Home > アレクサンドリア > カイト・ベイ要塞

旅の指さし会話帳 check1 海外格安航空券予約サイト【skyticket.jp】 check2

カイト・ベイ要塞放浪記

アレクサンドリア カイトベイ要塞の側面

この場所は、世界7不思議の1つ、ファロス島大灯台があったといわれる場所。この灯台、高さは150メートル程度で、透き通った石で光源を収束させて50キロ以上の遠くまで光を発したなんて伝承があるらしい。西暦700年頃に上部が、キリスト教徒かアラブ人によって打ち壊されたとか、勝手に崩れたとかいわれるものの、はっきり記録が残るのは、1303年の大地震で、ある程度残っていた外観が完全に崩壊したってことだけ。その後、15世紀にトルコ軍からエジプトを守るため、マムルーク朝のカイト・ベイが、残存する大灯台の土台と石材を使って建設させたのがこの要塞。モスクとしても使われたものの、1882年のエジプト独立戦争の際にイギリス海軍が砲撃でぶち壊したため、補修されて写真のような姿となったんだそうな。現在も修復が続くこの要塞、なので最初とは随分形が異なるらしい。アレクサンドリア カイトベイ要塞正面アレクサンドリア カイトベイ要塞から望む現在は海軍博物館として運営され、覗いてみると地中海沿岸の戦争で沈んだ船のお宝などが並ぶ展示室がある。さらに、要塞横の城壁から見るアレクサンドリアの町と地中海はとっても魅力的。堤防には綺麗な貝殻を売る兄ちゃんがいたり、近くには海洋生物博物館もあって、散歩ポイントにお勧め。アレクサンドリア カイトベイ要塞全景

この記事へのメッセージ:0

メッセージ送信フォーム

Trackbacks:0

この場所へのトラックバック用アドレスです
/143

Home > アレクサンドリア > カイト・ベイ要塞

Feeds
地球放浪記検索
旅行タグ

この画面の一番上へ↑