Home > アレクサンドリア > ポンペイの柱

旅の指さし会話帳 check1 海外格安航空券予約サイト【skyticket.jp】 check2

ポンペイの柱放浪記

ポンペイの柱

どうして「ポンペイ」なのか? 巨大な柱が1本だけ→偉大な人の墓だろう→エジプトで死んだ大人物ならば→シーザーの策略によりエジプトで殺害されたローマ将軍ポンペイウスのものかも→きっとそうだ。
...ってな論法で名前がついたらしい。けど実際には、この丘はアレクサンドリアの守護神セラピスに捧げてつくられたローマ神殿がどっかりとあった場所。皇帝ディオクレディアヌスの命による図書館も併設されており、この神殿と図書館を合わせて、なんと400本近い巨大な柱が建ち並んだ上に、大理石の壁と高価な金属の内装が施され、さらに100段の階段が丘をでらぁ〜っ囲っていたという、とんでもなく豪華な場所だったようだ。この1本柱は図書館部分のもので、西暦391年に異宗教を排斥しようとするキリスト教徒によって破壊された際に残ったとされている。また、柱の近くにはスフィンクス像がいくつか並んでいるんだけど、これは近くで発掘されたプトレマイオス朝のものを近年整備したときに置いたもので、柱とは何の関係もないもの。

この記事へのメッセージ:0

メッセージ送信フォーム

Trackbacks:0

この場所へのトラックバック用アドレスです
/146

Home > アレクサンドリア > ポンペイの柱

Feeds
地球放浪記検索
旅行タグ

この画面の一番上へ↑