Home > エジプト> サッカラ

サッカラ各地の情報

メンフィス遺跡公園

メンフィス(アラビア語でメンフ)は紀元前3100年の第1王朝時代から都として栄え、ルクソールに都が移っても、政治や交通の要として繁栄し続けたといわれる文明の中心地的な場所で、元来サッカラはもちろん、ギザやダハシュールを含む広範囲の地域を指す地名だ。けれどもナイル川の氾濫の度に泥をかぶり、エジプト文明の衰退と同時に徐々に土の下へ埋没したため、あちらこちらに多くあったはずの文化的遺跡は今となっては完全に地中深く埋もれ、さらにアスワンダムの完成によるナイル川の水位の変化などから、どこも発掘不能の状態となってしまったようだ。ほとんど田畑や人家が点在するだけで、そんな背景を知らなければ都だったことを想像することすら難しい風景が、このあたりのナイル川沿いに続く。その中で現在一般的に「メンフィスの遺跡」と呼ばれる場所はミト・ラヒーナ村付近。やなりひなびた村で、その一角にナツメヤシに囲まれた歴史遺跡展示広場と小さな博物館がある程度だ。エジプト メンフィスの遺跡公園近くの風景

Home > エジプト> サッカラ

Feeds
地球放浪記検索
このサイトについて

「地球放浪記」は、管理人のえぞりすが小動物的“根性”を発揮して見てきた、世界各地の街とか遺跡とか大自然の風景に関する事柄を、かなり気まぐれにご紹介している旅行記です。「〜を放浪する」をクリックするとその場所の写真や情報などをさらに詳しく見ることができます。お時間があればプラッと覗いてみてください。メッセージや追加情報もお待ちしてます。

この画面の一番上へ↑