Home > カイロ > ハ-ン・ハリーリのバザール

旅の指さし会話帳 check1 海外格安航空券予約サイト【skyticket.jp】 check2

ハ-ン・ハリーリのバザール放浪記

ガーミア・ホセイン広場ガーミア・ホセイン(写真上)から西の地区に踏み込むと、息が詰まるほどの活気と雑踏のすごさに一瞬身を引いてしまう。ここはさまざまな店がアリの巣のように張り巡らされた感じで広がる、中東最大のバザール「ハーン・ハリーリ」。薄暗い路地が多くて、あちこちの角に屈強そうな男性がなんでだかいつもたむろしているので、最初はちょっと勇気がいるものの、気を静めてズンズンと中に進んでみる。ハーン・ハリーリへの入口門

そもそも"ハーン"とは宿泊場所のことで、14世紀末にジャルカス・アル・ハリーリが交易商隊のための施設整備を行ったことからこの名が付いたらしい。そこに商隊めあての商売人が集まり、やがて巨大な市場ができ上がっていったようだ。ハーン・ハリーリの雑踏中は金銀細工、香水瓶、パピルス絵やら絨毯、食料品から電化製品まで、さまざまなものを扱う店が続く。特に色とりどりの香辛料を並べた店(写真下)が目を引く。でも大きな店舗はほとんどなくて、軒幅が3m程度のブースが主流。今では、めあてがほとんど観光客相手に変わってしまったこともあって、いわゆる「お土産物」を売るところがホセイン広場沿いには数多い。エジプト旅行の人はたいていここに寄るからか、英語だけでなく、かたことの日本語が通じる店があるのには驚きだ。バザールの香辛料店ハーン・ハリーリの雑踏2賑やかな客引きの声は聞こえるし、いろいろと口数多く言い寄ってくる売り子もいるけれど、インドなんかとは違って、1度断れば、しつこく食い下がってくることはないので、ウインドーショッピングも比較的スムーズだ。ボールペン売り、香水の瓶売り、Tシャツ売りはあちこちにいるが、買うなら値切るべきだ。ハーン・ハリーリのカフェバザールの片隅のカフェには水パイプが置かれている。時間を気にせずゆっくりとくゆらす彼らに、周りの喧騒とのギャップを感じてしまう。空いた席におもむろに座ってチャイを頼めば、脳天にしみるほど甘いやつを出してくれる。エジプト人の生き方の疑似体験を満喫できる瞬間かもしれない。

この記事へのメッセージ:0

メッセージ送信フォーム

Trackbacks:0

この場所へのトラックバック用アドレスです
/229

Home > カイロ > ハ-ン・ハリーリのバザール

Feeds
地球放浪記検索
旅行タグ

この画面の一番上へ↑