Home > ヘルシンキ > テンペリアウキオ教会

旅の指さし会話帳 check1 海外格安航空券予約サイト【skyticket.jp】 check2

テンペリアウキオ教会放浪記

テンペリアウキオ教会の円屋根コンテストで選出されたスオマライネン兄弟の設計に基づき1969年に建築された福音ルーテル派の教会。岩の教会という別名もある。住宅地の中に突然と存在する、銅製の巨大な丸屋根を多数の梁とガラス窓で支えた独特の形は、岩山にUFOが着陸したように見える斬新さだ。

テンペリアウキオ教会の入口教会は、丘の起伏を利用して岩盤をくりぬいた上に造られた。側面に使われたガラスは180枚。トンネルのような入口から内部に入ってみると、かなり広い空間には自然光がほどよく射し込み、むき出しのまま残された岩には氷河期に削られた際の模様が浮き出しており、前衛彫刻のように見えてくる。水がちょろちょろ流れるところも。テンペリアウキオ教会の祭壇正面の祭壇はいたってシンプルなので、教会と気付かない異国の人もいるのではと思ってしまう。白樺製のベンチも優しい感じだ。つくづくフィンランド人のセンスの良さを感じる場所。音響特性もよくて、昼間はピアノやギターをはじめとした楽器演奏がよく行われる。鐘楼はなくて、鐘の音の録音を放送するというところも面白い。テンペリアウキオ教会内部

この記事へのメッセージ:0

メッセージ送信フォーム

Trackbacks:0

この場所へのトラックバック用アドレスです
/209

Home > ヘルシンキ > テンペリアウキオ教会

Feeds
地球放浪記検索
旅行タグ

この画面の一番上へ↑