Home > デリー > フマユーン廟

旅の指さし会話帳 check1 海外格安航空券予約サイト【skyticket.jp】 check2

フマユーン廟放浪記

フマユーン廟正面外観 1993年に世界遺産登録されたこのフマユーン廟は、名前の通りムガル王朝第2代皇帝フマユーンのもの。彼の妃が1564年に着工させ、1573年に完成したそうだ。

 赤砂岩に白い大理石を埋め込んだ装飾が美しくて、中央アジアのイスラム建築様式を起源に持つと考えられている、左右対称で高さ38mのドームを持つデザイン。これだけのものだからタージ・マハール等の後世の建築に大きな影響を与えたことは間違いないだろう。廟自体が乗った基壇部分は一辺が90m、高さは6.7mあって、内部は透かし彫りやら象眼細工などなどがたくさん。ちょっと地味さを感じるけど、一見の価値ありのすばらしいものだよ。フマユーン廟内部装飾等フマユーン廟内部棺のある間 八角形をした廟の内部に入って見る。その中心にぽつんと置いてあるのが大理石のお棺(写真上右)。飾り気が無いのは、見せかけのダミーだから。実際の棺はこの地下に安置されており、四隅の部屋には王子をはじめとして一族の棺も置かれているそうだ。水路によって田の字形に仕切られた庭園は、ペルシャに起源を発するチャハルバーグと呼ばれる形態。噴水が各所に配置されたところなど、暑いインドをいかに涼しく過ごすかの工夫もいっぱいだなあと思う。フマユーン廟に隣接する建築物 庭園の外れには謎の建築物がいくつかあったけど、そこいらを探検してみるのも面白いかも。ただし怒られても責任は持ちません。

この記事へのメッセージ:0

メッセージ送信フォーム

Trackbacks:0

この場所へのトラックバック用アドレスです
/156

Home > デリー > フマユーン廟

Feeds
地球放浪記検索
旅行タグ

この画面の一番上へ↑