Home > ミラノ > ミラノ大聖堂とドゥオモ広場

旅の指さし会話帳 check1 海外格安航空券予約サイト【skyticket.jp】 check2

ミラノ大聖堂とドゥオモ広場放浪記

街の中心にあるこの大聖堂(ドゥオモ)。ミラノの歴史が凝縮した、まさにシンボルといえるゴシック様式の建築物だ。最初目にした印象... 正面から見ても後から見ても、「とにかくこりゃデカい」だ。写真にはこじんまりと収まるけれど、場所によってはかなり広角めのレンズでもファインダーからはみ出してしまう。そして眺めれば眺めるほど複雑な装飾。正面から見るミラノ大聖堂とドゥオモ広場

尖塔が135本ハリネズミみたいに立ち、いちばん高いところにある金色のマリア像「マドンニーナ(下)」まで108.5メートル。1386年にミラノを統治していたジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの命により建設が開始され、500年後の1887年にようやく完成したという、なんとも全てにおいてスケールの大きな教会だ。ミラノ大聖堂のマドンニーナ中に入るとなんとも荘厳な雰囲気に包まれる。両側にはステンドグラスからほのかに射し込む光に映し出されて巨大な柱が林立。それがアーチ状の天井を支え、ちょうど薄暗い森の中で巨木に囲まれるよう。それもそのはずで、ゴシックとはもともと「ゴートイック(ゴート風)」という意味。アルプスの北にいたゲルマン系のゴート族は森の民と呼ばれ、立ち上がる木々と大きく張った枝葉に守られながら、あるいは森を神と会話する聖なる場所と捉えて暮らしていた。その記憶から来るイメージでデザインされた建物だから"ゴシック"と呼ぶのだとか。ミラノ大聖堂の内陣目が慣れてくると、建物のいたる所にある絵画や装飾品には驚くばかり。聖人が祀られた祭壇は中央正面(写真上)だけでなく左右各所にある。ドゥオモ広場の全景大聖堂前に広がるドゥオモ広場(上)は、市民、観光客、風船を売るおじさん、そして悪名高い鳩おじさんでいつもごった返す。中央にはヴィットリオ・エマヌエーレ2世騎馬像(下)、周りにはヴィットリオ・エマヌエーレ2世ガッレリア、今は美術館となった王宮、多くの店舗があって、ついついウロウロしてしまう。少々道を外れてもマドンニーナが目印になるので、えぞりす以外はまず迷うこともないと思う。ミラノ・ドゥオモ広場のヴィットリオ・エマヌエーレ2世騎馬像横から見るミラノ大聖堂の上部尖塔群もちろん、ドゥオモも外周をぐるりと一回りして見てみてほしい。透かし細工のような多数の彫刻がそれはそれは素晴らしい。もし裏手の分かりにくいところにある屋上への階段とエレベーター(有料)を見つけたら、根性を出して登ってみよう。間近に見えるマドンニーナとミラノの街の風景は素晴らしいの一言につきる。

この記事へのメッセージ:0

メッセージ送信フォーム

Trackbacks:0

この場所へのトラックバック用アドレスです
/192

Home > ミラノ > ミラノ大聖堂とドゥオモ広場

Feeds
地球放浪記検索
旅行タグ

この画面の一番上へ↑