Home > ムンバイ > プリンス・オブ・ウェールズ博物館

旅の指さし会話帳 check1 海外格安航空券予約サイト【skyticket.jp】 check2

プリンス・オブ・ウェールズ博物館放浪記

 ここはムンバイでもっとも有名な博物館とかいうことなので、とりあえず行ってみることにした。1905年に時の英国皇太子(ジョージ5世)がインドを訪問することになり、その記念で建設されたらしいけど、出来上がったのは1923年というから、またえらい大変な記念事業だ。ジャングルのような敷地内に入ると、贅を尽くして立派なインド・サラセン様式の建築物がどでんと現れる。プリンス・オブ・ウェールズ博物館外景

 建物の入口では空港並のものものしいチェック体制が引かれており、ペットボトルは駄目だしカバンの中も覗かれる。おまけにインド人と外国人は入館料が全く違う。汚いお札でチケットを買おうとするとペッと突っ返されてしまった。いやはや何かと気位の高い博物館だ。プリンス・オブ・ウェールズ博物館中央ホールカメラはインドの他の観光地と同じく持込み料がかかる。かつフラッシュ厳禁なので、フィルムカメラだと暗いところのものは、ほぼ間違いなく手ブレする。美術部門、考古学部門、自然史部門に分かれる館内には、かなりたくさんの展示物があって、多くはガラスケースに収められた状態だ。他のインドの観光地と比べるとかなり行儀が良い雰囲気ではある。展示量が多くて何が何やらなので、日本語もあるオーディオガイドを借りるのが良いと思う。プリンス・オブ・ウェールズ博物館仏像プリンス・オブ・ウェールズ博物館展示物 のぞいてみての印象としてはデリーの国立博物館の方が展示物のインパクトは強いかと。もちろん素晴らしい収蔵物も多い。特にイスラムの細密画は数もそのすばらしさも折り紙付きなんだけど、えぞりすのフィルムカメラでは暗くて映せなかった。エレファンタ島で発掘された石像やチベットの曼荼羅、そしてなぜか日本から渡ってきたなんだかなあなものまであって、半日はすぐに潰れてしまう。時間があったらゆっくり見物してみてね。プリンス・オブ・ウェールズ博物館の回廊付近

この記事へのメッセージ:0

メッセージ送信フォーム

Trackbacks:0

この場所へのトラックバック用アドレスです
/169

Home > ムンバイ > プリンス・オブ・ウェールズ博物館

Feeds
地球放浪記検索
旅行タグ

この画面の一番上へ↑