦争並に犠牲者が出る自然災害に対して、万事を備えた国造りをなぜ先に考えないのだろう。それこそがこの国に必要な国防だと思うのだが。

裏切りのペコちゃん

不二家フランスキャラメルのパッケージ子供のころからペコちゃんのお菓子には絶対の信頼を持ってた。よい子にしてると母親が戸棚から出してくれたのが左の「不二家フランスキャラメル」。知ってる人いるかなあ?森永オアシスと共にえぞりすにとっては2大キャラメル勢力だった。森永のミルクキャラメルとか明治のクリームキャラメルよりも珍しかったし。そんな子供の頃の刷り込みからか、全国各地でファミレスの出店競争が繰り広げられてた80年代中期には、わざわざ一番遠くにある不二家レストランまで車を飛ばしたもんだ。軽井沢で喫茶店をやってた時も、自家製ケーキの競争相手は旧軽の不二家だった。
 6年前に血迷った老舗の雪印がびっくりな体質を曝してあっという間に墜落したのを見てたはずだ。だから隠したのか? 不二家の埼玉工場が出荷してた期限切れ材料を使った製品の数々にはあきれ返るばかり。11月には社内で問題視されてたのに、今日まで世間に隠してたとか。クリスマスから年始にかけての掻き入れ時を失いたくなかったわけだ。商品を買うのは金を運ぶ「消費者」であって、不二家を選んでいた「客」ではなかったんだね。お金を数えるだけの幹部達にとっては。
 実はえぞりすの棲む町の駅前にも不二家がある。6年前に越してきた頃に数回ケーキを買った。毎回スポンジはバサバサで生クリームは固くて、それはすでに善き頃の不二家のケーキではなかった... 店だけの問題かと思ってたんだがなあ。販売指導や管理するのは本社だろうし、あの時点では、もう全てがそういう体質になってたんだね。

 残念ながら現時点の対応を見る限り、この企業もここまで。まるで幼い頃の思い出を預かってくれてるような感覚でいつもペコちゃんを眺めてたのに...残念。

 甘くてやわらかなものには悪い虫がつきやすいんだね。

抜け毛の季節

昨年夏以降、がぜん絶好調で髪の毛消滅中。
髪はなが〜い友達なのに。。。。

たぶん、恐らく、いや間違いなく、すでに頭頂部は焼き畑農業で砂漠化したアマゾン川流域。加速的に進んでおり手がつけられません。ナバホ族のシャンプーとか、リーブ21の怪しい毛糸編み男とかが同じ悩みに苦しむ人々を食い物にしておるのを尻目に、えぞりすとしては最後の1本になるまで、無農薬有機栽培を続けるつもりです。合鴨も放してみようかしら。
年頭にあたり、私の頭頂部にまだお住いの皆さんとの、悲しい決別の覚悟を決めた次第。いよいよならばいっそスキンヘッドで真理を説くとか、スタトレごっこをするのも一興かと。
ヒゲは濃くなるのにどうして頭は薄くなるの?

だれかおしえて

今年は?よろしくお願い致します

明けましておめでとうございます。
いやあ2007年ですなあ。と、ワケ分からんながら半分ヤケになって感動してます。だって学生の頃、21世紀の、しかもこんなトコロまで生きて来た自分を全く想像できなかったし、現実の「現在」はずっと先のSF的未来に非ず、時間に流されてここに到り。見回すとえぞりすの周りを含めて、なかなかに厳しいもんねえ。こりゃとても想像出来んわってぐらい悪い世の中になっちまったしなあ。

でも・・・。

えぞりすも、今年はいろいろな意味でも再出発の年かなあと本能的に感じてますわ。
で、年頭にあたり、3つの誓い。

1. 5キロ以上痩せます。
2. 地球放浪記を全面改訂します。
3. このブログも4月までに軌道へ再投入後正式運用します。

どうだい。小市民的謙虚な誓いだろ。
人間欲張るとしっぺ返し食らうからね(何か違う)。
ホントは山のように言いたい事があるんだが、文章力が喫水線ギリギリだわ。

んな、ふとっちょえぞりすを、今年も適当によろしくお願いいたしますです。

世代は変わる

kanban.jpg12月になってしまった。何だか知らんが、やっぱり年齢と共に1年の時間が加速している。体感的な時間の早さはその人の経験年齢と比例するらしいけど、確かにたとえば自分の学生時代の長さと甥や姪が学生であった期間とは圧倒的な差があるように思える。今、学生をやったらどんな感じだろうなあ?
 この一、二年の訃報には、その昔、自分が影響を受けた人が名前を連ねている。木下順二、実相寺昭雄、宮内国郎、宮川 泰、伊福部昭、ポール・モーリア、アルフレッド・ハウゼ、アルフレッド・リード、フレデリック・フェネル、甲斐智枝美、灰谷健次郎、ロバート・ワイズ、ジャック・パランス、岡田眞澄、仲谷昇、武藤礼子、鈴置洋孝、戸谷公次、斎藤茂太。武藤さんや戸谷さんは小さい頃アニメでお世話になり、8年ほど前に仕事をご一緒したことも。鈴置洋孝さんの芝居も地味だけど好きだったなあ。実相寺氏の作品には随分衝撃を受けたし(怪奇大作戦「京都買います」が秀逸)、宮川氏の作曲法は高校時代に随分研究したもんだ。多少はともかく、芸術関係で人に影響を与えることができる人というのはすごいと思う。子どもがいない自分は、生きる事でこれからの誰かに、得たものや創り出したものを一つでも残すことが出来るだろうか。生きた証が墓石だけなんて寂しすぎるし、それってきっと本来の目的をまっとう出来なかった人生なんだろうね。知った名前の方の訃報を聞く度にどんどん追い詰められていくような気がする。

冬がくる前に

ハット気が付くと日は暮れている。そりゃそうだろう、冬至まであと1ヶ月無いんだもん。

さて、今日10年使ったウォーターベッドを廃棄。業者が引き取りに来ました。
このところ寝心地が悪くて熟睡出来なくなったのと、年中ヒーターが必要なので、電気代などの維持コストがかかりすぎる事。さらに製造メーカーが知らん間にウォーターベッドから撤退していたので、近々メンテができなくなるのが廃棄理由。で、パッドから水を抜き、防水シートとかを外すと、なんと下のスポンジにカビがびっしり。こら身体壊すわなあ。謎のアレルギーとかくしゃみとか、意味もなく回る空気清浄機はこのせいだった可能性が濃厚。撤去と廃棄の料金は20,000円。
またまた出費が・・・

いやいやまったく

 人民の偉大なる将軍様のご指導の下で、核爆発の実験を行なった北朝鮮。昨日は午後以降そのニュースばかりで、ただただまくし立てる内容は今にもミサイルが降ってきそうな勢い。わたしゃ暴発するあの国より、すぐ暴走する覇権主義アメリカ帝国の方がよっぽど恐いと思ってるが、今度のことで日本の向かう方向がそのアメリカとの力関係でますますおかしくっていくであろうことが目に見えているのが、また恐い。
戦前、日本が植民地拡大によって力をつける事を恐れた列強国が、包囲網を引いて経済封鎖を行なったために、この国は悲惨な事になったわけだが、国論、世論がそういう方向に向かったからの結果であって、決して指導者たる一部軍人や政治家だけが裁かれておしまいでは本来なかったはず。
その部分が放置された結果とは考えたくはないが、最近の世論を覗いて見ると、あの頃のムードと同じ空気がいつのまにか国中を漂っているように感じてしまう(あの時代に生きていた戦争経験者の話を聞いた結果の類推なのだが)。当時とは比較にならないマス・メディアの影響。それを疑いなく盲信する人がどれほど多いかは、何かの番組で特集が組まれた翌日に、全国の店舗からその商品が一斉に消える現実を見ても分かること。

 「なぜ今こういう状況なのか?」あらゆる要素を分析して見極めるべき、今後50年を占う重要な節目時期にさしかかっているように思うのはえぞりすだけだろうか。明治以前の日本は物事の真髄を見極めること自体が文化になっていた国だ。その善き民族の伝統は何処へいってしまったのだろう。

10月

しとしとしとしとと雨が続く。
西は梅雨から台風やらなにやらで、ずっと降ってるようなイメージがあるし。今年、日照時間めちゃくちゃ短いと思うんだけど、米は大丈夫かしら? また他の国にハズカシゲもなく、無心に行くつもりじゃなかろうな。いざとなったら、米余りの昔に琵琶湖に沈めたのがあるから、引き上げて使うのも一興。
この国の食が非常に危険な状態なのは、実は誰もが知っていて知らんふりをしているだけだと思うが、もはや、添加物やらが介在せぬことには食が成り立たないところまで来ていることは、コンビニなんかに10月ということで新しくお目見えしているものを見れば分かるよね。分からないと言う人は勉強した方が良いよ。ホント。
確かにまともなものもある。でもそれを手に入れるには、ものすごく運が良いとか、何気にお金持ちだっていう条件が必要なんだよなあ。貧乏人は麦を食えとか言って首が飛んだおっさんもかつていたようだけど、今、麦なら喜んでもらうな。もちろんジャブジャブに農薬漬の可能性があるけどね。

食と教育。人の基礎であり国の基礎なんだがなあ。
なんせこれから「美しい日本」目指すそうだから、この国の役人は待ってましたと金だけ絞り取って、あちこちでいろんな張りぼて作るので大忙しになるよ。物事の神髄を見極められる政治や役人はこの国では未来永劫あり得なさそうだな。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

国際福祉機器展2006

一昨日と昨日、関わっているプロジェクトの関係で、東京ビッグサイトまで覗きに行ってまいりました。

恥ずかしながらえぞりすは福祉関係の現状について疎く、どっぷりとこの世界を見るのは初めて。行って驚いたのは、大企業から小さな団体までが実に様々なアイデアで製品をつくり出していること。介護用品から見守りシステム、車や電化製品に至るまで、目からうろこの発想の数々にひたすら感心しました。サンダーバード顔負けのメカもありました。車イスなんかも、カッコイイ機能がついたのがいっぱい。それにしても電動車イスって、結構スピード出るんですねえ。会場へ向かう途中、車イスの暴走族が人混みの中をすり抜けて行く。あれがOKで、なぜセグウェイが公道を手軽に走れないのか、日本の不思議ではありますが。それにしても先を見渡せば、今後ますます発展するであろうこの分野、一般の健常者だからこそ是非こういったところを見て、いろいろ感じとって欲しいところです。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

死屍累々

iPodで使っていたSONYのN・U・D・E MDR-E484(たしか何か呼び名がついてた思う。NUDEなんとやら〜まあインナーイヤータイプのヘッドフォンなんですが)。3月から外皮が劣化を始め、リード線むき出しが各所。ビニテ等で補修しながらしぶとく使うも、本日ついにLchダウン。リード線むき出し部分は1/4におよび、断線箇所も分からずじまいで、墓場逝きと決定しました。何でも取り置きしてるえぞりすは、これの説明書と保証書を発見。どうも'88年末発売らしい。18年の命かあ。でもこれ、このタイプと値段にしてはうまい音作りしてて、聴き疲れしにくいし、ただ音楽を聴くのに重宝しました。買い替えるつもりもなかったし、使えるものなら永遠にでも使っていたでしょうな。
で、しかたがないので、その先代の物置で眠っていたN・U・D・E-CD(TURBOII)MDR-E282、っつのを掘り起こしてきました。上記のヘッドフォンを買ってから、ずっと眠っていたので18年熟成ものです。巻き取りケースを開けてコードに触るとすでに被覆線は謎の液体をまとっており、耳元のプラスチック部分はモロモロと崩れて、「おまえは砂漠から出土したミイラかい」と思わず突っ込んでしまいました。なもんでついでにこれも墓場逝き。取り置きしていた(するか)取説をみると85年製ですな。CDが爆発的に普及を始めた頃で、当時流行った線細目ワイドレンジの代物。弦が綺麗で好きでしたが、ああご愁傷様。

iPodについてるヘッドフォンはまあ、使えるといえば使えるが、やっぱかなり辛い音ですわ・・・財政難なので我慢します。
ああ、80年代現役選手が少なくなったなあ・・・・

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

VodafoneはSoftbankへ

テレビでCI広告が始まったねえ。
その昔、ちょっとお洒落にVodafoneを買った人には屈辱的なCM。
民衆は従えと言わんばかりに
VodafoneのロゴがSoftbankのロゴへ変わって行く。

社名が変わるのは許容するけれど、変わって良かったと思わせる、
もちょっと頭のいい広告戦略立てなきゃねえ。
ああ、そう言や電話系のCMって不思議な程どこも最近煮詰まってるなあ。

非携帯三原則を貫くえぞりすとしては、今のところどーでもいいんだけど。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

今度は関節

先週の土曜あたりから風邪かなあと思っていたんだけど、その症状の一つである体中の関節の痛みだけがドンドンスケールアップして、水曜朝現在、とうとうまともに立てず、力もかけられずだ。全く動かなければ何ともないんだけどなあ。手足の指関節まで痛いが、手指はまだキーボードを打てるのでいいとして、問題は膝と踝と肘と肩だ。むーん。何の病気拾ってきたんだ今度は?

ちゃりんこおばちゃん

全く傍若無人である。最近とみに多くなってきている気がするのは気のせいだろうか?
おばちゃん限定で文句を言うのはいかんけど、歩道を爆走してきて、歩行者が避けるのを当然と思ってるヤツが多い。避けなきゃチリリン攻撃だ。だいたい警察は、自転車だって軽車両なんだから歩行者妨害や安全運転義務違反の罰金をもっと積極的に取るべきだと思うよ。それ以前に自転車が走っていい歩道と駄目な歩道とが混在して区別がつかないってのが問題では? 暴走自転車は車道でベンツあたりに堂々と突っ込んで玉砕してこそ価値があるというもの。

などと過激に思ってしまうのは、今日、郵便局へ荷物を送りに行って、危うく自分が天国送りになるところだったから。原因はおばちゃんのアブナイ自転車だ。凶暴な暴走を避けて車道へ飛び出してしまったところへトラックが後ろからブーンと・・・。まあ、こうやってblog書いてるんだから何もなかったんだけどね。おばちゃんはそのまま月光仮面の様に走り去ったよ。後ろのかごからビローンと長いビニールを数メートルなびかせながら。と、次の瞬間、風にあおられてそのビニールが飛んで出た。ヒラヒラヒラ〜 着地したのを見たらそれは雨の日に店なんかの入口においてある濡れた傘用のビニール袋。おばちゃんこんなに大量に持ち帰って何する気だったんだろうねえ?

ストレス食い

昨日からの体中の皮膚が痛い状況は今日も続き、起きていても神経集中はおろか、まともに座ってるのも辛いので寝っ転がるのだが、そうすると別のところが痛くてまた起き上がって・・・で、意識を失えばいいようなもんだが、それも難しいので、どうせ起きてるなら「なにかせねばー」と気ばっかりあせる→何も出来ん。そして陥るのがストレス食い。これがえぞりすが激太りした諸元なのだが、いまだに時々やっちまう。最近はさすがに、食べてもカロリーになりにくいスルメとか寒天とかで誤魔化すことが多いからか、体重に影響はほぼなしだが・・・
しかし、今日は興味深い実験を一つ。ここ最近人気のある高濃度チョコレート。これの比較検証をやって見た(するなよ)。ちなみにえぞりすは例の99%チョコ、全く平気なんだよね。人に言うと結構変態扱いされるけど。あれはチョコとしてたべるのではなくて、ワインの肴なんかに良いよ。それだけつまんでると、無性にお酒が欲しくなるんだわ。不思議だねえ。。。って、えぞりすだけか?

さて、比べたのは人の食える限界と噂されている86%製品にて。
まずはメイド・イン・スイスのリンツ社。これは85%なんだがまあいいや。基本的に値段が高いし、本場スイス製なのでおいしいかと思いきや、意外とザラザラ粉っぽくて、チョコと言うよりココアの固まったヤツ。芸もお世辞も出なくて、粉末にして薬と言えば多分誰も気付かんだろう。
次に明治のチョコレート効果86%。リンツよりは滑らかだし、チョコレートの風味がある。リンツはチョコ風味以前になんだか動物臭かったからなあ。しかし、粉っぽさはまだあって、食えるが、それ以上でもそれ以下でもといったところ。まあ、入っているものとかをみると当然かも。
そして最後はロッテの出番だ。これも85%だね、カカオの恵。一口食ってあれ?完全に普通のチョコレートの延長線上にある味。甘さ劇小、苦味は強めだけど、普通に食べれてしまう。「こういうのって絶対おかしい」と天の邪鬼えぞりすは早速調べて見る。
明治は一箱65gでポリフェノール2100mg含有・エネルギー381kcal。
ロッテは一箱83gでポリフェノール1900mg含有・エネルギー495kcal。
1グラムあたり換算にすると・・・
ポリフェノールは明治32.3mg、ロッテ22.9mg。
脂質は明治が0.41g。ロッテは0.52g。
カロリーは明治5.86kcal、ロッテ5.96kcalだ。
あれれ?カロリーはあまり変わらないけれど、ポリフェノール量が全然違うじゃん。
さらに脂質量がかなり違うのにカロリーがほぼ同じなのもおかしいよなあ。
結論、ロッテは大量の乳化剤やココアバター、砂糖で味を誤魔化した重視の作り。
明治は本来の目的(沢山のカカオ入り)通り、舌触りを良くする乳化剤や味を整える砂糖等は極力避けて機能食に徹しているっぽい。リンツはパッケージ捨てちゃったので比較出来なかった〜残念。結論!同じ量ならどれを食べてもブタる度合いは同じだが、ポリフェノールは明治のほうが沢山とれるね。けど、86%チョコの味がすでに神の領域だと思っている方はロッテならなんとか食えるかと思うのでそちらを奨めます。
さらに28度の室内。ロッテは変化なしだけど、明治は少し柔らかめに。このあたりの違いはやはり含有物の割合の問題っぽいね。あとは対価格比だな。そのあたりは皆さん、スーパーで比べて見て下され。

痛い!

恐らく風邪の影響だと思うんだけど、体中の皮膚がじりじりと痛い。
触るとか撫でるとかはもちろん、動くと着てるものが擦れて痛いし、横になると、下になった全面が・・・ちょうど、海に行って焼き過ぎた背中のような感じ。薬の副作用か、知らぬ間に放射線被爆でもしたんではなかろうかとか想像はするものの、原因は不明。じっと座るのも辛いのだが、横になるとそれはまた痛くてゆっくりと休むことも出来ず。なんなんだ〜

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

定期検診

先々週受けた検診の結果を聞きに。

まあ、ご存知の通り激太りしたえぞりすだけど、担当の医者も糖尿病やら脂肪肝やらを予測しており、かなりトンデモナイ数字が出てくるのではと期待?していたのか、若干のオーバー値はあるものの、全体的な数字が意外なほど正常なのに驚いていた・・・
治療のしがいがなくてすまん。

とはいうものの、木曜日から続く風邪によるひどい悪寒と節々の痛みでくたばりかけているので、薬は沢山いただきました。。。
ううううう早く寝よう。ブルブルブル・・・寒い。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

防災の日

久々、所用で都心に。
行きの電車で偶然うまく座れたので、そのまま傘を抱いてうとうとし始めたら、
いきなり、すぐ近くでドンドンドンとすごい音。

何?

いつの間にか、扉のところで30ぐらいの兄ちゃんがその場飛びをしていた。
威勢よく走ってる電車内で、加速中、減速中、横揺れ等に関係なく、彼は飛び続けた。
周りの人は奇異な目で見ているし、私もその一人なのだが、
この不安定な床に対して、どこにも捉まらずに、しかもブレずにその場飛びを続けるって、
たぶんすごく難しい。
何者だこいつ・・・

10分ほど飛び続けて、彼は電車を降りて行った。

私はすっかり眠気が飛んでしまった。。。。

この沿線では昔からよく妙な乗客に出合う。
土地柄なのか?それともえぞりすが引き寄せるのか?

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

さよなら冥王星

1930年というから発見から76年。太陽系の惑星の中でもっとも神秘的だった冥王星。1978年には衛星(カロン)を持つことが確認され、今更太陽系惑星群から除外されるとは夢にも思わなかった。当時新しい希望を持つべき惑星に、プルート(冥王・ギリシャ神話では冥府の王ハデス)の名前がついたのも、大恐慌から大戦へとひた走る世界情勢が大いに影響したかららしいが、その頃とあまりに似通ったこの情勢の中、今度は小さな仲間達と共にうち捨てられるのも「冥王」故なのだろうか。つい最近もニクス、ヒドラの2衛星が発見されており、今年初めには2015年に到達する冥王星探査機も打ち上げられた。そんな動きがある度にえぞりすがワクワクするのは、小さい頃見た宇宙もののSFまんがに、必ず太陽系の境界線として冥王星が登場していたからだと思う。宇宙戦艦ヤマトに至っては地球環境を変える遊星爆弾打ち上げのために敵ガミラスが前線基地を置いており、大きな海やら原住生物まで存在した。
宇宙現象によくある「あるんは確かやが何なんか分からんぜよ」といった状況は、人が持つ哲学感や宗教観の諸元的な認識と一致するし、かのカール・セーガン博士が惑星や地球外生物探査に懸命だったのも、そのあたりに根があるように思う。求め学び続ける事でこそ他の中の自己を追及出来るというフロンティアスピリットが冥王星の発見につながったのだろうし、今度の矮惑星への降格もやはり追究の結果だった。
 人間の都合で持ち上げられたり放り出されたりすることなど関係なく、逆に人間営みから乖離した空間を悠々と進み続けるこの星は、発見から現在までの時間で太陽の周りをやっと1/3回ったに過ぎない。宇宙を知ろうとする人間と宇宙が持つ時間概念とがいかにかけ離れているか。こういった絶望的な存在の違いに人は神を見るのだろう。探査機が何を送ってくるのかが待ち遠しい。

おつむの検査

脳みその検査してきました。
MRIの中に頭を突っ込むと、ものすごい音。
しかも合間にシュッ コン シュッ コン シュッ コン と
これって蒸気機関で動いてるのか?と思ってしまった。

約40分ガマンの末開放され、すぐそのあとに主治医が来て、
早速端末で画像を呼び出して見せてくれました。
すっごーい。脳みそ内の血管だけが三次元化されて、
それをグルグル回して見ながら解説。昔、葉脈標本ってのが流行ったなあ...
思い出したよ、あれはほぼ二次元だったけど。
で、なんでもえぞりすは普通の人と違って、脳みそ内の血管が極端に右側に寄ってるんだと。
ああ、確かに血管の密度が違うし、大静脈は大きく右に蛇行してる。
民族主義者にされてしまうので、間違っても大きな声で「頭が右寄り」なんて言わないでね。

結論からいけば、先日のCTとあわせて見ても、外科的な問題は無し。
とっても良い脳みそ?だと褒めていただきもしました。
ああそうだよ、入れ物は良くても入ってるものが駄目なんだよ。

てなわけで、今後さらに調査は続くってことに。。。。次は何が出るのかなあ〜

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

とうとうでたな

幽霊の話とはほど遠いが、Mac Proが出た。

ああああああこのネーミングだけは避けて欲しかったわい。
はずかしくて公の場で口にするのもはばかられるぐらいきびしい。
しかも相変わらずでかい。

まあ、性能的には予想通りだったので、驚きは感じない。
G5が出た時もこのタイミングでは、いらん!といっていたが、
約4ヶ月後に購入しちまったからなあ。
でも、今回は大丈夫。先立つモノがまったくゼロなので、
逆さに振っても買えません。
なので、あと最低2年半はG5現役ですわ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

ようやく夏本番?

noodle.jpg朝からメーラーを立ち上げていたら、来るわ来るわ、訳の分からんジャンクメール。薬やらロレックスやら格安ソフトやらを買え買えと英文で。しかも、どれもが内容で弾かれないように、本文をgifファイルにして添付してある。ううむ、処置無しだな。そろそろこのアドレスは捨てた方が良いかもなあ。

本日病院で検査。今回は外科的見地で見てもらっている。今のところ何も出ていないが、だんだん高度な検査に進んでいくので、何が出るやら。帰りにラーメン屋で遅いお昼ご飯。高カロリーだねえ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

プレミアムビール比べ

世の中まったくまともな食い物も飲み物も少なくなって、残念ながら合成味や味の素味で塗り固められたものをおいしいといっている人が大半だ。最近これにはホント驚いてる。食料自給率4割以下(公式発表だけど、ホントはもっとかなり低いだろ)のこの国では、何を食うにも先ず素材が最悪。もぎたてとか、収穫直後、有機野菜などといったものが全国民に行き渡るわけなく、普通のスーパーにあるのは工場でつくった形だけで栄養も本来の味も僅かなものや、少しましかと思ったら海外で薬品づけにして輸出してきたようなものばかり。どれも本来の味を生かせない素材だから、簡単な調理では食えたもんじゃなく、当然のように大量の調味料で誤魔化す。僅かにまともなものはあるが、まずほとんど流通しないし、口にするのは金持ちばかりだろう。ここ10年数々の市民運動が行われてきたが、結局状態は悪化を辿るばかり。日本の食文化は近々崩壊すると思う。国も政策責任は大きい。ビールの世界ももちろん同じで、プレミアムビールと呼ばれるものから第3のビールといわれる風発泡酒まで、ものすごい種類。えぞりす家では発泡酒は基本的に飲まないし、普通のビールにしても、米やら得体の知れない澱粉でつくられているのでまずい。それをまた強い炭酸で誤魔化しているのだから、メーカーの姿勢を疑ってしまう。
 今回たまたまプレミアムビールが我が家に勢ぞろいしたので、飲み比べをやってみた。意外な結果が出たよ。
比べた製品は以下の通り。
キリン・ブラウマイスター(ドイツの醸造職人の志がどうたらこうたら)
キリン・豊潤(瓶入りチルド)
プレミアム・モルツ(モンドセレクション2年連続金賞・ホップやら天然水やら)
サッポロ・エビス(本物志向・理想への志を感じるビール)
アサヒ・プライムタイム(今までにない新しい味わい)

それぞれ、コップに入れてから試飲。咽が渇いてて缶からグビグビ飲むなら発泡酒で充分。

結論
1位 キリン・豊潤(豊かな風味とコク。じっくりと味わうビール。この値段だから当然かも)
2位 アサヒ・プライムタイム(本場ドイツ・チェコ等の一般的ビールに近い、豊かなコク香り)
3位 サッポロ・エビス(国産で唯一の本格派と信じて長い間飲んできたがはっきり言ってこの程度かと驚き。)
4位 プレミアム・モルツ(モンドセレクションってどんな賞?苦さと炭酸刺激ばかり。ゴーヤの炭酸ジュースでも飲んだ方がましじゃ、まずい)
5位 キリン・ブラウマイスター(これがプレミアムかい!どんな神経しとるんじゃ。発泡酒だといわれれば我慢出来るけど)

コストパフォーマンスと本物志向を求めるなら、アサヒのプライムタイムと結論。
ドイツやチェコで飲むビールに比べて若干薄い感じがするけど、一番味や香り炭酸等がバランスよくじっくりと食事と一緒に飲むには持ってこい。けど、今の日本のビールしか飲んでない人が飲むと、??となるかも知れないとは思うけど。

将軍様の花火

今朝方飛ばしたらしい。5発。
そのうち4発はただのスカッドミサイルで、真ん中1発がでかい弾だったらしいが、空中爆発したとか。日本もアメリカも蜂の巣をつついたように朝から大騒ぎしているんだけど、6時間以上経っても「分析中」らしい。でっかいレーダーとか配備して警戒機もブンブン飛ばしてるんだから、すぐに分からんのかいと思うんだが、分かっていても、情報は操作してから発表が原則だからねえ。大本営発表の原稿作りにはもう少しかかるらしい。それにしてもアメリカの建国記念日にやるとは根性あるねえ〜。平和的人工衛星だったらしい前回のから8年になるんだなあ・・・さぞぶっ放したかったんだろう。だったら平和的なヤツをロスの沖合いあたりに一発落としてくれたら、決着は早いんだがなあ。でも、考えたら日本もつまずきながらもちょくちょくデカイの打ち上げてるから、あれって海外から見たら結構な脅威なんだろうね。小泉さんは面目丸つぶれで引退。9月以降どうなる事やら。。。

月日の経つのは・・・

げっ!6月もう終わりやんか。と思わず関西弁になってしまいます。そらあんた、今年半分杉田二郎ですから。これを焦らずに何を焦るのか。もうすぐぞろ目さえ終わってしまうではないか。

えぞりすはここのところ、某プロジェクトをボチボチ手伝ってたりする。そこで必要なのがえぞりすのカラスに並ぶ宿敵「Windows」だ。しかもDVD付きで動画再生できないといかん。そんなわけで、やむを得ず嫁リスをクルミ3個で買収し、パソを借りて作業を始めた。・・・が、このノートブックってば、とことん偏執狂的省電力で作られているからか、DVDドライブの野郎が暇を見つけてはすぐに座り込んでしまいやがる。そんなもんで頻繁にストップアンドゴーと細かなリピートを繰り返すこの作業は困難を極めたよ。ひどい時には静止した画像だけを残してさっさとドライブだけ落っこちて固まってやがる。頭にきたので外付けDVDドライブを購入。

今日到着したので早速試験・・・・・・・はや。
ドライブの回転音も聞こえないぐらい静かだわ。
たとえ、お休みしてても動かすと瞬時に応答するたくましさ。
ああ。テクノロジーの進歩にバンザイ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

絨毯爆撃

今朝から、このblogめがけて、大量のジャンクコメントが投稿されてくる。訪問歴には何も残っていないので、自動でデータだけ投げてくる攻撃らしい。1通ごとにIPアドレスや名前や記述内容を変えてくるので、こちらも徹底的にブロック対策をしたが、それでも1時間に1通ぐらいはすり抜けてくるヤツがある。どれも最近多いパターンのURLを羅列したもの。クリックするとたいてい薬サイトかアダルトサイトなのだが、そもそも半年近く前のblog記事にばかすかコメント入れても、見るヤツいるわけないのになあ。ただただ迷惑なだけだ。知り合いのサイトも多くがこの手の書き込みに攻撃されている。被害はレンタル掲示板や多く出回っているCGIで設置された掲示板ばかりに集中してるから、データを自動送出するソフトにそれぞれの書込みパターンを登録して動かしてるんだろな。ってなことを言ってるうちに、また1通来た。・・・不毛なことはやめてくれ〜

もこちゃん絶好調

うまうまもこちゃん謎の病で、左半身不随となったうちのハムスター。一時は真剣にどうなるかと思ったけど、薬を1週間飲んですっかり元気に。倒れる以前より元気なので、ちょっと驚いてます。薬は甘く作られているし、それをヨーグルトに溶かして飲ませるので、もこちゃんはとってもうまうまなおやつと思っているらしく、朝晩、時間になるとケージの入口で「おやつくれ〜」っと懸命のアピール。小さな注射器みたいなので少しずつ飲ませると、とてもシアワセそうなので、まあ結果オーライということでようやくひと安心。今ちょうど満2歳の彼は、ジャンガリアンハムスターとしては実は結構お年寄りなのだ。人間年齢にすると70歳ぐらいかな。そう言えば最近、時々だけど目をあけたまま微動だにせず、ぼけっ〜と黄昏てることがある。ハムスターの普通の行動からすると、こんな状態はあまりないので、もしや?っと、ちょっとドキッとしたりして。話に聞くと、5年や7年生きるジャンガリアンがいるらしい。そこまでは言わないけど、まだまだ元気に長生きして欲しいねえ。

移ろいゆく都会

昨日1年半ぶりに赤坂に出た。
前回もそうだったが、今回も1年半のブランクに驚くことばかり。
バス停が出来ていたり、老舗の洋食屋が無くなっていたり。だいたい飲食店の残る残らないにはどういう法則があるんだろう。何でここが残ってるの?というのがある反面、折角の穴場が。。。というのも多い。やくざの事務所なんて真っ先に無くなって欲しいのは最後まで残るんだろう。バブルがはじけて暫くはほとんど変化のなかった街が、ここ数年で急激に変わってるということは、やっぱり景気が回復してるって事なんだろう。でも世の中の活気感ってものを感じないんだよなあ。

これは・・・

インフォシークニュースをそこはかとなく眺めてたら

こんなの見つけてしまった。

・・・え”!

10月かあ。よし!明日宝くじ買いに行って、3億円当たったらオークションに参加しよう。
その前に、エンタープライズが入る部屋を用意しないとな。もちろん落とすならギャラクシー級ではなくて古いコンステレーション級の改造後型がいいなあ。

でも、長年保存してたから倉庫が溜まってたわけで、それを放出ということは、「もうスタトレはつくりまへん」ということなのか?パラマウントさん。それは悲しいなあ。そういや、カークとスポックのアカデミーでの青春時代を描くというあの構想はどうなったんだ?

分かる人しか分からんblogでスマン。

10周年

ワタクシえぞりすが「えぞりす」を名乗り出して10年が経過した。
購入まもないパソコンで、電話料金を気にしながらも始めたパソコン通信。ニフティサーブやらまつのゆやらを出入りするうちに、書き込むためのハンドルネームが必要になった。そこで「行動も体形もモソモソしたところもエゾリスにそっくり」と知り合いに言われていたのを思いだし、咄嗟に「名前:蝦夷栗鼠」とした。そう、最初は「蝦夷栗鼠」とパソコンが変換した漢字のままを使っていたんだわ。はっきり言って紙に鉛筆で絶対書けない難しい漢字。無理して覚えても・・・暴走族がコンクリの壁に夜露死苦とか書くのと変わらんな。ということでひらがなで定着化。1996年といえば、インターネット・携帯電話・PHSが爆発的に普及し出したIT元年。プリクラやミニ4駆、そしてエヴァンゲリオンにたまごっち。ひらがなのえぞりすがネットの世界を飛びまわり始めたのは、そういった世の中の動きに呼応したからなんだろうな。ezorisunosu.jpgwandering.jpg
そして、今と違っていろんなことに興味があったえぞりすは、やがて某サーバーに「えぞりすの巣」なるHPを作り住み着いた。その中の1コーナー「地球放浪記」がメインページになるのはさらにその2年後。あつかましく独自ドメインを取ったのはさらにその2年後だ
当時も今も行動は変わっていないかもしれない。体形は随分変わったけど。知らない国にまだまだ行きたいし。これから10年は人生仕上げの10年なんだよなあ。さてさて。どうなることやらだねえ。

母の日

carnation.jpgここ何年も意識したことがなかったのだが。。。今朝ドアを開けると、カーネーションの鉢がポンと置かれていた。新聞屋さんのプレゼントらしい。たまには親孝行しろと言うメッセージか。そりゃ少しは何かと思うモノの、距離も離れているし、照れ臭いし、なかなかねえ。折しも中学生時代からの友人よりメール。母親が脳卒中で半月前に倒れ、週末の度に東京から神戸へ帰っているらしい。未だに意識が戻らないとか。彼は今晩夜行バスの人。明日朝その足で出勤するというから辛い。せめてもの気持ちにこのカーネーションを。。。。

割れたよ

dvd.jpg昨年予約して、届いたまま放置されていた「ハウルの動く城」をやっと見る気になって、パッケージを開けた。半年寝かしていたからか、ディスクがケースのつめにがっちり固定されたまま固まっており、本編ディスクはどうやってもはずれないので、ちょっと力を入れて引っ張ったら。。。。。やったことある人なら分かると思うけど、CDやDVDって、故意に割ろうと思って少々曲げたぐらいではなかなか割れるもんじゃないんだが、これに限ってはいとも簡単にこの有り様だ。ディスクの材料の問題で脆かったのか?そうでないとしたら、なんでそんなに力入れても外れないような構造のケースなんだ?プレスした工場はどこだろうな。なんにしても、買って半年経ってるし、購入した証拠になる店の領収書もすでにないので諦めるしかないようだ。

そんなわけで、えぞりすは「ハウル」をいつになったら見られるのか?

やっと一巡

昨年夏ごろからiTunesに我が家にある全てのCDをリッピングし、重複する曲は削除した結果、7118曲でおよそ35GBの容量、総再生時間22日と1時間。クラシックが多いので曲数の割にトータル時間が伸びたな。さて、これを一通り一番最初から再生し始めたのが2月の5日。で、パソコンに向かっている時だけ再生を続けて、今日の夕方ようやくすべてを再生終了。5月の4日だからちょうど丸3ヶ月かかったわけだ。そして、その間パソコンに向かった時間が約529時間ということになる。日割り計算すると1日5.8時間。これってすごいのか、なんなのか・・・・

そして、その後もCDは増え続けたので、本日より追加リッピングを開始。
そうしていずれまた延々と終わらない闘いが。。。。

・・・・・・・なにやってんだ? えぞりす。

やっぱここいらの文明開化は遠い

お気に入りの店に限って必ずつぶれていくこの町。残る店は「ポリシーがない」か「品揃えセンスゼロ」が基本のこの町。そんな澱んだ日常にひとつの明かりが灯った。ウチのマンションの隣でコンビニが開店準備をはじめたのだ。でき上がっていく様子をみながら、「500m先にセブンイレブンがあるのでまずそれはないな。」「赤系だからローソンじゃないな」「AMPMだといいな」「miniストップも良いな」「ファミマだとオークション発送が便利だよ」「ナチュラルローソンでも出来たら凄いな」と、どんどん期待はエスカレート。しかし、完成の日、掲げられた看板はどよんと「○-○○K」!げえ、一番どうでもいいのが来たぞ。気を取り直して入ってみると冷蔵庫がひとつ空のままだ。「きっとおいしい出来たてチルドビールとか置くんだよ」期待していたけど半年後、そこはここいらの誰が買うのか知らないけど高級アイスクリームの巨大倉庫となった。すでに他にもアイスのコーナーはあるのに・・・

「あのー、クオカード使えますか?」 
店員「使えません」
むむ。。。

りす「隣、現金振り込みできるよね?」
りす嫁「キャッシュディスペンサー置いて無いよ」
げげ・・・

どうも、この時代に一般的な「コンビニの常識」に背を向けているらしい。いつ前を通っても人はまばらだし、夜中にはツナギ着たハエがぶんぶんたかってうるさいし。やっぱここいらにレベルをあわせたらこんなもんになるのか。でも、唯一便利だったのはクロネコの取り扱いがあったこと。なのでまあ、まだ許してた。

その後期待は再び膨らむ。合併で「○-○○K」が「○-○○K○○○○」になったからね。きっとテコ入れがあるぞ。

と、思ったらいきなり「ウチの系列はクロネコやめて民営化する郵政公社を応援します。」ときた。まあ、いいよ。ゆうパックの方が少し安くなるようだし。
で、この間初めて隣でゆうパックを発送しようと、郵便局でもらったゆうパック伝票に記入して貼り付け、よろよろとでかい荷物を4つ持ち込んだ。・・・そしたら。
店員「ウチ専用のゆうパック伝票に書き換えて下さい・・・・あれ?伝票伝票・・・・どこだっけ」
りす「・・・はぁ??・・・じゃあ、郵便局に持って行くからいいよ」・・・・よろよろと汗かきながらその足で郵便局へ。意地でも準備した伝票を書き直したくなかったのでね。
出て行くりすに店員が追い討ちを掛ける。「またお越し下さい」・・・誰が来るかい!
しかしおい、郵政公社。なぜこんなコンビニの横暴を許す?普通、郵便局にある正規のゆうパック伝票を使えない取次所ってありえねえだろ。どうも郵政公社は利益をあげるために、客サービス優先じゃなくて、集荷業務をやってくれる企業へのサービスを優先にしたようだ。まあ、いままで偉いさんの天下り先ばかり向いて仕事していたのだから、そう言う考えになるのはやむを得ないか。

荷物の取次所という最後の砦も崩れ、隣のコンビニは、すでに「行くだけ無駄」なコンビニと化している。

ああ、今日もまたボンタンはいたハエが群がってるな。

そう言う土地なのだ。

やっぱり、まっとうな店を期待したのが馬鹿だったよ。

ひとりごと

発表から1週間。ようやくAppleサイトのトップを飾るようになった17インチのMacBookPro。
えぞりす的に一言で言えば「猛烈に欲しいよ〜!!」
こう書いておけば気のいい誰かがくれるかも知れないし。。。。そう、書くのは自由だもん。
くれる人、17インチじゃなきゃいやだよ。

でもねえ。ひとつだけ気に入らないとこがある。・・・・「MacBookPro」

「MacBookPro」

そう、「MacBook」は百歩譲って耐えるとしても。。。。
後ろにProを付けるのはやめてくれぇ。


その昔、今ではすっかり衰退した某SONYが使い古してたネタだぜ。
ウォークマンProやらヌードproやら、デンスケproやらベータマックスproやら、ハイエイトproやらプロフィールpro。遠い昔に滅びて逝った、懐かしのネーミングね。
その、professionalでない人のマニア心をくすぐることをターゲットにし、かつ本当に使いたいprofessionalな人が思わず引いてしまう、Pro
・・・このネーミングのまずさに気付かないなど、リサーチに長けたAppleがやるはずがないのだが。
したがってこれは、確信犯です。

マシンの出来が良いだけに、いろいろ考えてしまう今日この頃。
ま、買えないし、買う理由も義理もないんだが。

でも。。。。

「猛烈に欲しいよ〜!!!」

うぬぬ

USEN光が100Mbpsに増速してから、かなり快適なネット生活を送らせてもらっていた。
しかし、数日前から突然異変が。重くてページがなかなか開かない。体感速度からしてあきらかにおかしいなと思って回線速度を測定したら、1.1Mbpsしか出ていないではないか。今までの平均が約40Mbpsだったので、これでは遅く感じるわけだ。そういや、先週NTTがマンション内でフレッツの回線工事やっていたな。遅くなった時期とぴったり一致。いったい何やったんだか。まったく・・・

いやいやAppleには

IntelMacが出てから、あちこちで囁かれていた「同じIntelチップなんだからWindowsも動くのでは?」。その疑問を聞きながら、世の中のMacヘビーユーザー達は「素人が全く」と思いつつも、「同じチップを使っていても全く違う動作処理をしているから無理だよ」と優しく答えていた、昨日までは・・・。数週間前に開かれたIntelMac上でWindowsを動かすためのコンテストで、あるグループが起動に成功。しかしながら非常にアクロバテックな技を使っており、実用に耐え得るものにはほど遠いので、まあすごいねえと言う程度で終わっていたのだ。が、昨日WindowsXPをまともに動くようにしたと発表があった。驚いたことに発表したのはApple自身。それを可能にするソフト「Boot Camp」はパブリックベータがすでに完成しており、次期MacOSに標準装備するというのだ。

Macに関しては古くからOSが先か本体が先かみたいな論争があり、大勢はOSありきという考えだった。実際互換機が登場し、OSのライセンス供給を行っていた時期もある。業績悪化で失敗したけどね。そう、いくら素晴らしくとも、悲しいかなOSだけでは儲からないのだ。だからいつもPC業界と一線を画し、独自の販売戦略で洗練された本体とOSがセットの「Mac」ブランドを売ってきた。個人的にはWindowsにすり寄るようで複雑だが、これでハードとしてのMacが売れることは確かだろう。しかしえぞりすは、あのOSXの将来に不安を感じる。いつも前進を続けて、創作心を刺激し続けてくれたMacOSという環境は果たしてどこへ行くのだろう。どんなに素晴らしいデザインと性能のパソコンがあっても、独善的なタコOSで作業するのだけは願い下げだ。

良いお天気で

この季節になると、春の香りがしてくる。部屋の中にいてもふっと気持ちが香りに惹かれていく。花の匂いなのか、中国から飛んでくる黄砂の匂いなのか分からんが。1月末ぐらいから香る年もあれば、3月に入ってからの年も。3月も終わり。あっという間に満開近くなった桜を眺めながらため息をつくのも近年続いてる春。考えたら、もう10年以上繰り返している気がする。ぼちぼちと次の旅支度を始める時期かもよ。

また無限ループ中

世の中には、インターネット用ブラウザが結構な種類ある。一番ユーザーが多いのはInternet Explorer。そして多勢に無勢状況だが新しい技術が入っている、Firefox・opera・Safari・Netscape・SunriseBrowser・iCab・シイラ等々。大多数のホームページはhtmlという「規格」に基づいて記述されているんだけど、もともと非常に曖昧な規格だったため、それをITバブルにのって各ブラウザ開発会社が独自判断と独自拡張で機能を追加して行った結果、同じタグ記述のhtml文書でも、実際に表示するブラウザによって全くといっていいほどデザインに違いが発生し、制作サイドとしてはえらい面倒くさい状況になってしまっているのである。W3Cってところが99年よりウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドラインや規格仕様書を勧告と言うかたちで出しているのだけど、これもバージョンが変わる度に内容の手直しが入るので、はっきりいって収拾不能状態だ。こんな状況に嫌気がさしたコンテンツ制作者サイドは、現状もっとも新しく、規格のしっかりしたXHTML1.1&CSS2という記述方法を忠実に守ったサイトを作り、あと「表示がおかしくなるのはブラウザのせい」と開き直る(笑)方向に動いている。それはもっともだと思うので、いざこれを実践してみると、もののみごとにあちこちむちゃくちゃになって悲惨。特にInternet Explorerは最新版でも3年以上前のブラウザなので、新しい規格にご機嫌斜め。で、仏心でまともに表示するような回避策をとってやると、他のまともな表示だったブラウザたちは総崩れ。それを直してもあるブラウザだけ崩壊が解決せず。で、また対策を練る。これを1日中延々と繰り返すことに。どうしても修正が難しいものは、やっぱりさっさと「規格遵守だ!」とか言って逃げでも打たねば、精神的におかしくなるよ。今もし、ひとつ願いが叶うなら、「世の中からInternet Explorerが消えるように」とお願いするだろうな。仕事でやってる人偉いなあ。

古いアプリは

Flashコンテンツを制作するソフトにAdobeのLivemotion2を使っている。買った当時はPhotoshopとか、同じAdobeソフトと親和性が良く、連携がしやすいだろうと思ってたんだが、買って1年ほどした頃、本家Macromediaに負けてこのソフトは早々と開発中止になってしまった(j_j)。そのAdobeがMacromediaを吸収してしまったんだから、まあなんとも複雑である。いずれFlashコンテンツを作るためにMacromediaの流れをくむ別のソフトを使うことになるんだろうだけど、やっぱりちょっと作業するために、つい使いやすい方をとってしまう悲しさと頭の固さ。しかしこいつ、新しいOSとの相性がそろそろ限界らしく、しばしばフリーズする。なんだか分からんが本格的に固まるわけでなくて、あちこちの機能がランダムに突然利かなくなるのだから始末が悪い。しかもFlashファイルを書き出すと、フォントデータを何MBも抱えたまま吐き出されるので、大した動きでなくても重すぎてネット上では......。 ううむ。Flash8って確か8万以上するんだよなあ。ああ、ベーシックってのが安く出てるんだ・・・むむ。

うにょ

1日CGIの開発で終わってしまった。状況はといえば、"日本語が不自由な以上に英語が不自由"みたいなもの。もいっぺん基礎教育からやり直しと言いたいところ。まだまだ壁はぶ厚い。
さて、今日は暖かかったからか、ものすごい勢いで桜が咲き始めている。関東は今週末が見ごろのようだ。昨年は4月の8日ぐらいが満開だったから、随分早いなあ。今年はどこへ出かけたもんか・・・

さて出品

今日はネットオークションに大量出品。1週間かけてぼちぼちと準備したんだが、ほとんどが8年ほど前発売の専門書。あとはこの間売り飛ばすことに決めたハードディスクとか、パソコンサプライ関連が少々。これだけ一度に出品するのは初めてだけど、残念ながら売り上げが期待できるにはほど遠いものばかり。売れたとしてもはっきり言って「捨てるよりまし」レベルなんだよ。でも準備していて思った。捨てるだけレベルの出品物に他人の興味を向けさせるために、いったいどれだけ労力を割いてることか。人件費や電気代を考えたら足出まくりだね。ポイと捨てた方が得なのは確か。だからエコロジーに貢献してるんだとか純粋にオークションを楽しんでるんだって気持ちでもなきゃやってられんぞ〜。
4,5年前は10年落ちが購入価格以上で売れたり、そこまでいかなくとも、使用年数を考えたら充分元が取れてるお宝系中古ものの出品が多かったんで楽しかったんだがな。これだけオークション人口が増えて、みんなが売買のコツを飲み込むようになると、ハードルは上がるばかり。それ以前にわが家のお宝物が底をついたというべきか。でもなあ、落札の場合も「しまった!」ってのを何度もやってしまってる・・・損はしてなくても、わざわざ急いでオークションで手に入れなくてもよかったのではとか・・・ね。きっと商才が無いんだろう。どうもついついサービス精神が出て、相手に得をさせすぎてしまう傾向がある。ぎりぎりの駆け引きになった時、気の小さなえぞりすはつい引いてしまうもんなあ。さてさて。来週末の結果が楽しみだね。

久々感動した

今朝、朝日新聞を読んでいたら「Google Earth」なるソフトを取り上げている記事を発見。前々から名前だけは知っていたのだが、前に「EarthBrowser」ってソフトを使ってて、こういっちゃなんだが、あまり大したことなかったので、まあ、それと同じようなもんだろうと、特に試すこともなかったのだ。記事を読む限り結構引きつけられるものがあったので、フリーバージョンをダウンロードしてさっそく試してみた。んまあこれがはまってしまったのなんの!「地球放浪記」なんて、ちんけなサイトを運営している関係もあって、パソコン上で地球を気楽にグルグル回して巡るように見られるものがあったら面白いのにとずっと前から考えていたのだが、世界各地全ての最新衛星写真を準備するだけでものすごい画像データ量だろうし、仮にそんな事が出来るにしても、あと何十年も先の夢物語だなと。ところが、これはまさに自分の思い描いていたものそのままだった。取りあえずグルグル回してみる。「ああ、確かに成田から直線で飛ぶとヘルシンキ近いわ。」とか言いながら。地図で見る世界と、球面上に展開する世界は雰囲気がだいぶ違うんだね。さて、これを手にしたら多分誰でも最初にやるだろうけど、自分の住んでいる場所探索。グルンと地球を回して日本上空。関東平野付近をどんどんクローズアップして行く。やがて市の名前が出てきて、さらにクローズアップを続けると、あ、●●駅だ。いつも鳩だらけの広場や●●●●ミュージアムが見える。そこから線路沿いに北上して2駅目が最寄り駅だ。駅前からいつも通る道をトレースして、自分のいるマンションに辿り着くことが出来た。裏の駐車場に車がたくさん止まっているのもはっきり分かる。最大倍率で小さな一軒家がなんとかってところまでOK。そして、そこからずーと引いて行くとマンションは町並みに飲み込まれ、やがて関東平野の一部となり、日本、さらに太平洋が地球を覆ってしまう。これでふらっと見ず知らずの国や街を訪れてみたり、海外旅行へ行く時はちょっとぐらい予習も出来そう。難を言えば、ある程度高速処理が出来るパソコンが必要なことと、現状日本語未対応なこと。きっと、いずれさらに高精細なものができるんだろう。ここでダウンロードして、是非遊んでみてください。世界観が変わります。

Vistaはまだか?

XPが世に出てから早4年。あの当時はセキュリティー対策万全の次世代OSとかなんとか言ってたな。出てきたのはいらんおせっかいだけがやたら目立つ、やっぱり使えぬヤツだった。エレガントなんて言葉を使ってた評論家もいたけどね。
ようやく出来の悪いからくり箱を卒業して、この年末には最先端の技術で武装した新OSが登場、古ーいしがらみから開放されて業界は大にぎわいのはず... だったけど、そううまくは......。MicrosoftはWindows Vistaの発売は来年以降に延期。しかも既存マシンでの使用可不可をどのあたりに定めるかを考えながらの開発なので、やむを得ず新機能の一部はガリガリと削られるらしい。合わせて発売予定だったoffice2007も発売が延びる。これはあくまでもアメリカでの話だから、日本ではローカライズの検証等でさらに遅くなる可能性が高い。Windowsユーザーは彼岸の彼方を夢見て、あと1年はウイルスやら穴だらけのセキュリティーにパッチをあて続けなきゃいかんようだ。この状況は今から10年近く前、Appleがそれまでの技術と決別して新しく練り直したOS8(コープランド)を開発していた頃とちょっと似ているかも。結局予算食いまくりで経営危機を招き、四方諸々どんずまりで実現せぬまま、OS8はそれまでのOSに改良を加えた全く別物として発売された。業界やユーザーの落胆は大きかったなあ。で、ClassicOSを卒業した現在のOSXリリースに至るまでにさらに5年の歳月が必要だった。あの頃とは比較にならない数のPCが稼働している2006年。今までのマシンで動くよう互換を取らなきゃブーイング。互換優先で驚くような機能が少なくてもブーイング。どっちにせよ穴だらけでブーイング。巨大になりすぎた企業に振り回されるユーザーの困惑は当分続くことになるようだ。

いてて

使ってるパソコンの本体が、机の下の足下右にある。この間、ボードを取り付けてから元の場所に戻した時、ほんの少し位置が足に近かったらしい。椅子に座ってからいつもの調子でキーボードに向かい、何気なく足を無意識に動かしたその次の瞬間、右足先に強烈な痛みが。アルミの塊G5を思いっ切り蹴り飛ばしてしまったのだ。足の突き指はめずらしいかも。しかし人間ってほんと無意識に体がものの位置とかを把握してるもんなんだねえ。iTunesで河合その子なんか聴いてるからじゃ。

実家からイカナゴのくぎ煮が届いた。イカナゴは兵庫県の西の瀬戸内海沿いでは、春の風物詩として水揚げされ、魚屋の店先に並ぶ。ワカサギより小さな魚なのだが、食べ方としてはくぎ煮以外あるのだろうか? これってちょっと固くて甘辛い佃煮みたいなもので、作って小分けし冷凍して置くと、1年中味わうことが出来る。桜も開花宣言したし、やっぱりもう春なんだねえ。

古いヤツだとお思いでしょうが・・・

3年ほど前に御臨終した45GB外付けハードディスクドライブ。逝ったのは中のハードディスクだけのようで、ガワタンはまだ利用可能と判断。モッタイナイから新しく生ハードディスク(80GB)を購入して、中身を入れて使おうという腹づもりで作業開始。

開腹作業は簡単に終わり、早速OSXMacに繋いでDOS/Vフォーマット開始。
順調かと思ったらフォーマット中にユーティリティーを巻き込んでクラッシュ。ドライブは電源ごと落ちた(-.-;)
その後何やっても認識しなくて、壊れたかと焦りながらもやむを得ず、WindowsXPに選手交代して接続。
そしたらXPさんは「こいつ相手するならドライバよこせ」と。付属のドライバのインストーラーCDがあったのを思い出し、あちこち探索の後ようやく引っ張り出してきて処理させようと思ったら「新しい私はこんな古いヤツ嫌い」とXPさんは宣って労働拒否。最近の若いもんは軟弱だ。やむをえず古いWindows98SEさん久々登場。この方はCDドライブが不自由なので、ドライバだけXP経由で送ってインストール後なんとか認識させることに成功。
その先、フォーマットも遅いがエラーチェックがまたどえらい遅い。
この外付けドライブを買ったのは2001年9月。まあMacはclassicOSの時代だしWindowsも2000が出たばかりの頃。後方互換が取れているはずの新しいマシンにUSB1.1でもFirewireでもまともに接続できないなんて、ガワタンに入ってる制御チップが大馬鹿なのかなあ? これじゃあ、不安で使えんじゃん。げにパソコンの世界は無駄が多いわ。

所詮他人事

Winnyを不用意に使ったがために、毎日のようにぼろぼろと情報漏えいが発覚してる。知り合いとのデータ交換等を非常に便利に行えるソフトとして開発されたものの、それに誰とでもという条件がついた時、著作権侵害となり得るという側面を見せ、その作者はとんでもなく悪いヤツとレッテルを張られた。発明の功罪はそれを使う者の姿勢で決まるということは歴史が証明している。現実的には、このようなP2Pソフトを使う人はほとんどがソフト等の不正入手を目的としている。検索すれば欲しいソフトはたいてい見つかるし、それに必要なシリアルナンバーなどもすぐ手に入る。所有者やハッカーがボランティア精神?でわざわざ公開してくれているからだ。だから欲に負けてWinnyだけは捨てられない。宝の山を運んでくるソフトだからね。これだけあちこちで問題が噴出していても、自分だけは大丈夫と勝手に思い込んで、というより言い聞かせながら、ついつい今日も立ち上げる。で、結果的に毎日どこかで個人の欲と引換にあっと驚くデータが流出する。このソフトを利用するしないに関わらず、パソコンのセキュリティーって、普通の人が思っている以上に脆弱だ。インターネットに繋ぐ事は、繁華街のど真ん中にある自分の家の玄関や窓を開け放っているようなもの。住んでる人がみんな山の中の一軒家みたいに思って生活してるので、前を通る人は見たくなくても家の中を見てしまったりすることもある。害虫の進入を防ぐために網戸ぐらいつけているだろうが、悪意があればいくらでも悪さが出来る。覗かれてるだけならまだしも、変なものを投げ込んだり、床の間のものを持って行ったり、裏口に回ってそっと鍵を開けておいたり・・・Winnyを使うということは、たとえて言えば自分の家の冷蔵庫の冷凍室のものだけは誰でも見たり持って行っていいですよ。そのかわり自分は、世界中の不特定多数、いろんな人の家で、その人が指定したどこかの引き出しだけを覗いたり、そこにあるものを貰ったりしますよという約束を交わすのと同じ。冷凍室を見るために世界中の他人が玄関から台所に入りこんで冷蔵庫の前までやって来ている。でもなぜか、彼らが見ているのは冷凍室だけだから大丈夫と勝手に思い込んでいる。人はあるものを得る時、有形無形を問わず必ず何らかの対価を与えることになる。得るものが大きいほど失うものも大きいという大原則をしっかりと認識し、危機意識を持たなければ、この手の被害はいつまでも続く。

なんじゃ この風は?

午前中は黒雲が低く垂れ込めていたものの、昼ご飯を食べていると急に日が差してきたので、現像に出していたフィルムを取りに行きがてら散歩をと意気込んでドアを開けるなり風がゴーゴー。空も待ってましたと暗くなってきた。風雲急を告げるとはこの事だな。マンションから外に出ると0.1tのえぞりすが吹き飛びそうになる横風だ。看板はひっくり返ってるは、ゴミバケツのフタは飛んでるわ。でも、あちこちで梅が満開。道沿いの花壇にも花をつけたパンジーなんかがいつの間にか植えられている。また春が来たなあと実感。

 WBCは日本が韓国に勝ったということで、えぞりすのハムスターより小さいナショナリズムも高揚中。この波乱含みの試み、アメリカが「世界の野球をリードする」つもりで言い出したようだが、それが自爆パターンに終わっただけでも大満足。散歩で試合を見られなかったので、夕方にどっかのニュースでやってるだろうとテレビをつけたら、どのチャンネルも砂の嵐。うちのマンションは地元ケーブル局●●●テレビを使った共聴なのだけど、どうやらどっかの送波線が暴風で切れたようだ。でもおかしな話なんだが、実はマンションの上には立派なテレビアンテナが建っている。これはうちのマンションが建つことにより電波受信状態が悪くなるであろう近隣の住宅のためにマンション完成時設置された共聴用アンテナで、ここで受けた電波は周辺数十件に分波されているらしい。で、その維持費にはマンションの管理費の一部を充てていて、決して小さな額ではない。なのにマンションの住民はこの立派なアンテナを使わず、なぜか強制的にケーブルテレビ局からの電波に頼っているのだ。しかも美観の観点からベランダに衛星パラボラ等を建てることは禁止。なんで?なんで?周辺各戸にもケーブルテレビを引いてその設備費用を負担するか、マンション内もこのアンテナを使った共聴にすればいいのでは? どうせ保守は必要なんだし。どうも建設や管理業者の利益のために無駄なお金払ってるような気がするのだけど......
それにその弱小ケーブル局はいまだに10年前の料金体形だし、何か新しいものに取り組んでいる様子も無い。こんなじゃ地上波デジタル対応はどうなるんだろう。。。実はここにも文化的過疎地たる所以がある。

ぐーたらー

今度ドイツに行く某氏から「mixi」へのお誘いをいただいて入会し、早1ヶ月。ようやく最近、中身を探索する気力が出てきたって言う感じで、あちこちぶらついては独りちょいとニヤついてます。無関係な人のページにいっぱい足跡が残ってるだろうなあ。それにしても、コミュニティーの多いことは前に首を突っ込んでた「キヌガサ」の比ではなく、それなりにディープな世界にはまっております。うちわサイトの「はちまるWEB」も、もちょっと皆が活動できて、集える場にしたいなあと思うものの、なんせ、日々のアウトプット量がここ1年で激減してるので、いっこうに何も進みません。すみません。

Vodafoneさよなら

業績不振がささやかれてたVodafoneだけど、まさかソフトバンクがあそこまで金を積むとは思わなかったわあ。しっかり買収しちまったよ。これで3年後にはすごいことになるだろうな。あらゆる既存の通信手段と情報バンクとエンタテインメント、そして財布がひとつになって掌にのる時代。何でもこれでもかと小さくするのと便利さを追求するのは日本人のお家芸。やがては住所や所属は意味を持たず、携帯電話自体が個人の証となり価値となる。一番大きな所属の括りは「日本人である事」だが、半世紀もすればそれも意味の無い状態になっているかもしれない。もちろん今後どんなサービスがどんな価格で出てくるのか予想は難しいけど、日本国内のネット社会は確実に変質していく事になるだろう。そんなはずはないと思う人は通勤時間に大都市の、出来れば東京都内の地下鉄に乗ってみればいい。冷静に見れば充分異常な光景がそこにある。7人掛けの座席に座ってる半分は携帯電話を開いて黙々と何かやってる。携帯電話はかなり強い依存性を持っているのだな。あれば便利だとかを遥かに通り越して、それが無い世界などあり得ないというのが、もう普通の若者の精神状態。持っていなければ不安で仕方がないし、何をするにも携帯を使ってどうするかを先ず考える。
あんなものは多分最後の独りになるまで持たんだろうと思っていたえぞりすだが、こんな展開が続くとなれば、結局時間の問題なのかなあ。

またもや頭痛

やっぱ、どういうわけか頭痛が続く。眼精疲労なのか歯からなのか、はたまた肩からなのか、耳からなのか、判別はまったく不能だが、気力ごと持っていかれるので、またもやぼんやりとした1日になってしまった。
ふらふらと新聞など読んでいると、もうすぐ選抜高校野球の時期なんだねえ。季節の移ろいは早い。大衆食堂のテレビで故郷の学校を応援するオジサンなど見る事がなくなって久しいけど、スポーツ自体もテレビ放映も多様化して、果たして高校野球、夏はともかく、春の大会の意味って何なのだろうと改めて思ってしまう。デジタル放送やネットでの情報配信で、人々の興味がどんどん分散化している中、利益に群がる関係者ばかりが目立つようになった高校野球のあり方も見直されていくべきだろうね。
ネット配信といえば、USENがライブドアの紙くずを買い取ったねえ。不本意ながらUSENBroad-Gate01のお世話になっているえぞりす家。もうすぐGYAOなんて悪趣味な名前に変わるようで、儲かってるんだから、んな看板飾る前にきっちりMac対応ぐらいしろとは思うけどな。現状確かに瀕死のライブドアにすがりたくなるのも分かるほど貧相なコンテンツを並べているので、別に非対応でも悔しい思いはせずに済んでるのだが。
ま、行く末を適当に楽しみにしているよ。

無駄の上塗り

自分の職務中に議場を抜け出して私用をすませる国会議員などを養う税金が今の日本のどこにあるんだ?それをニコニコと咎めもせぬトップやベテラン議員もどうかと思うがね。そもそもそんなヤツと結婚したいと思うのがいる事自体おかしいんだが。2大政党制による政権交代をぶちあげる野党が自爆したけど、彼らがよく口にしていた「非常事態に迅速に対応できる柔軟性」ってあの程度のものなのかい、まったく。今の日本は豆腐だな。しかも絹漉し。水の中では、形を保っているけど、いざ外へ放り出されたら自重で潰れるね。そんな状態であちこちの国からたかられても、へいへいと借金しながら良い子ぶる。だからますます揺すられる豆腐。いつ水から出されても大丈夫なように、つっかえ棒になる改革を急がねばと3年以上やってきたことは、熱が冷めたのを見計らってそろっと元の木阿弥状態に戻してるし、しっかり構築されたのは弱者からさらにお金を絞るシステムだけ。これじゃ、あと数十年もすると、タイやイラクやフィリピンのような暴動とかクーデターが起こる国になってるだろね。その頃えぞりすはもういないし、子孫もいないからいいんだけどさ。

久々パソコン仕事

仕事・・・ といっても、独善的プログラムを紡ぐだけなので報酬はゼロだけれど、掲示板のバグ取りがようやく一段落したので、次なる課題は「自動Link登録&認証システム」および、いちいちftpしなくても済むように「トップページ書き換えシステム」等。前者はいくつかフリーのプログラムがネット上に転がっているので、それを掲示板の時のごとく、原形をとどめぬほど改造する事になるだろうな。問題は後者。ただのHTMLの一部分を書き換えるのはSSIを使えば簡単なんだけど、相手がFlashファイルだったり、HTMLだったりと、ころころ変わるし、あくまで「ftp無し」にするにはさてどうしたものか・・・と。あーMT勉強した方が良いかなあ。今管理しているサイトを2つばかり完成させなければならんのだけど、そのための音声デジタルアーカイブ作業は山のように残っているし。さらにその後はいよいよ地球放浪記本体のリニューアル開始と共に●●●プロジェクトが待っている。今のスピードだと死ぬまでに全部終わらんかも(汗) 
それにしても、やってて思うのはえぞりす自身の画力の無さ。ああ、ここにワンポイント欲しいんだがって時にいろいろ困って悩んで、そのまま沈没してしまう。自由にデザインイラストやキャラクターを描ける人のヘルプ求む・・・って、只じゃ誰も手伝ってはくれまいが。。。。

りすも歩けば食い物にあたる

天気が良いのもあって、気晴らしがてらブラブラと散歩に出発。割と近くに(といっても歩いて20分)韃靼蕎麦を売りにする店が出来たので、取りあえずそこを目指してみた。ついてみると蕎麦屋というより薬膳料理屋さん。メニューをみると、体に良さそうなのが並んでる。韃靼蕎麦はルチンを普通の蕎麦の150倍含んでいるので薬膳のひとつとして使っているのだとか。一応「蕎麦」を看板に掲げているので期待していたんだけれど、でてきたものは博多ラーメンのような細さと舌触りで、香りも少なくいまひとつ。でも小鉢ものやデザートは美味しいし、店の細やかな心使いをとても感じるので、ちょっと体に良いものを食べたいときはリーズナブルでよいかも。蕎麦屋を出たあと、割と近くに(家から歩いて25分)「二木の菓子」が出来たので覗いてみた。御徒町の二木の菓子は昔から有名だけど、最近チェーン展開をしつつあるようだ。懐かしい駄菓子から輸入物の食材まで、置いてある食品は様々。それにしても駄菓子類を筆頭に、日本製のお菓子って何であんなにものすごい量の添加物が入っているのだろう。価格競争やらなんやらで、いくら安価に提供しなければという事情があるとしても、育ち盛りの小さな子どもが食べるものなのにこんな作り方して、メーカーは罪悪感とか無いのだろうかねえ? ちょっと高めのお菓子はと見てみれば、日本製はやっぱりヒドイ。あとアメリカ製も日本製に劣らずすごいなぁ。中国製は添加物については記入されていないのだけど、製造過程以前で何をやってるか信頼できないので最初から除外だ。それに比べて驚くほどまともなものは、ヨーロッパから輸入されているお菓子。実に原材料がシンプルだ。いくつか買ってきたけれど、素朴で懐かしい味だった。ちょっと甘いけどね。しばらく3時のおやつは選び放題だ。

テレビって、虚無そのもの

朝から生きる屍状態でソファーに寝転がって、ぼーっとテレビを眺める。やっているのは保険のCMと浅田真央とカーリングと猿が暴れてるのぐらい。ホント丸一日中やっている。
これって電気の無駄だよなあ。
ここ数年、急激にテレビ番組の質が落ちているような気がするのはえぞりすだけか?
ひとつの事にヒステリーになったと思えば、すぐに次のネタをこしらえて大げさに騒ぎ立てる。ふた昔ぐらい前にテレビが時代を造るなんて息巻いてた頃もあったが、現実には、やじ馬根性丸出しかつ精神レベルを疑うような害毒番組垂れ流して食ってるんだからテレビ屋の神経ってどう言う構造なのか。もっともそれを見て「テレビでやってたわよ〜」とかいう人間が多いのにもほとほと参ってしまうが。
マスコミの言う事は先ず疑え。そして、情報を自分の能力で精査しろ。真実は半分以下であると知るべきだ。えぞりすがそう思うのは、ある程度現場を知っているからこそなのだろうか?

当たった!

 Appleが出しているMac用のソフトでGaragebandってのがある。ループ音源を組み合わせて音楽を作っていくという、プロからするとちゃちい内容だが、これがやり始めると結構はまってしまうのだ。えぞりすはもともと少しばかり音楽を齧っていた人間なので、触り始めるとなんだか止まらなくなる。しかし、取説も何も無い状態で始めて、行き詰まったらやめるという事の繰り返し。つまり習熟度はいっこうに前進せず、当然作品も完成には至らない。その場足踏みが続くのみ。某団体の番組制作活動の記録をデジタルアーカイブする作業をやっている。もう半年ぐらい止まっているけど。それで使っている、やっぱりAppleのSoundTruck ProってDAWソフトが、Garagebandと同じくループ音源を扱っていて、ある程度の音楽を作れるので、ちょっとあがいて昔作ったラジオドラマの効果音楽やSEを足して「ディレクターズエディション」にしてみたり。もともと出た学校がそういうところだったから、今のポッドキャスティング発達によるラジオ聴取人口の増加等には非常に興味あるし、できればラジオ番組を量産していたかつての某団体メンバーと一緒に、新しくラジオ作品を作ってみたいと思うものの、ほとんどが関西基盤の人間。実情なかなか思うようにいきそうもない。
 何でこんな話になったのかというと、いや、当たったんです。今日、謎の包みを持って宅配屋さんが来た。差出人MacPeople・・・?? 開けると「bandmates Inspiration Vol.1」っていうGarageband用音源集のソフトが出てきた。こんなの応募してたっけ?等とかなりいい加減。でも普通に買えば1万円弱。逆にお金出して買うか?といえばビミョウだし、超ラッキーじゃん。懸賞が当たる時って、なぜか忘れてるとか欲の無い応募の仕方をしたときなんだよな。これで貴重な「運」を一個使ってしまったので、しばらく宝くじは避けよう。しばらくじゃなくて永遠かもしれないが。

宇宙人おいでんさい

地球外文明を捜すプロジェクトのSETI計画。アメリカでは各研究機関が協力して電波による地球外文明活動の探査を真剣に行っている。かつてカール・セーガン氏の率いたコーネル大学が管理しているプエルトリコにある世界最大のアレシボ電波望遠鏡。その膨大な受信データを解析するため、1999年から世界中のインターネットに接続した数百万台のPCリソースを利用して、分散解析を試みたのがSETI@homeだ。随分大掛かりなようだが、個人から見た場合、ダウンロードしたSETI@homeクライアントソフトをパソコンにインストールして起動すると、SETI@home中央サーババンクから生のデータを取り出して分析をはじめ、結果を送り返す。全部自動なので、その後は放置するだけ。まあ、お役にたてばと願うぐらい。途中で電源落としたり長期使用しなくても、ちゃんと整合性が取れるように作られている。SETI@homeクライアントソフトが捜すのは、知的生命体が出すであろうテレビ番組や無線通信などの信号パターンだ。マルチタスクな環境ならPCで作業をしていても裏で分析は可能だが、実情としては未使用時間にスクリーンセイバーとして使用される事が多かったようだ。えぞりすも一時お手伝いをしていたが、ここのところすっかり忘れていたので久々起動させると、あれれ? ウンともスンとも...... いろいろ調べていたら昨年12月15日にて終了の記事。なんでもこれまでに約500万台のパソコンが関わり、累積CPU処理時間で200万年分、データ量で50Tバイトが処理されたとのこと。でも、らしいものはあったものの、知的生命体が発していると確証の持てるデータは出なかったようだ。しかしこのSETI@home、ホントは終わったわけではなかった。これまでのプロジェクト(classicと呼ぶみたい)と同じ理念のまま、カリフォルニア大学バークレイ校がメインで進める「Berkeley Open Infrastructure for Network Computing」(BOINC)に移管されたらしい。このBOINCでは、続行SETI@homeの他、気象の変化、天文学、人間の疾病等、他の研究プロジェクトの解析でもSETI@homeと同様のシステムの運用を可能にしている。さらに世界中の研究者が自分の研究のためにこのBOINCを利用する事が可能らしい。世界中のコンピューター、そして自分パソコンの力が、人類文明の発展に寄与できるってだけで、何だかうれしくなるな。

続きを見る

あたまがいたい

朝起きた時から左の側頭付近を中心にずきずき。頭痛薬も漢方も利かず、扁桃腺とか奥歯とか耳の奥とか左肩から薬指まで。風邪かアレルギーか緊張性の頭痛か、全然見当がつかん。おまけに気分障害。そんなもんで、夕方までのんべんだらり。いつものことだが、日曜夜はついついテレビを見てしまって、気がついたらおやすみの時間。

家庭内ネットワーク完成

長い間の懸案であった、家のパソコンのネット共有化。
今日、いろいろとトライしてようやく使えるものになった。難儀したのは、Macに繋いだプリンターを使ってWindowsから印刷するところ。ものの本の通りにやってもプリンタさんは沈黙のまま。いろいろ調べているうちにアクロバット的解決策でクリアはしたものの、それだけで半日かかってしまった。
とりあえず、Mac上で作ったwebソースやCGIが、MacをwebサーバーとしてWindows各クライアント上でチェックできるのはありがたい。次のステップは外部に向けてのwebサーバー公開かなあ。固定IP取得が一番の問題になるんだけどね。サーバー建てたら、常時電源ONで電気代大変そうだ。。。ウイルスとかハッキング対策も、まだまだレベル的に難しいしなあ。

ってなわけで、ぼちぼちと参ります。

雨男

hina.jpgひな祭りだな。べつにえぞりすはひな人形マニアとは違うが。
たまに出かけりゃ、夕立。人と会うために外へ出るなりだ。雷も鳴り渡って春の嵐? ずぶぬれは免れたけれど、やはりしっかりと傘は持っているに限る。
さて、Appleがどんな新製品を出すか期待一杯だったのだけれど、なんだか「これはなんじゃ」というものが。Appleらしいのかなあ...。これは売れないぞ〜

ところで、えぞりすの住む文化的過疎地の近くに(とはいっても駅4つ先)ようやくシネコンが誕生! あー快適な映画館を求めて日本中を行脚していた頃が懐かしい。全10スクリーンの中クラスではあるものの、期待に胸は膨らむ。早速ネットで調べてみたらなんとまあまあ、やっているのは寅さんとこち亀ばかり。。。何だか出ばなをくじかれてしまった気がする。さて、今日もあっという間だ。ねゆ。

さて何が出るかな?

とうとう2月も終わり。
3月は毎年ドタバタで暮れていく。今年は1、2日とミステリーバスツアーに出かけることにした。普段なら、気にも留めないようなカタログなのに、その最終ページに小さく載っていたこのツアーが妙に引っかかって、ついつい参加申し込みしてしまったのだ。1泊2日2人様でジャスト3万円!。全食付きで、お土産までもらえるそうなので、いらぬ出費の心配もなさそうだ。なによりどこへ行くやらわからないってのが興味をそそったというわけ。新しいデジカメや、1年間おやすみしていた写真撮影を思う存分楽しめる機会が欲しかったし(どっちが先だったかという問題もあるが)。さらに、温泉だからリハビリ効果も抜群。ってな訳で行ってきます。

Appleの新製品がもう数時間で発表される。今回、プレス向けの発表には「Appleからいくつか面白い新製品が出ますので、どうぞお越し下さい」としか書かれていなかったらしく、なんだかいつもよりはるかに期待感を抱かせる。iPodは買ったばかりなので出来れば新しくなって欲しくないが、さてさて。旅行から帰ってきてからが楽しみだわ。

風の強い日

窓の外を眺めてると、木々の枝がガワンガワン揺れている午後。うちのマンションの前が何だか無意味に騒がしい。なんでも歩道を整備して安全対策をとる工事とかで、作業重機がごうごうと。年度末になるとやってきて一部区間だけ工事を進めて中途半端で終わる。どう見ても予算消化としか思えない効率の悪い仕事内容だ。うちのマンションの前には一方通行の狭い道路があって、その向こうに使われていない用水路、そしてさらに向こうに道路両脇に歩道がついた広い車道がある。今やっているのは用水路を埋めてしまい、その上に「立派な」歩道を造る作業らしい。でも、なぜそんな必要があるのだろう?広い歩道を確保したいのなら、となり駅近辺から続いているマンション前の狭い一方通行を一般車両進入禁止にするだけで充分ではないか。ここを抜け道として猛スピードで走り抜ける車も無くなり、よほど歩行者の安全確保に繋がるのだ。使われる税金だってどのぐらい節約できることか。なぜなら、それだったら看板立てるだけで済むのだから。用水路に面した帯状の緑化帯には柳の木が揺れ、あまり綺麗ではないけれども四季花々だって咲いていた。それらは無残に刈り取られ切り取られてコンクリートで固められる。こうやって日本中が、ちっとも暮しに優しくない役人の思いつきと欲で姿を変え、その誰も求めていない「改善」の代金はたまたまそこに生活している人々から強制的に絞り取る。一度入ったら抜け出せない、怪しい宗教やねずみ講と結局は同じだな。

ひさびさの雨

まとまって降ったのは半年ぶりぐらいじゃないかな。雪は二度ばかりあったけど。テレビとか見ているうちに、一日が過ぎていった。ここのところ基本的に日曜は何もしないDayに決めている。もっともだからといって平日に何かカリカリとやってるわけでもないのだけれど(笑)。
もう二月も末。オリンピックだってこの前始まったばかりなのに、明朝は閉会式だそうな。今回は期間が短かったなあと思っていたら、テレビでは17日間がどうのこうのと言っている。ふ〜む。ちょっと時間経過が早すぎるぞ。ほんの気晴らしにしかならないが久々オークションに出品でもするかな。。。

アナログ写真の終わり

ほぼ1年ぶりに上野へ出た。すっかり出てしまったお腹に合わせたズボンを仕入れるのと、写真フィルムの買い出しが目的。上野駅も知らない間にすっかり綺麗になって、改札を出た先のコンコースにはおしゃれなカフェなんかが並んでいる。かつては薄暗くて不味いうどん屋とキオスクぐらいしかなかったんだが。さすが土曜の午後だけあって、人人人。お茶しようと思ったが、どのカフェも人で溢れているのでパス。だいたい上野界隈は駅からアメ横を抜けて御徒町まで、休日は身動きがとれないのが普通。これは昔も今も変わらない。巨大な土管の輪切りが大通りの真ん中に出現しているのを横目に、東京に出てきてからずっとフィルムを買っているヨドバシカメラに入った、いつもと同じく何も考えず当然のように地階へ降りると、いきなり目の前にパソコンマウスの山。写真用品が所狭しと並んでいたはずの地階フロアはパソコン周辺機器で埋め尽くされているではないか。案内板を見るとカメラ関係は2階へ引越したようなので、しかたなく移動。その段階で嫌な予感がした。確かカメラ関係だけで2フロアあったはずなのに、1フロアになっているということは・・・行き着いた先にはデジカメがずらりと並んでいた。そして目当てのフィルムコーナは、その種類の豊富さを誇っていた冷蔵陳列棚が3分の1の規模になっており、当然在庫の種類もあぜんとするほど絞られていた。コニカは当然として、コダックもフジも選択肢の少ないこと。コンビニでも売っているようなスタンダードなフィルムか、プロ用もしくは金持ちマニアが道楽に使うような高いフィルムに2分化している。えぞりすがよく使っていた「中間」製品は見事に消えてなくなっていた。国内生産はどこもすでに規模縮小なのだろう。代わりに海外生産のものが若干入ってはいたものの何か不安で、かといって一眼でスタンダードフィルムは使いたくないし、で、結局背伸びをしてしまうことに・・・ しかし普段使いにはあまりにもったいないよなあ、これは。暖かくなったらサクラでも撮るか。いや、それとも撮り甲斐のある場所に出かけるか(笑)。
デジカメやカメラ付携帯は、もはや持ってない方が希少な世の中だかし、簡便な写真ライフにフィルムは必要ないわけだ。安いフィルムはあくまでも、新しいものを使えない人達向けに便宜上残っているに過ぎず、アナログにこだわってフィルムを買うような人は、やっぱり「フィルムの味を活かした作品」を撮るべく当然良いカメラに良いフィルムを詰めるということになる。大手カメラメーカーが相次いでアナログ撤退している時代だとはいえ、わずか1年でこんなに状況が変わってしまうとは。アナログで続けたいという写真好きがそんなに減っていたとは・・・
なんともいえない時代遅れの寂しさを抱えながら、今度は大きいサイズのズボンを扱っているお気に入りの店に行った。ここも最近改装したらしく、こじゃれて、前のようにゆっくり選べる感じではなくなっていてショック。しかも、良いなと思ったものはえぞりすに合うサイズだけが抜けていて、それより大きいか小さいかだ。えぞりすのようにお腹でっぷり体形が増えているのだろうか?ここでも結局どこにでもあるようなものを買わざるを得なかった。値段も高かったしなあ。
えぞりす・・・最近先読み出来なくなっているのかもしれない。やっぱりそういうお歳頃かしら・・・

やつらがきたぞ!

最近あちこちのサイトにある掲示板が、悪質な業者によって荒らされて、管理者はその対応に追われている。不特定のIPアドレスから不特定の内容と送信者名で、掲示板に貼り付けられるそれは、様々なURLリンクの羅列。ただし、その中のどのリンクをクリックしても、リダイレクトで特定のサイトに行き着く。行き着いた先は、違法ドラッグ、違法コピーソフト、アダルトのサイト。そういったものが何十も続けて書き込まれるので、消去するのも大変だし、イタチごっこ状態。恐らく、こういった自動書き込み攻撃を仕掛けるツールが最近闇市場で出回っているのだろう。たいていの人は辟易して掲示板に対策をするか、それでもダメな場合は掲示板自体を閉じているようだ。えぞりすの知り合いだけでも4件。知らないサイトで偶然出会うこともしばしばあるから、実害はかなりなものだ。幸いなことに弱小サイトの地球放浪記にはやって来ないなあと思っていたら、今日から掲示板ではなくblogのトラックバックに大量にアタックされ始めた。トラックバックとは、たとえばあるblogの所有者が記事を書いた時、その記事に関連する事柄や引用元等の記事を紹介あるいは明示するために、その参照して欲しい相手のblog自体に自分のblogの記事アドレスを貼り付けることが出来る機能。いわば、自動リンクシステムだ。ただ、異なるのは貼られる方に承認権がないこと。貼られ損の場合もあるわけで、そういったものに気がついた場合にはわざわざ管理画面で消去するしかない。本来トラックバックしたら、その人のblogのコメント欄に一言挨拶を入れるのが礼儀なんだが、この御時世、それほど気の利いた人はほとんどいないな。で、そのシステムを狙った大量URL入りトラックバックが毎日の記事ごとにどっかり貼られている。ある程度のブロック機能はあるものの、固定IPやワード、URLが対象なので、最初に書いたような常時変化型には対応しきれない。消してもすぐやってくる・・・・あまり続くようならまた、blogの引越かなあ。。。

政治不在の国会

エセメールに引っかかった永田議員、まっすぐな性格の人だけにそのダメージは大きいだろう。ちょっと青かったということか。民主党はすぐの対応ができなかったし、結果この不信感がじわじわと利いてくることになるだろう。それにしても、今回の国会は予算案に耐震偽装やホテルの違法改築、防衛庁の談合、ライブドアだって粉飾決算の方が大きな問題だ。どの議案も官僚や政治家の陰が見えるだけに、本来しっかりと議論して欲しいとこだけど、エセだのどうだのと低レベルなやりとりのために肝心なところで国会空転。与党は好き勝手状態で痛いところは素通りですませる。笑いが止まらないだろうな。そうこうしているうちに太る人がますます太って、国民の負担はどんどん大きく膨らんで、その先にはあまり楽しくない未来が確かに口を開けている。

まだだるい

人間ってこんなに眠れるものか。この4日でおそらく80時間近く眠っている計算になる。昼間寝ていたのに、夜も床につくなり眠ってしまい、それなのに朝起きられない。怠さが抜ければ元にもどるんだろうけど、はてさて。
7年ぐらい前に同じような症状で病院に行ったことがあるのだが、その時は「慢性疲労症候群」の可能性ありと診断されて、随分いろんな検査をした。結局結果はシロで、最近ではほとんど聞かなくなった「自立神経失調症」にされてしまった。
話は代わるけど、知り合いの心療内科医がお坊さんの資格を取ったらしい。どうやったらそんな資格が取れるのかはついに聞けなかったが、待合室の一角に簡単なお供え物と高僧(師匠か?)の写真に曼荼羅がいくつか貼られているので、感じとしては国内の○○派ではなく、チベット仏教のようだ。この人、とにかくいろんなものに興味を持っては調べ挙げるタイプで、西洋医学や薬だけでなく様々な漢方やサプリなど、学会で新しい発表があるたび自分で試し、患者にそれを勧めたりするし、そういったグッズが院内にあふれている。ただでさえ、医院らしくない待合室の上にそれだから、初診で来たものの、中を覗いただけでそのまま帰る人も結構いるらしい(笑)。精神的な病気を持っていたり、それに対する医療に携わっているとどうしても、結果的に神仏まで含んだ哲学的な世界に入っていくのだろう。ネットで見ていても、そういう人は山のようにいる。えぞりすはオカルティックなことに興味はあるものの、神仏を信じて寄進するぐらいのお金があるなら、良い演奏のクラシックCDでも買った方がよほど効き目があると思う方だ。最近人気だが「オーラの泉」なるTV番組がある。美輪明宏さんや江原啓之氏のいわゆる霊的能力の真偽はともかく、人ひとりひとりの生い立ちや生き方に対して繰り出される数々のアドバイスや豊富な知識には毎回感心する部分がある。政治家の政策論やら啓発本の中身よりよほどためになるかも。なんてことを考えながらまたネットを捜してみると「スピリチュアルカウンセリング」を見つけた。死んだ祖母が若い頃、なにかあるごとに拝み屋さんを呼んで助言を求めていたそうだが、ネット社会にもしっかりと、その手の職業は根付いているようだぞ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

もっとだるい

丸一日、起き上がれなく、眠るばかり。ううむ・・・

ぶつぶつが出た

からだのあちこちに吹き出物のようなブツブツがいっぱいできてきた。痛くもかゆくもなくて、潰そうと思えば簡単に潰れる。先日から異様に体の怠いのと何か関係あるんだろうか?ってか、それ鈴蘭サジーのせいだろってば!

環境省が庁舎内の暖房や給湯室へのお湯の供給を止め、どれだけCO2削減につながるかを検証することにしたそうだ。いっこうに成果の上がらない二酸化炭素排出削減に、ようやく自ら重い腰をあげたってところか。夏は寒くて冬は暑いオフィスって結構多いから、何らかのカタチで冷暖房を規制する方策を考えないといけないのだろうけど、昔に比べて外気温が極端になっているから、すっかり快適さに慣れている我々が、自然状態で生活するのって、ものすごく難しいだろうね。公共機関や交通、そしてお店にしても、冷暖房を効かせすぎるぐらいにするのがサービスだと思ってるのかいってな所も多いし。えぞりすは今暖房無しでこれを書いています。いや、足下のパソコンがヒーター代わりになるもんでね。

だるい

体が岩のように重い。。。。確かに体重の問題もあるが。顔がむくんだようになって、本を読むのもテレビを見るのもだめ。何も出来ないまま一日過ごすことになってしまった。そういえば、昨年フィジーでカバカバを飲んだあともこんな感じだった。カバカバはポリネシアの島々では神聖な飲み物とされていて、ヤンゴーナと呼ばれる胡椒科の木の根を乾燥させ、水の中でしぼったものを飲むのだけれど、鎮静剤のような効果によって、なんともいえない酩酊感を感じることができる。その感じが神に通じる飲み物と思われる理由なのだろう(麻薬じゃないよ)。しかし飲んだ翌日に怠くて動けなくなり、ホテルの部屋で丸一日ゴロゴロすることになった。後で判ったのだけれど、カバカバには肝障害を起こさせる危険性が高確率であるらしく、恐らくその時の怠さは肝臓からきていたのに違いない。今日の怠さもちょうどその時と同じ。なもんで最近飲み食いしたもので思いつく原因をいろいろと考えていたが、一つ思い当たることが! そう、「鈴蘭沙棘」だ。絶対怪しい中国製の痩せドリンク。その味から原材料に偽り有りと睨んでいながらも、「捨てるのはもったいない」とココ数日間無理やり飲んでいたので、その所為ではないだろうか。えぞりすは肥満で脂肪肝になっているから、なおのこと肝障害が出やすいのだろう。気をつけないと次は肝硬変だあ!

でじかめ

オークションで(あくまで嫁りすが)落としたデジカメ、KonicaMinolta「Dimage X1」が届いた。オマケで付けてくれたバッテリーが純正ものだったのでちょっと感激。バッテリー1個がバッタもんだと千円ちょっとで手に入るのだけど、純正は6,000円もするのだ。

さて。カメラ自体の性能だけど、買う前にあちこちの掲示板などで批評されていたほど悪くもないかなあ。えぞりすの手にはちょっと小さすぎるぜというぐらいか。機能充実だし、大ざっぱな室内撮りでは今使ってるG600よりいい絵が撮れる。やっぱ、アンチシェイクが効いているんだなあ。腕の無さをカメラがかなりカバーしてくれそう。ノイズっぽくはあるけどね。

しかし、その後オークションを見ていると、値がじわじわと下がっているではないか。うーむ。一週間遅らせて買った方が良かったかしら・・・

BBSようやく完成

Knightさんがフリーウェアで配付されているPerlの画像投稿展示用スクリプトを元に、XHTML1.0&CSS2&UTF-8化して、さらに普通の掲示板らしくなるようあちこち改造しまくったえぞりす版Web Contributeが予定通り完成しました。しかーし、Internet Explorer6だと、どうしてもあちこちデザインが崩れますな。XHTML1.0でもStrictなのでうかつな小技は使えないし。99年策定の標準規格に未だ対応してない(というか、意図的に外してる)方が悪いということで、あきらめました。当然その他旧タイプのブラウザでは壮絶なデザインになるんで(笑)デザイン部分を読み込まないようにして、素の表示になるようにしてます。チェックのために今回Operaもインストール。これがまた、結構癖になる使い心地だったりで、密かに乗り換えようかとも思っております。嫁りすWindowsのInternet Explorerも捨てて欲しいんですが、まだシェアの6割を占めるブラウザですからねえ。今後表示のチェックできないとそれはそれで困るので、我慢します。一つショックだったのはOperaだと、現状では地球放浪記のトップページ自体がぼろぼろになること。そろそろ90年代のWEB記述方法は見直さなきゃいけない時期なんでしょう。ぼちぼちと進めていきます。

トリノ

今回のオリンピック選手、みんな勝負ではなくて重圧に負けているって感じだなあ。まあ、それは置いといて。キレイな街なので昔から一度行って見たいと思っていたのだけど、日本からだとなかなか不便だったりする。ほとんどのツアーもトリノくんだりまで行かないし。トリノという街は17世紀に実施された都市計画によって、歴史の古いヨーロッパの街のような放射状ではなく、当時としては先進的な碁盤の目状になっている。街歩きをするには持って来いの場所みたいだね。ローマ帝国時代から栄えていて、1559年にサヴォイヤ公国(後のサルディーニャ王国)の首都となり、この国が中心としてなした1861年のイタリア統一から4年間だけイタリアの首都だったらしい。中心部にあるサヴォイア王家の王宮群は世界遺産。ご存知の通り自動車産業が盛ん。ロケットの部品から映画産業まで、実はイタリアの中枢部なんだ。知らなかったけどエジプト博物館ってのがあって、その規模はカイロの博物館についで2番目。ナポレオン時代の軍人のコレクションが収蔵品になったとか。えぞりすにイタリアと問えばワインと答える。昔からリーズナブルなものが多く輸入されているので、フランスものに劣ると思われがちだけど、ちゃんと作られたものはフランスのボルドーなんぞに負けはしない(値段も)。その代表格「バローロ」「バルバレスコ」はトリノを中心としたピエモンテ州で造られている。ああ、いろいろ書いているとやっぱり行きたくなってきたなあ。
トリノ市のHP

花粉

少し暖かくなったこの時期にやってくるのが花粉アレルギー。最近数年はほとんど症状が出なくなったえぞりすだが、それでも毎年、朝起きた時に少し目がかゆいことで、その季節がきたのだなあと気がつく。今年は今日が初日。個人的な見解になるが、こういった症状の原因として、確かに花粉の場合はあるだろうが、かなりの割合で大陸からの飛来物質のせいで起こっているのではないかと密かに思っている。2月ぐらいになると中国方面からの偏西風が蛇行して日本上空を通るようになる。それによって黄砂が飛来することは随分昔から知られている事実だ。中国の改革開放政策で経済発展が急速に進みはじめたのが80年頃。日本国内の花粉症患者が急激に増加傾向を示し始めた時期と一致するのは偶然だろうか。また、硫酸エアロゾルなどの大気汚染物質を地球規模で観測すると、その流れが見事に黄砂の飛ぶルートと一致していることも知られている。さらに、黄砂自体も花粉症に似た症状を起こすらしく、中国本土や韓国で多くの人々が毎年症状を訴えるそうだ。工業発展や開発による温暖化や異常気象、砂漠化、海水の富栄養化。そういえば近年大発生のエチゼンクラゲも中国近海が起源らしい。かつて日本が通った道を中国は突き進んでいる。しかも単純に人口比で行くと日本の10倍規模。結局は環境問題に辿り着くのだが、中国は「発展途上国」として、温暖化等は先進国の責任と非難するばかり。その「先進国」である日本は、このまま他所の国のこととして、壊れていく地球の環境システムを放置していていいのだろうか。

パスワードが無くなる?

MicrosoftがInfoCardなるものを使って煩雑になったコンピューター認証の問題を一挙に解決しようとしている。日常パソコン上でログインする場面はこの10年で飛躍的に増えている。そんなたくさんの暗証番号を一元管理するという発想は前々からあったものの、ユーザーの抵抗感が強く一般的に普及はしていない。結局新しい認証技術を独占したいのだろう。新しく出るOS(いつになるかわからんが)WindowsVistaなどでこのInfoCardでの一元化を実現させたいと鼻息が荒い。だいたいクレジットカード番号から自分の管理するサーバーの認証や各々のWEBサービスのパスワードまでのすべてを一つの技術で一括管理するだけでも充分不安だが、Microsoftがそれを言い出してること自体が一番不安だな(笑)。数年のうちに当たり前の状態になるだろうとビル・ゲイツは言い切っているけど、Windows稼働マシン数にものを言わせて無理やりにでもそうなるようにするんだろう、穴だらけのOSで。きっとビル・ゲイツ本人はこのシステム使わないと思うよ。そういやお財布携帯の普及状況ってどんなもんなんだろ?

裏切りのダイエット飲料

今日は少し気温が高かったみたいで、数℃のことで随分違うもんだなーと思うのだが、気温にたいして敏感なことは良いことなのか悪いことなのか、少し悩んでしまう。

悪魔の鈴蘭サジーさて、昨日のblogで実家から送られてきたものの中に「謎のドリンク剤」があったと書いたが、気になったのでネットでちょっこっと調べてみた。すると、なんとまあ・・・この「鈴蘭沙棘(すずらんさじー)」は昨年から全国紙の折り込みで派手に広告を繰り返していたらしく、経済産業省から誇大広告により業務停止命令を受けていたのだ。「脂肪の蓄積を防ぐ」「我慢しないダイエット」などの誇大広告はほとんど虚偽の体験談からなっており、真矢みきと牧瀬里穂によるでっち上げらしき対談も掲載されていた。2人の事務所は「5月に撮影をしたが、イメージと違う広告を無断で作られたのでネガなどを回収し契約を打ち切った」と説明。対談として掲載されたコメントについても「発言は一切していない」と主張しているが、本人のblog等ではこの件に関して一切コメントがないようだ。それらの広告効果で約49万人に販売。「痩せない時は返金します」とまで書かれていたのだが、実際に返品しようとした人は手数料を2000円もとられていたとか。引っかかってくるblogを見ていると軒並み効果無しの書き込み。販売会社のアサヒ産業は中国企業の子会社で、中国で生産した怪しげな製品を販売するために設立された会社らしい。名前が某大手飲料会社に酷似していること自体充分怪しいと思ってしまうのだがね。それにしてもまた中国絡み。手段を選ばずあの手この手で日本から金をむしり取ろうとする態度には苛立ちを感じる。まあこんな国だから、北朝鮮なんかを擁護したりするんだろうけど。事あるごとにマスコミに躍らされる日本人も悪いのだが、普段食品に関してうるさいうちの親が買ってしまうぐらいだから、よほど効果ありげに騒がれていたのだろうな。いつものごとくちゃんとした下調べもせず取り上げるテレビの制作姿勢にもうんざりさせられる。ザ・ワイドやはなまるマーケット等の番組は後日きっちりとした釈明をしたのだろうか?とはいえ、折角母がえぞりすの肥満を気にして送ってくれたもの。効果が無くても飲むけどね(汗)。もったいないし。ちなみに沙棘はモンゴル茱萸のこと。これ自体は実際に栄養価が高いが、ダイエット効果はない。それと、アサヒ産業はめげずに「雪沙棘」なる商品を新発売するそうな・・・。

続きを見る

  • コメント (未公開): 2
  • トラックバック (非公開): 0

引き続き体調不良

どうも風邪菌が首筋近辺のどこかで炎症を起こさせているらしく、耳から肩甲骨にかけて痛みが走り、それが頭痛に。体も怠くて薬は何を飲んでも効かないので一日ゴロゴロで終わってしまいましたよ。

神戸の実家から、宅急便ででっかい箱が届きました。開けてみると、おかきやらチョコやら、謎のドリンク剤やら・・・今後半年ぐらいお菓子買わなくていいかもって感じです。しか〜し、えぞりすはダイエット中の身(成果上がってないが)。おいしい誘惑を横目に忍耐の日々となりそう。別にわざわざ送ってくれるほどのものでも無いのになあとか思ったりもするんですが、それが、子に対しての情というものなのでしょう。親って身に滲みてありがたいものです。不祥な息子に意見しながらも、結局それを寛容に無条件に受け入れてくれる。えぞりすは人の親にはなれなかったから頭で想像する事しかできないけれど、子供はいつまで経っても子供なんでしょうね、やっぱり。とはいえ、兄貴共々いい歳して甘えるわけにはいけませんな。両親が元気なうちにしっかりとしたところを見せて、安心させないとね。お礼の電話をすると、今神戸は神戸空港開港の話題で持ち切りとか。でき上がるのはまだ数年先とばかり思っていたのですが、知らぬ間にその「数年先」になっていたようで(^_^;)。今度帰る時は飛行機使ってみようかなあ。

お腹風邪?

朝から妙にお腹が痛む。トイレとリビングを往復するうちに体中悪寒に似た怠さが・・・。最近流行っているらしい、このタイプの風邪。あとノロウイルスってのがやはり同じような症状を示すらしい。ぼよーんとしながらも、パソコンに向かっているとあっというまに1日が。嫁りすが前々から狙っていたデジカメをゲット。コニカミノルタの最後のカメラ製品「DiMAGE X1」だ。この間のカメラ事業撤退発表と共に生産終了し、その後メーカーの放出があって、むちゃくちゃ価格が下がっている(とはいっても、駆け込み需要でこの1週間急激に高騰し始めてるけど)。しかも現段階でこれだけの性能のポケットデジカメはOLYMPUS μ810ぐらい。恐らく今年の夏以降だろうなあ、各社が同クラスの商品を出してくるのは。でその量販店での市場価格は5万円弱になるだろう。というわけで、このカメラが今すぐにもし、ある価格以下で手に入るのなら買いだと、オークションをあさってたら運良く希望額で落札できたわけ。本格的に写真をやっている人には場合によってちょっと厳しい画質と言われてはいるが、それを差し引いてもこの価格だ(しつこい)。えぞりすはまだフィルムに固執してるけど、やっぱ、時間の問題だなあ。

XHTMLとCSS

XHTML1.0って規格はこれから先のネット環境をにらんで1999年に策定されたんだけど、なんと未だInternet Explorer6は対応してません。上位規格の1.1にいたっては「そんな規格知るもんかい」状態で表示してくれます。CSS2にしてもしかり。まあ、規格を遵守しようにもセキュリティーホールだらけで下手に触れないのでしょう。大多数のWindowsユーザーが、やむを得ずか知らずにか、そんなブラウザを使っていらっしゃるもんで、折角サイトを今後のことを考えてXHTMLのstrict(規格遵守)&CSS2で書いても、ほとんどの人が無残に崩れたデザインを見ることになるわけですな。firefoxやsafariやOperaはきっちり表示してくれるだけに、とっても悔しいのですが、結局なるべく互換のとれる書き方に修正せざるを得ません。そんなわけで、地球放浪記の全面改定作業は初手からMicrosoftに阻まれてしまってるわけです(爆)。それでもめげずに掲示板だけはXHTML1.1は無理としても1.0&CSS2で構築してみました。まもなく公開しますが、さてさてどうなることやら。ちなみに地球放浪記を訪問いただいている方のうち50〜60%がInternet Explorer6を使ってらっしゃるようですね。一時は9割がたがInternet Explorerだったので、この数字の変化には驚いております。中にはNetscape2や3でいらっしゃる強者(失礼)も。残念ながらInternet Explorer 5.5以下はもちろんのこと、Netscape4以下やiCubでも、このサイト、強烈に崩れて表示されます。このblogも読むことができるのかどうかわかりませんが。そんなわけなので、お見苦しい点、お許し下さいませ。

肥満

えぞりすは、昨年の今ごろから急激に太り始め、一気に20キロアップしました。何とか痩せようという意識はあるのだけれど、遅々として進まず、ここ半年、全く体重に変化はありません。
朝日新聞のやってる「アスパラ」の記事で、病気という観点から見た場合に、真剣に考えるべき肥満かどうかを知るための条件みたいなものがあったのであげてみると・・・
1.BMI値(BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m)))で自分の標準を知る。18.5未満か25以上なら「要注意」。→えぞりすは31
2.ウエスト回り(ヘソ回り)を測定し、内臓に脂肪が付きすぎていないかどうかを判断する。男性は85cm、女性は90cm以上が「リスクあり」の目安です。→えぞりすは104cm!!痩せてた頃は82cmでした。さらに遡って高校3年の頃は75cmでした・・・
3.男女とも2で100cm以上なら、一度CTで内臓脂肪そのものを視覚的に判断する。→見るまでも無いと思うんだが
4.1で「要注意」、さらに3で内臓脂肪たっぷりなら、はっきり肥満だといえるでしょう。→CTやるまでもなく間違いないでしょう。

最近では履くズボンを探すのにも苦労してます。なにせ、既成ものは話しにならないぐらい入らないもんでね。さらに、ちょっとお腹に力入れたり前かがみになっただけで胃酸が逆流するので、食道はもちろん咽まで毎日のように焼けついてます。肥満すると胃の位置が変わったり、腹圧が上がるために胃や食道を圧迫、結果胃の入り口の筋肉が弱まるためだとか。これも危険で、食道内で酸にやられた組織が修復を繰り返すうちにガンが発生する可能性が大きいらしいのです。半年体重に変化が無いと言うことは出入りする熱量がつり合っているということなので、食べるものを減らすか、消費カロリーを増やすかすれば、当然のように痩せていくはずなんですがねえ・・・これがまたなかなか。鬱で飲んでいる薬が代謝を抑える働きをするらしいので、そのせいもあるのでしょう。なんでも、長生きできる体形は「ちょっと太め」→「太め」→「やせ」→「ものすごく太め」の順番だそうで、理想の「ちょっと太め」だと、あと30kg減らさないと・・・いろいろとダイエット関連のサプリとか食品とか試してみましたが、ああいうのはやっぱり基本的にダメですな。動き回るだけの気力は無いし。北朝鮮に行けば痩せるかなあ(オイ!)

最後の楽園?

ニューギニアといえば、日本の真南、オーストラリアの上にある怪獣のような?形をした島だ。熱帯雨林と湿地帯がほとんどでなかなか利用し辛いことから、16世紀以降、次々と列強国が植民地として奪い合っていたものの、実際はほとんど手付かずのまま今に至っている。また太平洋戦争での激戦地としても有名で、多くの日本人が命を落とした所でもある。現在では独立し、東半分がパプアニューギニア、西半分がインドネシアとなっているが、奥地に関しては交通手段も無く、進入には国の許可がいることもあって、結果、自然が良い状態で残されていたわけだ。今回、国際環境NGOの調査団がインドネシア側の東部分「フォジャ山脈」地域に入り動植物の調査をおこなったところ、「極楽鳥」や「ミツスイ」、カエル20種類、椰子5種類、蝶4種類等の新種と、絶滅寸前と言われていた「キノボリカンガルー」等が見つかった。短期間の調査で歴史上これだけの新種が発見されたことはほとんど例が無いらしい。この豊富な自然をぜひ手付かずのまま保護して、後世に伝えられることを願うばかりだ。

どうなってる日本航空

ここ2年、散々ミスを繰り返して国土交通省からお叱りを受けている日航。昨年の春先に事業改善命令を受けて防止策を出したものの、その後も問題は止まらず、1月末には防止策を再提出しており、それに基づいて社内体制の引き締めをやっているのかと思えば、実際そうでもないようで、毎週のように次々と問題が公表されている。整備関係が多いようだが、危険運行やポカミスも見受けられる。この2年で件数が急激に増えたのはなぜなのか、それまでが隠ぺいされていただけなのか。いずれにせよ納得できるだけのコメントを未だ聞くことが出来ない。昨日もボーイング777の一機が非常用ドア開閉装置の電池が8ヶ所のうち7ヶ所入っていないまま4日間運行を続けていたと発表された。個人的には日航をよく使うし、マイレージカード等持ってたりもするが、このままではねえ。確かに競争激化でコストダウンを迫られ苦しい部分は大いにあるだろう。それでもまだ日本航空の運賃は高い。もはや根本的な部分からの切開手術が必要になっているのではないか。1985年に520名もが命を賭して与えてくれた大きな教訓は20年経つと雲霧飛散してしまうのか。企業としての使命をきっちり正して再出発して欲しい。

政治家ってずるい!

何を今更といわれてしまいそうだが。
議員年金の改正法が成立したけど、中身はあっと驚くほど自分勝手。もともと、「議員が受け取る年金が庶民に比べて高すぎるのに、さらにそれを維持するため多額の税金が使われているのはおかしい。」という批判を受けての改正のはずだったのに、出来た法は、現職議員が得をするだけのシステム。先ず、現在議員が払っている掛け金はストップ。支払わなくてよくなる。だけど、現在年金をもらっている元議員は数パーセント下がるものの続けて一生支給が続くし、現在在職10年以上の議員も、65歳になると現行額より15%低い年金が終生支給される。年金はご存知の通り、今払われている掛け金を受給者にまわして成り立つシステム。掛け金がストップするのに受給が続くということは、何らかの形でお金の埋め合わせが必要なわけで、それがなんと、全部税金を使うと言うのだ。もともと税金の無駄を防ぐ目的だったはずなのに、掛け金がなくなることで逆に大幅に税金投入額が増えるわけだ。引退までの天引きがなくなって、現職者は逆に給与の受取額が増える! もちろん国民保険にもはいっているから、そっちの方ももらうことが出来る。今在職10年以上の議員が全員亡くなる数十年後には税負担は無くなるから(へたしたら半世紀後だ)、改革だといってるが、まあ、ひどい話しだこと。世論を逆手にとって、今さえ、自分たちさえ得ができればいいと平気でこんな立法するような政府や与党が、ホリエモンや姉歯やヒューザーのことをけしからんと言ってるのはちゃんちゃらおかしい。こんなんじゃ、この国の先はやっぱりまずいよ。

ヨガの眠り

近くの「ヨガ教室」へ行って見た。実は3年前に数回出かけたことはあったのだけど、その頃習ったことはすっかり忘れてしまっているので、まあ、初めてと言ってしまっても間違いではない。

ヨガの基本は認知。自分の身体の状態、精神状態、そして身の周りの状況を受け取り、全てを受け入れることから始まるのだけど、インド4000年の歴史の中で無数の人がいろいろな方法で実践してきたものだけあって、その方法は多種多様。日本に伝わった頃の仏教にもヨガの基本は含まれていた。その代表的なものが後世の「禅」であり、瞑想、そして己との対話から仏を感じる境地に至るってとこはヨガ修業とほぼ同じ。

基本の呼吸法から始まり、軽い瞑想、そして簡単なポーズをいくつか。どれも自分の体のどこに力がかかり、どう感じるかなどを確かめながら進める。最近流行りのホットヨガとかいわれるものとは違い、体への負担が軽いものばかりだったのが、だれきったえぞりすにはありがたかった。ただしちゃんと毎日実践しないとなあ。

節分

最近になってなぜか節分恒例となっているのが「恵方巻き」。節分の夜にその年の恵方に向かい、目を閉じて願い事をしながら太巻き寿司をそのまま無言で食べるということなのだが、いかにも昔からある風の儀式だけど、なんか作為を感じてうさん臭い。大阪が発祥と言われているが、そんなもん大阪でも10年前にはほとんど誰もしてなかったと思うぞ。で、調べてみると、最初に始めたのは大阪船場の商人らしいというだけで、この資料の出所も曖昧だし、ほかにもいくつも起源の説が存在する。ただ分かったことは、1989年に広島のとあるセブンイレブンの経営者が思いつき、そのアイデアと売れ行きのよさに、本社が食いついたらしい。確かに、豆やらイワシ売るより現代的だし気軽だもんな。全国で販売開始されたのが1998年。それを見ていた各コンビニが2000年前後から競って売り始めたようだ。そら関西出身のえぞりすだって知らなかったわけだ。ヴァレンタインとかホワイトデーとかと同じで、業界団体や一企業のつくったおかしな風習を、よく確かめもせず由緒あるものだと思い込んで殺到する日本人の大衆性。まったくどうにかならんもんかねえ。
恵方といえばその歳の歳神様がいると言われる方角。それに関する由緒ある行事と言えば「恵方詣」だ。元来初詣は有名なでかい神社で「彼女が出来ますように」とか言って煩悩を吐き出すものではない。基本は自分の住まいする土地の氏神様に詣るべき。そして歳神様のいる恵方にある神社にお詣りし、「感謝」するのが正しいのだとか。恵方に神社がない場合は一旦住まいから恵方に向かい、最終的にもよりの氏神様のところへ行けばいいらしい。現在では完全にすたれているが、こっちのほうが精神的に豊かになれる気がする。恵方巻きではお腹は豊かになっても精神的に豊かにはなれないよな。

久々歩いた〜

入院していた病院に書類を取りにいったついでに、買い物があったので途中下車して秋葉原へ。駅も随分小奇麗になってるな。TXが出来てから初めて降りたから知らなかった。で、行き先はお初のヨドバシカメラ。入ったらさすがにでかい。どこを歩いてても物欲を刺激するものばかりだ。パソコン用品等を買うためにフロアをうろうろ。広すぎてどこに何があるのやらって感じだ。そんなわけで品揃えはほぼ完璧なので、ネットでの買い物する際は、ここへくれば間違いなく実物を見て検討できるな。大阪梅田のヨドバシカメラもバカでかかったけど、ここはさらに大きいとのことで、店内歩くだけでくたくたに。一休みがてらフロアの隅の方にあったカフェテリアでマンゴーソフトクリームを食べた。最上階にはレストラン街もあったりで、電化製品から日用品までほとんどカバーしてるから、ここへ入ればたいていの買い物は済んでしまうな。雨でも駅から濡れずに店内までいけるのも魅力だ。開店すると秋葉原電気街の活性化になると言っていた人がいたけど、どう考えても電気街は客取られてるよ。出口は駅の反対側なので、一度ヨドバシカメラに入ると、そのあと電気街へ行くのが大変なので、人の流れが出来ないんだよな。ただ買い物して思ったのは店員が少ないこと。どこの売り場も平日なのにレジは長蛇の列。店のマネージャーはもうちょっと人員配置を考えた方がいいと思うんだが・・・で、次に秋葉原に行くとしたら・・・やっぱり電気街じゃなくヨドバシカメラへ行ってしまうだろうなってのが結論。

物価高世界一

ニュースでやっていたけど、イギリスの調査機関「EIU」によると、世界一物価が高かった東京が2位になって、1位はノルウェーのオスロだとか。だけどねー、消費税率はノルウェーは20%ほど、日本がもしホントに先々消費税を上げるのならば物価高ダントツ世界一になるんだろうね。しかもノルウェーは福祉、医療などに関しては大変力を入れていて、ほとんど只みたいなもの。それに比べ日本は、福祉はがんがん切り捨て、年金も保険も崩壊寸前で医療も負担を国民に押し付けている状態。弱者切り捨てにもほどがあるって感じだもんな。総合的に見たらこんな住みにくい国はないよ。その上、日本の持つ技術や信頼が揺らぎ始めている。この40年、目先のことしか考えずにひたすらつっ走るばかりで、問題は全て先送りの上に先送り、将来を担う者を確固たる将来展望を基礎にして育てなかった結果がこれだ。お陰で社会はひずみだらけだし。そのため円が世界市場で徐々に力を失っているみたい。すでに所得格差がすごい勢いで大きくなっているし、さらに外貨の価値はどんどん上がるだろう。10年後、えぞりすのような平民は海外旅行なんてできなくなるかもな。早く軌道修正しないと間に合わないと思うんだが。。。

怠い

朝起きた時から異常に体が怠い。まるで体中の血が抜けてしまったような感覚。そういえば、去年の夏ごろにもこういう状態があったなあ...

デンマークの新聞がイスラムの預言者の風刺画を掲載したことで、世界中のイスラム教徒から抗議を受けているらしい。実際ロイター電でブツをみたが、はっきりいって「このぐらいいいじゃん」って感じなんだがなあ。イスラム教はたぶん一番信心深い信者の多い宗教だと思う。えぞりすが知ってるのはエジプトとインドの信者だけなんだが、エジプトでバスの運転手が休憩所で車を止めるなり降りて、地べたにうずくまってお祈りをはじめたのが強烈な印象として残ってる。とにかく彼らは教義が生き方や思考の一部だから、生活もそれを中心に動くんだな。偉大な聖職者が下手にいじられると、自分たちの存在自体を侮辱された気分になるのだろう。デンマークは他国の文化にとっても敬意をはらう国だけど、遊び心に溢れる国民性なので、実直なイスラム教徒とは相性が悪いかも。これ以上大きな問題に発展しないことを祈るのみだ。

ごろごろ日曜日

温かい部屋で本を読みながらゴロゴロ。時間によってはテレビを見たりしながら1日が過ぎる。基本的にパソコン無しのおやすみ日を目指してみました。肥満で内蔵脂肪パンパンなので、イスに座ってキーボードに向かう前傾姿勢をとり続けると、腹圧により胃酸がのど元まで上がってくる。食道はしょっちゅう炎症をおこしてるし、気管にも入ることがあって、時々咳が。そんなもんで「まず痩せなきゃ、食道癌とかの危険性大」と言われた今日この頃。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

この街って・・・

某局のTV番組が我が街を特集してた。名物も自慢も皆無な街に相応しい、無理矢理つくったって感じの名物ランキングを眺めてると、とっても恥ずかしくなってしまった。へえってのも、まあいくつかはあったことはあったが...。なんせ文化レベルの低い街。計画なくできた街並みは、すっかりすすけてごみだらけ。都市整備計画のカケラも転がっておらず、新しい血が街に入ってくる気配はゼロ。ひったくりは多いし、アホ馬鹿の勲章を付けた高校生はいっぱいいるし。うちの駅前にいたってはどんどん店が潰れてほとんどゴーストタウン状態。えぞりすのお気に入りはまるで選ばれるようにことごとく潰れたもんなあ。飲み屋とパチンコ屋だけが幅を利かして、怪しい宗教の支部もある。事の成り行きでこんなところに住むことを選択してしまった己の不幸を呪うべきだけどね。ああ、ラーメンの店だけは豊富だよ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

久々のラーメン屋

随分久しぶりの外出。自宅から二駅離れたところにある市の中心地へ。このあたりをうろつくのは半年ぶりかも。とはいっても、銀行での手続きやら市役所での書類受け取りやらと、今回の目標はいたって地味なものばかり。一通りこなす前に先ず腹ごしらえということになった。うちの市は全国でも有数のラーメン激戦区だそうな。ほかにもちっと自慢があって欲しいものだけどね。駅の西側の一角には、ちょっとしたラーメン特区?がある。だもんで特に目的が無い場合にはどうしてもそのあたりを目指してしまう。どこにしようか悩みながらすこし駅から離れたところで「博多長浜ラーメン」と大書きされた店を見つけた。店の前に立つと、なんともいえぬ獣臭い匂いがふんわり。その匂いがとても本場っぽいので、店の中をのぞいて不安を感じながらも、勇気を出して入った。ベーシックなラーメンが600円。福岡ではだいたいどこでも400円代なのでちょっと高めではある。さて出てきたラーメンは、冷めると膜が張ること間違いなしの本格コッテリ豚骨。麺は極細。そしてネギも博多ネギだ。替え玉も出来るぞ。一口食べると、おお!これは求め続けた本場の味ではあ〜りませんか(化石)。関東の「博多ラーメン」はどの店も名前ばかりで、ひどいところではノーマルスープに牛乳を入れて白濁させたりと、いままで人気に引かれて行ってみてもろくな店に当たらず、九州まで行かないとまず本物を食べることは難しいだろうと、すっかりあきらめモードだっただけに、こんなに身近で本格的な長浜ラーメンに出会えるとは、ホントうれしい発見だった。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

AUのCM

いや、大したことじゃおまへんが、最近やってるTV-CMで気になるのが、ほとんどiPod shuffleのCMをパロったとしか思えんコンセプトの「LISMO(au LISTEN MOBILE SERVICE)」。なんでもパソコンと携帯電話の連携を可能にする総合音楽サービスだそうで、「iPod+iTunesに対抗可能なサービスだ」とAUも豪語して、パソコンで扱うソフトもiTunesそっくり。しかしながら、スペックや値段その他に関してはお世辞にも「ユーザーフレンドリー」とは言えないし、どうしてこんなパチモンで勝負に打って出るのか、その神経が分からん。なのになんで取り上げたかというと、マスコットキャラが「リス」だから。長年の習性というのは恐ろしいもので、リスをみるとつい反応してしまう。LISMOだから単純にリスがキャラクターになったのだろうけど、こんなのに安直にリスを使ってほしくないなあ... っと思ったわけ。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

大雪の後

うちの近辺は結局20cmほど積り、路面の凍結で何度すっ転びそうになった事やら。実はというか、いまさらというか、えぞりすは「スター・トレック」ファンだったりする。どんなもんかいなというと、気が遠くなるほど説明が必要なのでここでは省略するけど、アメリカのテレビ番組&映画のシリーズで、最初のシリーズが世の中に出たのが1966年だから、もう40年だね。ディアゴスティーニという会社がこのスター・トレックの世界を完全解説した「ファクトファイル」というのを毎週発売中。買ってはバラして、カテゴリー分けして専用ファイルに保管するというもの。何せ情報量がものすごいので、発売されてから2年以上経つものの、未だ終わりが見えず。1冊590円なので、すでに9万円以上注ぎ込んでいる事になるわけだ。手抜きで、ここ半年ほどは買ったままため込んでたんだけど、さすがにヤバい状態になってきたので、今日久しぶりに手をつけた。販売されたままの状態だとカテゴリーが前後ばらばらで、それを順番に整理しながら綴じていく。あまりの多さに結局半分で根をあげた。ファイルの数はすでに13冊にも。でも先はまだまだ長くて、続きは来週だな。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

銀世界

関東地方、まる1日雪は降り続き、べたべたした積り方が、色んなところで被害を呼んだみたいだったけど、明日は天候回復の模様。ぶらっと散歩してみるか。コニカミノルタが写真分野から撤退の報が先日走ったが、うちはデジカメ、フィルム一眼、プリント用紙でお世話になってるので、かなりの痛手だ。特にαシリーズのレンズが使えるデジタル一眼の次世代機を心待ちにしてただけにねぇ。技術関連の引き受け先がSONYってのも、SONYとどこまでも相性の悪いえぞりすには厳しいところ。Nikonもフィルム機から撤退を表明したばかり。うちのフィルムスキャナはNikonだが、これも後継は考えにくい。さらにえぞりす家にはフィルムのポケットカメラとしてCONTAXのTVS III。京セラはすでにカメラ事業から撤退したので、これも壊れたら困った事に。えぞりすの写真へのこだわりが全否定されてしまったようで悲しい。いくらなんでもキヤノンだけは願い下げだしなあ。時代は移り変わっても、いいものだけは残るとばかり思い込んでた私が馬鹿でした。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

あけましておめでとうございます

犬の年。占いによると、えぞりすはうはうは儲かるよい年なのだとか。そうあってほしいものだが、なんかあり得ん気はするな。

きょうものんびり過ごすことにした。天気が正月になった途端悪化したので、初詣は天気予報が晴れると言ってる3日に行くこととして、ささやかなおせちとお雑煮でお祝い。

それにしても、元旦ってまともな番組が無いので困ってしまう。
BSデジタルとかだと見たい番組があるのだが、このマンションでは視聴不能なので、泣き寝入り。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

大晦日 プリンを求めて

「ドラゴン桜」の怒濤の再放送を見終えた。テレビのドラマってえぞりすは基本的に見ないのだが、見始めるとやめられない。それだから避けているというのもあるが。

テレビにもいい加減飽きてきたので、久々散歩に出た。嫁りす曰く、なんでも、前から気にしていたプリン屋が歩いて15分のところにあるのだとか。テクテク歩いて行くと年末にもかかわらずやっていて、なかなか美味しいプリンをゲットできた。中に入っていたチラシには来年放送される、テレビ東京の「出没!アド街ック天国 」松戸特集に出たと書かれてある。松戸特集・・・・この偉大なる文化不毛の地に何があるのだろうか・・・肩身が狭い思いをするだけだと思うが、怖いもの見たさでちょっとチェックしたい気はする。

さて、プリンを引っさげてそのまま帰るのもなんだからということで、ぐるっと遠回りして、ペットショップへ。年末大売り出しで、どのワンちゃんもニャンコも2万円引き。いかんまた連れて帰りたくなった。今度来る時はまた顔ぶれが変わっているのだろうなあ。みんな幸せになるんだよ。最後にPC量販店でiPodのカバーを探したが、まだ入荷していないらしく、キーボードカバーをゲットして帰ってきた。結構歩いたなあ。夕食後のんびりだらりで気がつくともう「行く年来る年」が始まっていて、0時を越えたところで就寝。今年は何も無いようで、結構色々あったなあ。

さようなら2005年。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

暮れの元気なご挨拶

さて、今日は朝からパソコンに向かって、メールやらiTunesの整理を始めた。パソコンでやりたいことは今、実は山のようにある。とにかく、のんびりマイペースでテキトーに終わらせた。「ドラゴン桜」に始まって、また色々とテレビをながめる生活。そして、また1日何事もなく、ではなくて何もなく終わっていった。1日が早い!早すぎる。

実家の母から電話がかかってきた。
母「年賀状もう出したか?」
りす「とっくの昔に出したよ」
母「あのなあ、○○おじさんとこは今喪中やからな」
りす「ええ?出してしもたがな」
母「そうかいな、それから、父えぞりす系は、
  3月におじさんが亡くなったやろ。そやから全部喪中やで」
りす「ああああ、そうやった、全部書いて出してしもたがな」
母「もっと早よ電話してあげたらよかったな、
  あんた出してしもたんか。そうか、
  まあ、しょうがないな」

はあ、しょうがないです・・・そういえばえぞりす家の年賀状投函はこの5年で一番早かったのだ。まあ、安直に売っている素材を使ったからなのだが、それが裏目に出てしまった。喪中の皆さんごめんなさい。

  • コメント (未公開): 0
  • トラックバック (非公開): 0

保管記事の一覧

日記にゃっきニョッキトップ > えぞりすの日日 保管庫

探し物
リンク
Feeds
筆者について

壊滅的方向音痴のくせに見知らぬ街好き。素になると関西弁を話す。

お山の近く以外では生活不能なのに関東の不毛の地に住いする無謀なげっ歯類。食性はそこいらのコンビニやスーパーのモノと合致せず。いずれノルウェーに逃げ出して、"えぞりす"から"きたりす"に改名しようと目論んでいる。でも外国語は全くダメなのでやっぱり無謀。そもそも関西生まれなのになぜ"えぞりす"なのかという疑問を胸に哲学するフリを続ける毎日。

国境無き猫もふ団 団員

この画面の一番上へ↑