Home > ハメーンリンナ > ハメ城

旅の指さし会話帳 check1 海外格安航空券予約サイト【skyticket.jp】 check2

ハメ城放浪記

ヴァナヤヴェシ湖から見たハメ城の外観ハメーンリンナの名前のとおり、このハメ城は街のシンボルだ。1260年頃、十字軍遠征でこの地方に兵を進めたスウェーデン王が要塞を造ったのを基に、その後、増築を重ねて今の姿になったらしい。街の中心から北へヴァナヤヴェシ湖沿いに歩くこと10分。正面に見えてくるレンガ造りで四角っぽい外見は、大きいながらもはっきり言って地味。でも、世界中のどこにもないタイプのデザインで、風景にとてもマッチして美しい。遠くからは分からなかったのだけど、城門を入って見上げる城の壁にはレンガだけでなく、かなり大きな石がそのまま斑に組み込まれている。これは幾度にも及ぶ改築や剥脱をその都度の条件で補修した結果ということらしい。見回すと、そんな歴史の証人のような大きな石とレンガが、城内のあちこちに積み上げられている。

ハメ城の内部壁面内部見学に訪れる人がまれだからか、城内部への入口は普段閉じられていて、中を見たいときは民族衣装を着た係員に「わざわざ遠くから来たんだから」とおねだりすると開けてくれるようだ(半分うそ)。最近だと入場料は700円ぐらい。城の中も重厚質素なレンガ積み。入口から直進してすぐ右側には、巨大で真っ暗な厨房跡が残る。暗闇に目を慣らしながら、ちょっと時間をかけて見学したいところ。さらに奥へ進むと城の中心の吹き抜け部分で、見上げるとレンガの扉や装飾が回廊に面して残っている(写真下)。ハメ城の内部回廊だが回廊自体は崩れてしまったらしく、最近取り付けられたらしい鉄製の足場が代役をこなす。上階へ上がると、崩れた状態から地道に修復したであろうレンガがむき出しの部屋や、そのレンガ壁から推測して、漆喰で完全修復した居室(写真下)など、いくつかのセクションを見ることができる。全体がこういう風に復元されたらイメージもずいぶん変わるだろうと思えるぐらい違う......レンガがむき出しの部屋修復された部屋このほかにも、現代風にアレンジされた区画があり、レンタルルームとして提供されている。かつての広間は中世風レストランだ。予約すれば城でパーティーや会議も可能ってことか......・ いたれりつくせり?なことに、1970年代半ばまで現役だった刑務所を使った刑務所博物館・大砲博物館・歴史博物館(写真下)が併設されている。どれも展示物はなかなか見ごたえあるものだ。ハメ城内の歴史博物館

この記事へのメッセージ:0

メッセージ送信フォーム

Trackbacks:0

この場所へのトラックバック用アドレスです
/182

Home > ハメーンリンナ > ハメ城

Feeds
地球放浪記検索
旅行タグ

この画面の一番上へ↑