Home > イングランド その他 > じもてぃーとの遭遇

旅の指さし会話帳 check1 海外格安航空券予約サイト【skyticket.jp】 check2

じもてぃーとの遭遇放浪記

実はイギリスにはりすが多い。えぞりすとしては、当然異国のリスにはとっても興味があるのだわ。これだけで「りす」4回

下右の写真はロンドンのバッキンガム宮殿近くに住いするおねだりりす一族。そぞろ歩く観光客の前にトトトとやって来て突然立ち上がり、その足にすがってお菓子のおねだりをする。かわいさ卒倒ものなので、その健気さにほだされてついビスケットとかを差し出すと、口にくわえて引ったくり、一目散に逃げる。礼は決して言わない。イギリスのりすグレートブリテンのちょうど真ん中辺りにローマ時代からある街、チェスター。ここは「ザ・ロウズ」なんて商店街が有名だけど、中心にある大聖堂横のお墓は、りすがいっぱい。りす族が好奇心旺盛なのは万国共通。歩いてると上左写真のに愛想もする。でもある程度以上近づくと、ぴゅっと逃げるんだな。カーディフの公園にもストラトフォード・アポン・エイヴォンにも、やっぱりいる。りすと触れ合うのにイギリスは良いところかも。。。

イングランド その他の見どころ

この記事へのメッセージ:1

えぞりす 2009年8月 5日 17:06

ビスケットを加えて走り去るロンドンのりすを見た時は、りすのしたたかな知恵を感じましたなあ。そういや、奈良の鹿は観光客にせんべいをねだる時はペッコっとお辞儀するんですよね。だれが最初に仕込んだのか知りませんが、日本の文化を感じますな。

メッセージ送信フォーム

Home > イングランド その他 > じもてぃーとの遭遇

Feeds
地球放浪記検索
旅行タグ

この画面の一番上へ↑