Home > インド共和国> アウランガーバード

アウランガーバード各地の情報

エローラの石窟寺院群

 デカン高原の北部、サトプラ山脈にあるエローラは、7世紀から9世紀にかけてラーシュトラクータ王朝の首都だった所。広範囲に広がる石窟群は、そのころに造られたものだとされていて、数は全部で34ある。南から順番に番号が振られているけれど、必ずしも建立年代順とは一致しない。アジャンタと同じように、それぞれの石窟は1枚岩をノミで削るようにして造られている。つまり構造自体と彫刻や仏像が上から下まで全部が繋がっているわけで、その緻密で気の遠くなるような作業には、想像を絶する苦労があったろうと思う。エローラの石窟寺院群10号窟

Home > インド共和国> アウランガーバード

Feeds
地球放浪記検索
このサイトについて

「地球放浪記」は、管理人のえぞりすが小動物的“根性”を発揮して見てきた、世界各地の街とか遺跡とか大自然の風景に関する事柄を、かなり気まぐれにご紹介している旅行記です。「〜を放浪する」をクリックするとその場所の写真や情報などをさらに詳しく見ることができます。お時間があればプラッと覗いてみてください。メッセージや追加情報もお待ちしてます。

この画面の一番上へ↑