Home > ローマ > フォロ・ロマーノ

旅の指さし会話帳 check1 海外格安航空券予約サイト【skyticket.jp】 check2

フォロ・ロマーノ放浪記

 いまさら言うまでもなく、フォロ・ロマーノはかつてローマの中心だった場所。ローマ建国以前からの中心部だったカピトリーノの丘が手狭になり、拡張のために下の谷の沼地が排水工事の後、整地された。紀元前500年頃にはすでに施設が建ち並んでたらしい。「フォロ」とはフォーラム(広場)のことで、市民中心の共和制時代、各々の取引や話し合いの場として置かれて、たいへん賑わった。フォロロマーノの風景フォロロマーノの崩れた遺跡 帝国に変わってからは、そこに皇帝の権力を誇示するためにマクセンティウスのバジリカのような巨大建造物が林立し、だんだんと手狭になったこともあるが、維持管理だけでも莫大な資金がかかるこれらの建築物は、帝国の崩壊とともに次々破壊され、資材として使えそうならどんどんはぎ取られ、持ち去られた。19世紀初頭に発掘調査が始まる頃、遺跡の間が羊を放牧できるような野原に変わっていたというから驚きだ。

fororomano03.jpg コロッセオ側、グレゴリオ通りから細い道を上がると先ず見えてくるのが「ティトゥスの凱旋門(写真上)」。紀元70年にあったエルサレムでの戦いに勝利したティトゥス帝を讃えるために造られたローマ最古の凱旋門だ。内側には当時のエピソードを示すレリーフ(写真下)がきれいに残る。ティトゥスの凱旋門のレリーフとフォロ・ロマーノ 右手には考古学博物館、左手には貴族や皇帝が好んで住んだ景色の良いパラティーノの丘への坂道(有料)があるけど、先ず凱旋門越しにフォロ・ロマーノの全景をじっくり見るのがお勧め。アントニヌスとファウスティナの神殿 ティトゥスの凱旋門から下ったあと続く「聖なる道」をまっすぐ歩くと両側に数々の遺跡が並んでいる。アントニヌス帝が2世紀半ばに建て、その後妻とともに祀られた「アントニヌスとファウスティナの神殿(写真上)」は入口の列柱と階段が残り、その後ろに一体化してるのは11世紀に付け足されたサン・ロレンツォ・イン・ミランダ教会。未完成で放置され、やはり後世教会が合体した「ロムルスの神殿(写真下)」は、マクセンティウス帝が死んだ息子ロムルスに捧げたと伝わる神殿。ロムルスの神殿ヴィスタ神殿 ローマの繁栄を支えると考えられていた聖なる灯火が祀られたのが、現在も周囲が一部だけ残る「ヴィスタ神殿(写真上)」だ。ヴィスタとはかまどと火の女神の名前で、仕える4人の巫女は10歳頃から厳格な掟に従ってこの灯火を守る代わりに大きな権力を持つことが許されたらしい。サトゥルノ神殿 8本の柱と基底部が残る「サトゥルノ神殿(写真上)」は神聖域カピトリーノへの坂道沿いに建つ奴隷の神を祀った神殿だった。入口にはかつて長い階段があり、ローマの富が蓄えられた場所。年に一度主が奴隷に奉仕するという祭りが行われたという記録も残る。その下奥には「ジュリア(ユリウス)のバジリカ(写真下)」があった。シーザー(カエサル)が建築を開始して、その後に裁判所が4つ中に入っていたほど大規模だったようだが、今はかわいい基礎石がずらっと並んでいるだけ。ジュリア(ユリウス)のバジリカその隣の一段高いところに立って敷地の外からもよく目立つ白い3本柱は、ローマに勝利をもたらしたといわれる双子の神、カストルとポルックスに捧げられた神殿跡(写真下左)。カストルとポルックス神殿とクーリア フォロ・ロマーノの一番奥まった所には、「クーリア(写真上右)」と呼ばれる建物がある。茶色い煉瓦で四角いシンプルな造りだけによく目立つが、かつてこの中には広場や演壇があって、元老院による数多くの決定がなされた場所。今で言うなら国会議事堂、つまり政治の中心だったわけ。あのシーザー(カエサル)が暗殺されたのもこの前あたりだったらしい。妙に綺麗なのは基底部と史料を元に20世紀に再建されたものだからだ。エミリア一族のバジリカ跡 その隣には「エミリア一族のバジリカ跡(写真上)」がある。バジリカとは、いわば公民館に近い施設で、色々なグループが集会やら商取引に使っていた。バジリカとしてはここが一番最後まで残っていたようだが、410年に進入してきた異民族に破壊された。行き止まり近くに見えてくる門は、パルティアとの戦いに勝利したセヴェルス帝を讃えて203年に建てられた「セヴェルスの凱旋門(写真下)」。セヴェルスの凱旋門 聖なる道はこの門に至り、さらにカピトリーノの丘に続いていた。今も門の横にある階段を上がれば、カピトリーノの丘の跡地である市庁舎前へ抜けることができる。階段を上がりきったところで振り返って、在りし日のローマの都を想像してみるのも良いかもしれない。とはいっても、ローマが繁栄したのは約800年間。その間にこの場所で多くの建築物ができては消えを繰り返したわけだから、ある一定の時期の正確な姿を掴むことはかなり難しいだろう。感動を整理したくても、あまりの情報量に考えるほど混乱しそうで、「2000年前にこれほど進んだ文明があったのかぁ」というとこ止まりなえぞりすでした。

この記事へのメッセージ:1

Homepage 2012年7月31日 19:22

Hi there. Quite cool internet site!! Guy .. Beautiful .. Amazing .. I will bookmark your internet site and take the feeds additionally…I am glad to locate so considerably beneficial information appropriate here inside the post. Thanks for sharing… 250748

メッセージ送信フォーム

Trackbacks:0

この場所へのトラックバック用アドレスです
/173

Home > ローマ > フォロ・ロマーノ

Feeds
地球放浪記検索
旅行タグ

この画面の一番上へ↑