Home > イタリア> ミラノ

ミラノ各地の情報

サンタンブロージョ教会

ミラノへ行ったらぜひ訪ねてほしいのが、このサンタンブロージョ(正式には聖アンブロージョ)教会。外見は地味な色合いでこじんまり印象からか、つい通り過ぎてしまいそうだけれども、ミラノの守護聖人アンブロージョが西暦386年に建立したといわれる、ミラノ最古のそれはそれは由緒ある教会だ。サンタンブロージョ教会の外観

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世ガレリアとスカラ座

この"ヴィットリオ・エマヌエーレ2世ガレリア"は、ミラノ名物の1つ。「なんや、ただのアーケードやんか」などと迂闊に口走ってはダメ。誰が何と言っても、建築家ジョゼッペ・メンゴニが12年の歳月をかけて1878年に完成させた、歴史的価値の高い建築物なのだ。ガレリア内部を北口側から見たところ

ミラノ大聖堂とドゥオモ広場

街の中心にあるこの大聖堂(ドゥオモ)。ミラノの歴史が凝縮した、まさにシンボルといえるゴシック様式の建築物だ。最初目にした印象... 正面から見ても後から見ても、「とにかくこりゃデカい」だ。写真にはこじんまりと収まるけれど、場所によってはかなり広角めのレンズでもファインダーからはみ出してしまう。そして眺めれば眺めるほど複雑な装飾。正面から見るミラノ大聖堂とドゥオモ広場

サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会

ドゥオモ広場の南西角から真っすぐ延びる「トリノ通」を500m程歩いたところにある二股道の左が「ポルタ・ティチネーゼ通」。それをさらに150m南下すると左手に見えてくるのがサン・ロレンツォ・マッジョーレ教会だ。目印は道から広場を遮るように建つ16本の石列柱(下)。サン・ロレンツォ・マッジョーレ教会の列柱

スフォルツェスコ城

スフォルツェスコ城のフィラレーテ門前広場ミラノ北駅の北東側には広大なセンピオーネ公園が広がる。その一番ミラノ中心部寄りの入口が、このスフォルツェスコ(スフォルツァ)城のフィラレーテ門だ。15世紀中頃にフランチェスコ・スフォルツァ公爵が、民衆により破壊された14世紀ミラノの実力者ヴィスコンティ家の居城を改築して、城塞としたためにそう呼ばれる。

ミラノ中央駅

地元民にチェントラーレと呼ばれるミラノ中央駅。名前とは違って街の中央から外れたところにあるので、ここから本当の中心部であるドゥオモ近辺まで歩くのは、普通ではちょっと難しい。ヨーロッパ最大級のこの駅は、ファシズム吹き荒れた頃にムッソリーニ政策の一環として建てられた。あの時代の立派な建築物はイタリア各地にかなりの数が残るのだが、デザイン的に威圧感バリバリ系が多く、えぞりす的にはう〜んだ。ミラノ中央駅の建物

Home > イタリア> ミラノ

Feeds
地球放浪記検索
このサイトについて

「地球放浪記」は、管理人のえぞりすが小動物的“根性”を発揮して見てきた、世界各地の街とか遺跡とか大自然の風景に関する事柄を、かなり気まぐれにご紹介している旅行記です。「〜を放浪する」をクリックするとその場所の写真や情報などをさらに詳しく見ることができます。お時間があればプラッと覗いてみてください。メッセージや追加情報もお待ちしてます。

この画面の一番上へ↑