Home > ローマ > サンタ・マリア・イン・コスメディン教会

旅の指さし会話帳 check1 海外格安航空券予約サイト【skyticket.jp】 check2

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会放浪記

サンタ・マリア・コスメディン教会の外観教会の名前やその外観では全然ピンとこなくても、嘘つきは手をかじられるって噂の「真実の口」があるといえば分かる人も多いかと思う。

このあたりはローマ時代、幹線道やテヴェレ川の水運を利用した市場として栄えた場所。その中心だったボッカ・デラ広場(真実の口広場)には、ローマでは最も古いヘラクレスに捧げられた円形神殿(写真下・一般的にはヴィスタ神殿と言われる)なんかが残っている。教会前の真実の口広場にあるヴィスタ神殿そのためか、このサンタ・マリア・イン・コスメディン教会も、6世紀にはすでに原型が同じ場所にあったらしい。コスメディンとは、化粧を指すあのコスメと同じくギリシャ語源で"装飾"の意。今は鐘楼が特徴的なだけで、外も中(写真下)も質素な教会だけど、かつてはずいぶん飾りつけがあったらしく、僅かながらそれをうかがわせる壁画の断片を見ることができる。サンタ・マリア・コスメディン教会の内陣世界中から観光客が手を突っ込みにやってくる「真実の口」は、入口柱廊部の左奥に飾られており、この日も長蛇の列(写真下)が。皆さん美しいデザインの教会内部には目もくれず、手を突っ込んで写真を撮ればそのままサヨウナラ。おかげさまで、お口の周りはツルツルだ。1632年に外壁からほじくり出されたこの円形の石盤。かつては海神トリトンか川の神を彫り込んだ井戸又は下水道の蓋だったものを、教会建築時に石材として使ったのではといわれてはいるものの、ほんとうの由来を知る人はいない。それを説教で戒めの道具として利用したために、今の伝説が生まれたのだろうけど。とはいえ、もし映画「ローマの休日」に登場しなければ、ひょっとしてお口周りはこれほどピカピカにならなかったかも。真実の口と写真を撮るために並ぶ人正面から見た真実の口
えぞりすの結論=女性は過度の厚化粧して手を突っ込むと危険(謎)。

この記事へのメッセージ:0

メッセージ送信フォーム

Trackbacks:0

この場所へのトラックバック用アドレスです
/139

Home > ローマ > サンタ・マリア・イン・コスメディン教会

Feeds
地球放浪記検索
旅行タグ

この画面の一番上へ↑