Home > ジャイプール > 風の宮殿

旅の指さし会話帳 check1 海外格安航空券予約サイト【skyticket.jp】 check2

風の宮殿放浪記

ジャイプールで一番有名な建物と訊ねられれば、この風の宮殿と答えるだろう。王宮近く、旧市街のメインストリートにドンとあるし、周りではいつもインド人以外の人をたくさん見かけるのですぐ分かる。1799年に当時のマハラジャ、サワイ・プラタープ・シンがハレムの女性のために造らせたのだが、近付くと異様に薄っぺらい建物なのにビックリする。細かな造りの外観は一目見ると忘れ難い、個性的なラージプト様式だ。ジャイプール 風の宮殿正面

色は街の他の建物と同じピンク色。東向きなので、早朝の日の出後すぐぐらいの時間に来ると、朝日を受けてこのピンク色がひときわ美しく見える。さらに昼間に比べて観光客も車もまばらなので、写真撮り放題というメリットがある。ジャイプール 風の宮殿正面アップ正面で記念写真を撮る人は多いが、なぜか宮殿の上まで行く人は少数。話によると危険なので他所の人はお断りなのだとか。この時はたまたま現地ガイドさんの尽力なのか、中に入ることが出来た。風の宮殿入口入口は裏通り側にあって(写真上)、幅も高さも狭い折り返しのスロープをずんずん上ってテラスに出る。5層建てなので最上階まで一気に上がると体力が結構いった。テラスの幅はかなり狭いが、気温が40度の日でも、ここでは不思議に涼しい風が吹いているのに驚く。各所にある透かし彫りが、ちょうどエアダクトの役目を果たすのだろう。まさに名前にふさわしい(写真下)。風の宮殿の屋上テラス風の宮殿の上から通りを見下ろすかつて宮廷のハレムに属した女性たちがここに集い、この涼しい風を受けながら下のバザール通りを見下ろして(写真上)いたとか。王宮の女性は人前に出ることが許されないしきたりだったので、元来透かし彫りはそういった女性たちが姿を隠すための工夫だった。ジャイプール 風の宮殿とストリート今では地元の若者が、友達やら恋人と語らう絶好の場所として使うようだ。

この記事へのメッセージ:0

メッセージ送信フォーム

Trackbacks:0

この場所へのトラックバック用アドレスです
/206

Home > ジャイプール > 風の宮殿

Feeds
地球放浪記検索
旅行タグ

この画面の一番上へ↑