Home > ミラノ > サンタンブロージョ教会

旅の指さし会話帳 check1 海外格安航空券予約サイト【skyticket.jp】 check2

サンタンブロージョ教会放浪記

ミラノへ行ったらぜひ訪ねてほしいのが、このサンタンブロージョ(正式には聖アンブロージョ)教会。外見は地味な色合いでこじんまり印象からか、つい通り過ぎてしまいそうだけれども、ミラノの守護聖人アンブロージョが西暦386年に建立したといわれる、ミラノ最古のそれはそれは由緒ある教会だ。サンタンブロージョ教会の外観

入口から前庭の両側を回って聖堂に続く回廊には、色んな人のお墓が埋め込まれている。サンタンブロージョ教会の回廊現在の建物は10世紀前後に再建されたらしく、ビザンチン様式の内部中央には黄金細工の施された、この世のものとは思えぬほど美しい祭壇、そして建物の天井や壁面にはたくさんのモザイク画や壁画を見ることが出来る。小さな祭壇も数多く、一つ一つの中心には素晴らしい彫刻や絵画がそれぞれ据えてあった(写真下)。サンタンブロージョ教会にあった祭壇サンタンブロージョ教会の礼拝堂中央祭壇に向かって左手の奥に入ると、ブラマンテ設計の柱廊を歩き、歴史的に価値の高い遺物がたくさんある「聖堂博物館」に行くことが出来る。祭壇の裏から地下に下りる階段を見つけたので、そっと降りてみると... 埋め込まれたガラスの向こうにきらびやかな衣装をまとって横たわるミイラが... この人こそ、聖アンブロージョだとあるが、罰当たりなえぞりすはあまりの唐突さに「中尊寺の方が品があるで」と毒づいて逃げ出した。これでキリスト教徒全てを敵に回したかもしれない。

この記事へのメッセージ:0

メッセージ送信フォーム

Trackbacks:0

この場所へのトラックバック用アドレスです
/184

Home > ミラノ > サンタンブロージョ教会

Feeds
地球放浪記検索
旅行タグ

この画面の一番上へ↑