トップへデンマークバナ

アマリエンボー宮殿

 ここはアメリエンボー宮殿。円形の広場を4つの建物が囲んでいて、広場には誰でも出入り自由。一見とてもそんな感じに見えないけど、デンマークの王室一家がここで暮らしているんだ。宮殿に旗が掲げられている時はどこかに女王様が・・・。広場では衛兵がいつもゆっくりとしたパフォーマンスで動きながら見張っている。もし、この広場で何かモラルに反することをやると、すぐに大声で怒鳴りつけるんだよ・・・カメラ向けるとちょっと睨まれた・・・くわばらくわばら。それにしても、ホント開かれた王室だねぇ。





 宮殿と一体化して見えるけど、中央にあるドーム上の建物は1894年に完成した「フレデリクス(マーブル)教会」といって、実際は広場から100m以上奥まったところにある。大理石をふんだんに使った大変豪華な造りは、コストの関係で100年間建設が中断していたほど。中には宗教上の偉人やデンマークの著名人などの彫刻がいっぱいだよ。広場の中心で目立っている騎馬像はフレデリック5世像。18世紀に教会を含むこの広場一帯の建築を、建築家ニコライ・アイトブを起用して推し進めた王様なんだ。完成した後は貴族の住む地区となっていたんだけど、17世紀末に当時の宮殿であったクリスチャンスボーが炎上。急遽ここに移り住んだんだとか。さらに広場の東側には大きな噴水を挟んでアマリエハウン公園が広がっている。海運会社が市に寄贈もので、港に面していて大きな船がいつも停泊しているし、北欧の日差しを満喫できるお薦めスポットだよ。


(C)2002 K.Uga This page is Japanese only